2006年10月01日

ギャンブラーの脳

極度なストレスから逃れるためにギャンブルをする。日本で最近よく耳にする「パチンコ依存症」
心の病気の一つとして、治療を受けている人が、日本全国で100万人いるといわれています。

やめたくてもやめられない。やめられずに死にたくなる。
依存症でない人間からしてみれば、「どうして?」としか思えないんですが、アルコール依存症の人が、欲求をコントロールできないように、ギャンブル依存症者は、ギャンブル行為への衝動や誘惑に抵抗することができないそうです。

そんなギャンブル依存症者の「脳」
(自動的にギャンブルを求めてしまう病気なんですが、)止められない理由は、ギャンブルをしている時の脳の状態にあった。
彼らにとって、ギャンブルの勝ち負けは意外にも関係がない。極度なストレスが原因なため、それから逃げたい気持ちが強いのか、脳は「無」になりたがる。その脳を調べてみると、すっかり休んでいる状態。
つまり、脳が癒されている状態になっているので、止められるはずがない。。


アメリカでは、「病的賭博 (Pathological Gambling)」または「強迫的ギャンブル(Compulsive Gambling)」といいます。長期に続くと、経済的危機に陥り、対人関係も悪化する。
破産、失業、自殺、犯罪等、トラブルに巻き込まれることから、「深いレベルのコミュニケーション」が必要とされるそうです。

家族の協力を得ることはもちろんですが、「自助グループへの参加」をすすめるそうです。同じ悩みや病気を持つ人々(グループ)と接し、自分のしたことを人前で話したり、文字として書き留めます。

「想いを文字にする」
口に出すより、考えがまとまったり、気持ちが落ち着くことは多い。
文字は、心の病の助けになると、一ブロガー(想いを文字にしている人間)として、そう思いました。。。


ところで、あなたは大丈夫ですか?(^^;
ギャンブル依存症診断法
posted by mika at 00:28| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

Yom Kippur

ユダヤ教の重要な休日の一つ。
ユダヤ教徒たちは、飲食、入浴、化粧などの一切の「労働」をしないそうです。
断食はともかく、お風呂も入らないんですね(*゚‐゚)ぼぉー・・
一日中動かずにじーっとしてるんですかね(・・?

断食をして、新年を清らかで静かな気持ちで迎える。

アタシも断食でもして、厳か(?)な気持ちで秋を迎えてみようかしら(´ ▽`).。o○

食欲の秋♪
油断は禁物(*゚‐゚)ぼぉー・・
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

スピード違反

在米15年。初めて捕まってみました(*゚‐゚)ぼぉー・・

35マイルの道路を、50マイルちょっとで走る私の視界に飛び込んできた、物陰に潜む(?)白い物体w
え?もしや??・・・と思った時にはもう遅いヽ( ´ー`)ノ
悔しい。。。。

その白い物体・・・「白バイ」だったんですが、アメリカという国は、国が大きいせいか、取締りもハンパない!
セスナ機で、空からスピードをはかり、白バイに連絡をして捕まえることもあります。どこから見られてるか、ほんとわからない(−−;

まぁ、やってしまったことに腹を立ててもしょうがない。
噂には聞いていた面倒な手続きをしてみました(*゚‐゚)ぼぉー・・


日本でも、交通違反の罰則が厳しくなったとか?
交通違反の基礎知識
飲酒運転の罰金が高額になったことは記憶に新しいんですが、同乗者も罰金なのは辛いw
確認してから乗らないといけないってことですかね?

アメリカも当然厳しいんですが、飲酒運転で捕まった人の車は競売にかけられるなんて噂もチラホラ(*゚‐゚)ぼぉー・・(未確認)
ちなみに、高速道路の清掃は、飲酒運転で捕まった人たちの奉仕活動らしい(^^;


さてさて手続き。
何が面倒だって、裁判所に行かなくちゃいけないのが面倒。訴訟大国な お国柄、どんな小さな事故・違反でも、裁判所で手続きするのがお決まり。
おまけに違反をした場所(市)の裁判所へ行かなければならない。州外の場合も同じ。(州外じゃなくてよかった)

そして当然、事故の場合は裁判となりますが、スピード違反の場合は・・・・警察相手に裁判(・・?
勝ち目あるんだろか(*゚‐゚)ぼぉー・・
言いがかり裁判は日常茶飯事な国なんで、「そんなとこに隠れてるからスピード出しちゃったのよw 堂々と立ってればスピード出さなかったわ!」と、訴えることはできたかも(´ ▽`).。o○・・・と後で気がついた(しないケドw)


違反をした場合、罰金を払うのは、日本と同じ。
点数が減点(加点?)されるのも同じですが、あることをすると取り消してもらえる( ̄ー ̄)ニヤリッ

この続きは また明日・・・。
posted by mika at 00:10| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

トラフィックスクール

昨日「スピード違反」の続き。。。

点数を取り消してもらう素敵なこと♪
トラフィックスクール(´▽`).。o○

なぜこんなに点数、点数と気にしなきゃならないかというと、日本と違って、違反や事故をすると保険料が跳ね上がる*o_ _)oバタッ
すぐに取り消してもらわないと・・・、と焦りながら、トラフィックスクールに行かなきゃ行かなきゃと呪文にかけられるシステム(?)になってます(^^;


トラフィックスクールは、8時間の講習を受講し、最後に行われるテストにクリアすれば、違反点数が帳消しになる。ただし、18ヶ月に一回しか受講できない。
つまり、一度帳消しにしてもらったら、向こう18ヶ月の間に再度違反をしても、もう取り消しはできない。18ヶ月間は、大人しくしていないと・・・もう消してもらえないんです(滝汗

その学校、世の中便利になったというもんで、学校へ行かずとも受講することができる。ホームスタディといって、インターネットで資料をもらい、試験を受けるようになってました。面倒なんで、(当然w)私はこの「ホームスタディ」を選択。
費用は州によって異なりますが、カリフォルニア州はだいたい15ドルから25ドルくらい。移民者が多いせいか、言語サポートは充実してましたね。但し日本語は残念ながらありません(==;

最終試験は50問。ラッキーなことに、何度チャレンジしてもいいw
おまけに学校と違って「家」で試験してますからね( ̄ー ̄)ニヤリッ (謎)

テスト資料もらって、すぐにテスト受けるのも何か勉強してない感じするので、2日ほど空けてテストを(´ ▽`).。o○
問題の内容より、英語がわからず、つっかえることしばし(−−;
英語力がないとひっかかる問題多しです。

テストをメールで送って、結果が戻ってくるまでわずか数時間。
合格していれば、結果は、学校から直接警察に送ってもらえるので、後の心配は何もない。これで保険料が上がらずに済んだ。。。ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


その違反ですが、罰金を支払うだけで、違反の点数がつかない違反もある。
カープールレーン違反」
通常2名以上同乗していないと走行できない車線。ここを1名乗車で走行すると罰金。
しかし、この違反に関しては点数はつかない。
それを知らずに間違ってトラフィックスクールへ行って受講なんかしてしまったら・・・・。
18ヶ月に一回しか受講できない学校・・・その間に別の違反をしてしまっても、受講しちゃったが最後ヽ( ´ー`)ノ 取り消しはしてくれません。。。
(他にもあるかもだなぁ・・・調べておこう。)


罰金は、高いなぁと思うものの、大切な警察の(市の?)収入源ですからね。寄付したと思えば。。。。どうってこと・・・・なくはない*o_ _)oバタッ

悔しいから、大人しく運転します(苦笑)
posted by mika at 06:24| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

TVディナー

働くママの家庭、食費は低め
働くママの家庭は、専業主婦の家庭よりも1日の食費が安い──。
家庭における1日の食費(外食を除く)は、平均2620円。
子どもを持ち、フルタイムで仕事をしている“ワーキングマザー”の家庭に限ると平均2431円。
専業主婦の家庭では平均2807円で、ワーキングマザーの家庭の方が370円程度低い。


なんか意外な結果ヽ( ´ー`)ノ

忙しく働いた後の夕食作りは、面倒なこともある。出来合いのものに頼りがちになるのは、ワーキングマザーの方が多いと思った。
確かにそうなりがちになるから、色々考えることもあるんだろうなぁ。。。

野菜不足になるから、せめて夕食だけでも野菜たっぷり・・・とは思うけど、日本のお野菜高くありません???
野菜大好きなんで、帰国するとアメリカ風に買い込んで(大量購入)、すごい値段になったことあります(*゚‐゚)ぼぉー・・


アメリカの働くお母さん・お父さんの家庭。
スーパーで買い物している物に注目してみると、TVディナー(冷凍食品)の山!
電子レンジで温めるだけなんで、調理(?)時間はわずか数分ヽ( ´ー`)ノ

TVdinner.JPG

種類もかなり充実しており、スーパーの冷凍セクションの大半が、これで占められています。よく食べている友人いわく、なかなかイケるそうですけどね。

アメリカの典型的夕食(?)ということもあり、「これ」をメニューとしてサービスしているレストランもあるほど。お金出してまで、レストランで食べようとは思いませんが、アメリカ人にしてみれば、おふくろの味ってもんなんですかね?(^^;

最近は、健康を気にするアメリカ人も増えたせいか、低カロリーのTVディナーもあるんですが、冷凍食品に低カロリーもなにもあったもんじゃないかと思うけど。。。
それに独身者用なイメージがあったけど、子供がいる家庭でも結構利用している人が多いとか。

これだからアメリカ人は・・・・(以下自粛)
・・・って 言われちゃうんだよねぇ(´▽`).。o○


味覚は、手料理で育つもんかと(^^
posted by mika at 00:52| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

運動会

tamaire.gif

明日は体育の日。体育の日といえば、運動会。
最近は、夏休み明けすぐに、運動会がある学校もあるようで、この時期に限らないそうですね。
学校だけでなく、地区の運動会もある小さな町では、毎週のように運動会が(´▽`).。o○
ソレも大変だ(==

幼稚園や小学校の低学年の頃は、親子競技があったような。。。
今でもある学校もあるようですが、親に怪我されても困るということで、なくなりつつあるとかないとか(*゚‐゚)ぼぉー・・
きっとこの時期、身体がぼろぼろになってる親御さんたちが多いかもw


残念ながら、アメリカには運動会などなく、今ではちょっと羨ましくもある。
以前、娘が通っていた日本語学校で運動会を催したことがありましたが、人数も少ないし、年齢もばらばらなんで、競技になってるやらなってないやら。
まぁ一応運動会には、なったかな?・・・という、私たち運動会経験者である親達の満足度は高かったかと(^^;

でも、一番楽しいのは、やっぱりお弁当かもしれませんね♪
posted by mika at 12:42| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

Columbus Day

christopher_columbus_portrait.jpg

珍しく、日本と同じくアメリカも三連休♪

日本は「体育の日」
いつから10月10日ではなくなったのか知りませんが(苦笑)、1964年10月10日に東京オリンピックの開会式があったことから、それを記念して体育の日が祝日となったそうです。
これまた知りませんでした。。。。

お隣のカナダでは「感謝祭(Thanksgiving)」
そしてアメリカは、「コロンバスデー(Columbus Day)」
1492年10月12日にクリストファー=コロンブスがアメリカ大陸を発見したのを記念した祝日。
1968年に、ジョンソン大統領によって、10月の第2月曜日がナショナルホリデイとなりました。

とはいえ、実に曖昧な祝日で、休みの人もいればそうでない人も。。。
この祝日が終わるとハロウィーン。そして、夏時間が終わります。
夏時間もそろそろ終わってくれないと、朝起きた時暗いんだよねぇ(*゚‐゚)ぼぉー・・(ヤダッw)

だいぶ寒くなってきましたよね?
きっと日本は衣替えの季節(´▽`).。o○ (なにそれ・・・←LAにはない)
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

Mean Girls

1808529211p.jpg

もう何回も観てたんですけど、とうとう購入してしまいました(´▽`).。o○

映画は、よくある「学園もの」。
感動映画でもなければ、買うに値する映画でもないかもしれなけど、見方によっては、とってもいい映画です(^^

ティーンを持つ親にとって、ティーンの気持ちもわかってやりたいとは思う。しかし、親としては、「こっちの気持ちもわかってよ(涙)」ともなる。
自分の手元からどんどん離れれていく不安は、子供が初めての学校へ行く不安と同じ。

そして、ティーンにとって勉強より問題となるのが「友だち」
学校生活において、子供もこんな状況なのねと、親として少しは(?)理解もできる。


この映画「コメディですが」、軽いノリの単なる学園もの映画ではありません。
笑いながら親子で観た後、親と子が素直に色々なことを話せる気持ちにさせてくれる映画かと(´▽`).。o○

満足度:★★★★☆

あらすじ
posted by mika at 23:14| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

クーポン (割引券)

アメリカ人はクーポン好き♪

通称「クーポン新聞」
アメリカの日曜日版の新聞は、クーポンだけで、100種類以上あるかと(^^;
このクーポンを目的に日曜版のみ購読する人もいるくらい。一つ一つを切り分け、カテゴリー別に持ち歩く。
アメリカには、クーポン用の財布(?)みたいなものもあるくらいで、クーポンを利用している人は、かなり多いです。

そんな習慣の無い私は、切り取ったはいいけど、持ち歩かないため、ほとんど意味を成していない*o_ _)oバタッ
アメリカ人ってヘンなとこ(?)、マメなんですね(^^;


昨年帰国した際に、友人が使っていましたが、ネット上にあるクーポン。
プリントして、レストランへ持っていくと、何パーセントオフとかの、クーポンだったかと。
最近主流になってきたクーポンの新スタイルヽ( ´ー`)ノ

新聞や広告のように、どれだけの人が使うかもわからないようなクーポンより、必要な時に必要なものをプリントして使うクーポンの方が、店や会社としても統計が出せるし、使用頻度も上がるんじゃないだろうか?

きっと今後は、このスタイルが主流になるんでしょうね(´▽`).。o○
ネットチェックは必須ですね♪
posted by mika at 07:06| ロサンゼルス 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

Coca Cola Black

coke-black.jpg

Coca Cola Black (Coke Black)
フランスとアメリカで先行発売された「コカコーラ・ブラック」
コークの味わいに、コーヒーエッセンスを加えた奇妙(?)な飲み物。
炭酸入りアイスコーヒーってことですかね?(^^;

全世界市場シェア1位を誇る「コカコーラ社
ライバルのペプシコの顔色を伺いながら、新商品が続々と登場しています。コーク+○○(ライム、レモン、チェリー、バニラなどなど・・・)の商品は非常に多く、今やその数はわからない(´▽`).。o○

今回の新商品、「コーヒーを好む世代」がターゲット。
コーヒーとコークで、カフェインが倍増されているような気になりますが、カフェイン量は、コーヒー一杯分に及ばない。カフェイン効果で眠れなくなってしまう人たちのために、抑え気味なんですかね?

ボトルは瓶で、少々小ぶり。
コーヒー好きな自分としては、試さずにはいられないので、早速・・・。

一口・・・・・ん? 甘い!

でも、味に覚えがある。。。。それもかなり懐かしい系(´▽`).。o○

そこで思い浮かべたのは・・・・・・・「ヤクルト」(ぇ?
もう一口飲んで・・・・・・・「オロナミンC」(ん?
あ、「リポビタンD」かも(-。-) ボソッ (ぉぃ

要するにEnergy Drinkですね(´▽`).。o○
posted by mika at 00:06| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

景観

その都市にある有名な建物やタワー。それを見ればどこの都市かわかる。
そんなランドマークともいえるものが、大体どこの街にもあるもんですよね。
数え上げたらキリがないんですが、アメリカの代表(だった?)といえば。。。

twintower.jpg 今は無き、ニューヨークの「ツインタワー」
 実際ニューヨークを訪れたことがない人でも、これを見れば 
 「ニューヨーク」と一目でわかる建物だった。
 残念ながら、その姿をもう見ることはできませんが、跡地には再度
 ビルが建設されるそうです。




first_interstate.jpg わが街ロサンゼルスのダウンタウンにそびえ立つ、「インターステー
 ト・ビルディング」
 知名度は低いかもしれませんが、地元人ならわかる(^^;






searstower.jpg シカゴの「シアーズタワー」









これを見ると、あぁ日本に帰ってきたんだなと、いつも思う「東京タワー」
東京にいた頃は、訪れることなどほとんど無かったんですけどね(^^;
今は大好きです♪

tokyotower.JPG

そして東京の景観は、「すみだタワー」によって、また変わっていく。。。

sumidatower.jpg

景観をみて、色々なことを思い出す。
自分にとって、思い入れのある景観。
あなたは、何を見て、何を思い出しますか?
posted by mika at 04:09| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

Click

click_earlyposter.jpg

毎日の通勤。満員電車に大渋滞(==;
毎日あくせくと生きていると、そんな時間が早送りできたらと、思うこともありますよね(苦笑)
あの時こうしていれば、この先こんな風になれば・・・。自分の人生が自由自在に操れたら(´▽`).。o○ 世の中平和だろか?(・・;

この映画、単なるコメディ映画ではありません( ̄ー ̄)ニヤリッ
笑いあり、感動あり。。。。涙なしでは観られない映画でした。
そして、家族を顧みようにもみられない人。(顧みてないわけではないはず)
そんな人は、胸がキューンとなるんじゃないかなぁ。。。
宣伝だけ見ると、くだらない映画に思えましたが、ぜんぜん違います。

おまけに、もう一つの必見の価値アリが「特殊メイク」。
アダム・サンドラーの肥満体や老け顔、ケイト・ベッキンセイルは、老けさせてもメチャメチャ綺麗です♪←大必見w


毎日 働き詰めの人。
ふと立ち止まった時、何がそこに残されているか。。。
失ったものの大きさは、失ってからしかわからない(苦笑)
何も失わずに欲張りに生きたい。
ならば、毎日を一生懸命に・・・悔いのない人生を送りたいものですね(´▽`).。o○

ところで、この映画の邦題(・・
全く意味不明なんですけど(*゚‐゚)ぼぉー・・

満足度:★★★☆☆

ストーリー
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

自転車

意外と重いゾ!「自転車の交通違反」罰則
秋の交通安全運動の期間中ということもあって、自転車の無謀運転の取り締まりが厳しくなっている。多くの警察本部が道路交通法違反の「赤キップ」をバンバン切るようになっているし、逮捕者も出ている。
自転車にも「酒酔い運転」に対する罰則があって、罰金は自動車と同じだ。意外と重い「自転車の罰則」を知っているだろうか――。
(現代ネットより)


知りません(´ ▽`).。o○
数え上げたらキリがなさそうなんだけど、こんなにありました(==;

★酔っぱらい運転:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

★歩行者とぶつかり、そのまま走り去った場合:1年以下の懲役または10万円以下の罰金

★一時停止違反:3月以下の懲役または5万円以下の罰金

★歩行者の横を猛スピードですり抜ける:3月以下の懲役または5万円以下の罰金

★夜間の無灯火及び急な進路変更:5万円以下の罰金

★2人乗り:2万円以下の罰金または科料(←高校生はヤバイぞw)
 但し、お母さんが補助イスをつけて幼児を1人乗せたり、オンブしているときはOK。(それもどうかと思うけどヽ( ´ー`)ノ)

★2台並んで走る:2万円以下の罰金または科料 (うっそw)

「傘を差したり、買い物袋を提げて片手運転すると、安全運転義務違反となります。罰則も重く、3月以下の懲役または5万円以下の罰金です。携帯電話を使ったり、犬のリードを持ちながら片手運転することも、同様に禁止する県警が増えています」(警察関係者)

昨年1年間の自転車がらみの事故の死傷者は18万6,000人で、これは10年前の約1.4倍なんだそうです。


ロサンゼルスは、人間が歩く街ではないため、あまり自転車を目にすることがありません。(学生くらいかしら?)
当然、駅前に自転車がずらぁ〜りという光景もなし。

日本でよく見かけるんですが、自転車の前と後ろに、子供乗せる椅子つけて三人乗り。時々さらに自ら子供をおんぶして、四人乗り???
コケたら、放り出されるのは子供なのに。。。いつもこれだけは見ちゃいられないと思っている外人です(==;

↓自転車好きな親が子供と一緒に・・・というのも稀に目にしますが、アメリカの主流はコレ

bike1.jpg

自転車の後ろに子供用の椅子(?)をつけて、そこに子供を乗せます。
但し、子供はヘルメット着用が義務付けられています。我が家は(旦那が)これを使っていたんですが、よく考えたら、コケた時、子供が地面に叩きつけられる位置がこれだと高いから、本当は結構怖いものかと?(^^;

↓もう一つはコレ

bike2.jpg

自転車で引っ張るタイプなんですが、地面を這う感覚で、こと車の視界から外れるため、怖くて使えませんでしたヽ( ´ー`)ノ

↓一番安心して使えそうなのが、ヨーロッパに住む友達から紹介していただいたコレですか
 ね?

bike3.jpg

物凄い重装備ですが安全性は高いかも?(^^;


アメリカでは、自転車は車と同じで、車道を走らなければいけません。よって、右折・左折も車と同じ。←これも結構怖いんですけどね@左折
大きな道路には、右側に「Bike Lane」という、自転車専用の車線があり、歩道を走れないことで、確かに歩行者との接触事故は少ないような気がする。。。
日本は、歩道を自転車が走ることで、事故も多いんでしょうね。


歩行者より自転車。自転車より車。
与えられる罰則は、車を運転する者が一番重い。
歩行者が一番強いのかもしれないけど、歩行者のマナー違反もよく見かけるのは事実。
歩行者にも罰金制度作らないとw(あったりして?)

一歩外に出たら、歩こうが自転車に乗ろうが、周りにちゃんと気配りしないとね(^^
posted by mika at 00:05| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

ドーナツ

doughnuts.jpg

日本なら、おやつ(お菓子?)ってとこでしょうが、アメリカでは、ドーナツといえば朝食♪

美味しいんですが、実はなんの栄養価(?)もなく、「高カロリー、高脂肪食、低ミネラル」の超不健康フード(*゚‐゚)ぼぉー・・
わかっちゃいるケド、食べちゃうんですよね(^^;

朝の糖分は その日のパワーってことで♪

ドーナツといえば、アメリカが発祥地のイメージがありますが、実は違う。
発祥地は、ヨーロッパ。オランダとかドイツとかの説があるようですが、「あの」ドーナツ型(真ん中に穴が開いている)を生み出したのはアメリカ。
なんでも火の通りをよくするために考案されたとか(・・?
そもそも穴はなかったんですね。。。


こんなもん毎日(?)食べてるからアメリカ人はでかいんだヽ( ´ー`)ノ
でもね、安いんです!
一個50〜70セントですからね(´▽`).。o○
posted by mika at 10:23| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

The Shaggy Dog

theshaggydog_poster.jpg

1959年に公開された ディズニーの大ヒット作のリメイク。
ディズニーといえば、ティム・アレン。切り離すことのできない存在かと。。

ワーカホーリックなデイブ(ティム)が、ひょんなことから犬に変身してしまう。しかし実は犬嫌いw
人間が犬になるという、そもそもありえない話なんだが、犬の悲しい性?・・・モノを投げられると、ついつい走ってしまったりするところが、なんともコミカルに描かれていました。

秋の夜長。家族で観るには、オススメの映画です♪

日本では期間限定公開だそうですよ。
急いでw

満足度:★★☆☆☆

ストーリー
posted by mika at 07:40| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

女・子供に優しい国

以前、こんなことを書きました→「駐車場
この時 見かけたのは、ファミリー用の駐車スペースマーク。

↓今回は、コレ

expectant-mom.jpg

妊婦さん用(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
スペースに引かれている線は「ピンク」で、かわいい(´▽`).。o○

pink-line.jpg

それにしても、初めて見ました。。。

そもそも「妊婦さん」というのは、こと妊娠初期においては、まだお腹もさほど出ていないことから見た目にはわからない。その割に初期の方が大事にしないと大変なことになる。
(アメリカの場合?)妊婦さんではないのに、妊婦さんに見える・・・ってのもありますが(*゚‐゚)ぼぉー・・ (これはお得?)
まぁ「女・子供には優しい国」ですからね。妊婦さんでなくても、女性にしたら優しい国かと(^^


そこへいくと日本は大変・・という話を聞かないでもない。
自分も、その大変さは身をもって体験したこと・・もある。(妊婦ではありませんでしたがw)

そんな妊婦さんに朗報(・・?
日本では、こんな駐車スーペースは見かけないようですが、こんなもんがあるんですねぇ(´▽`).。o○

マタニティマークをとおした「妊産婦にやさしい環境づくり」の推進について
このマークがついた「キーホルダー」みたいなもんがあるそうです♪
無用に氾濫しないのかしら(・・?


少子化が大問題となる現在。
妊婦さんに優しい国。子育てしやすい国。
アメリカが決していいとは思わないけど、「いい」部分は、大いにマネをして欲しいと思わなくもない。

というか・・・産むより育てる方が大変なんですが(==;
posted by mika at 01:43| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

sweet

海外で生活するようになると、学校(英語の授業)では、教えてもらわなかった「英語」に遭遇することが多い。
「スラング英語」
英語圏で生活していないと、ま〜ず覚えない言葉。
私の場合、子供から学ぶ(?)ことが実に多いヽ( ´ー`)ノ

以前書いた「cool, hot, cute」 これもそうですが、それに匹敵する頻度で使われる言葉が「sweet」
とにかく、やたらと子供達が使ってるんです。時代について行かねば(*゚‐゚)ぼぉー・・

「sweet=cool, neat」
今時の言葉かどうかわかりませんが(汗)、「すごい!」、「イカす!」、「かなりいいじゃん!」系な意味(^^;
普通なら「nice」というところを、スラングにすると「sweet」となるわけで、男女問わず使われているように思います。

こういう言葉をすらりと使いこなせると会話が弾むんだろなぁ(´▽`).。o○
うっかり使って、英語でがんがんこられても困るんですけどね(滝汗)
posted by mika at 14:23| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

Google Earth

世界を見渡す 3D ソフトウェア「Google Earth

♪空〜を自由に、飛びたいなぁ〜♪ (どっかで聞いたことが。。。。
きっとこんな発想から生まれたソフトウェアなんだと思う。

宇宙からみた地球。住所を入力すると、そこへズームインされる。(わくわくしますよw)
傾斜、回転、地形や建物が3D表示されます。←かなり感動w
写真は、リアルタイムのものでは、ありませんが、過去3年間の衛星及び飛行機から撮影したものを使用しているそうです。

自分の家で確かめてみましたが、ドライブウェイに駐車してある自家用車まで見えちゃいます(^^;

これから色々な機能を加え、どんどん発展していくものだとか。
楽しみです♪

今日はちょっと・・・・・実家に帰ってみようかなぁ(´▽`).。o○
posted by mika at 00:31| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

世界(?)美容事情

美容整形の話題を何度か書いたことがありましたが、人種による価値観(?)が随分違うんですね。。。

アメリカは「お金持ち(セレブとか)がすること」として、まだまだ市民権は得ていません。

しか〜し!
さすが肥満大国ヽ( ´ー`)ノ
アメリカで一番多い美容整形は「脂肪吸引」(妙に納得w)
痩せたい部分だけをスリムにでき、リバウンドの心配がほとんどなく、脂肪細胞そのものを取り除くことで、太りにくい体質を作る有効な手段なんだとか。
でも、医師の経験と腕、美的感覚が必要とされる手術(?)らしく、医師選びは慎重にしないと・・・・(^^;
でもこれは、見栄えを気にして施す美容整形の類ではなさそうですね@健康上必要な手術


出っ張っているものを取り除く(脂肪吸引)、ないところを作り出す(豊胸)。そんな「身体」への美容整形が多い欧米と違って、アジア諸国は「顔」が多い。
日本でもプチ整形といわれる「二重まぶた」の美容整形は、いまやフツーにされている時代ヽ( ´ー`)ノ
お隣韓国では、美容整形は「当たり前」で、すっかり市民権を得ているそうです。
それもどうかと思いますが(*゚‐゚)ぼぉー・・

これまたお隣の中国では、一番興味がもたれている美容整形のダントツは「歯列矯正」。
これ・・・驚いたことに、女性より男性が多いんです。どうしてなんだろ。。。
顔に関していえば、日本・韓国の「目」ではなく「輪郭」。
さほどコンプレックスを持つ輪郭をしている民族とは思いませんでしたが。。

私たち東洋人からしてみれば、なんのコンプレックスもなさそうな欧米人の顔。彫が深くていいなぁとしか思わないヽ( ´ー`)ノ
しかし、欧米人にも「顔」のコンプレックスがあった。
大きな「鼻」を小さくする人は、意外と多いんだそうです。


日本の女性雑誌を見ていると、美容整形よりダイエット食品に関する広告が てんこ盛り。選ぶ側にしてみりゃ、迷うよね(^^;
しかし英語圏の雑誌では、(ダイエットは日本と同じですが、)美容整形よりピーリングやリフトアップの広告が実に多い。

白人達の切実悩み@「皮膚の衰え」
彼らは、とても同じ年齢とは思えない皮膚の衰え方をします。自分(私)の肌が決していい状態とは思わなくても、彼らからしてみれば、東洋人の肌理の細かい滑らかな肌は、羨ましい限りなんだそうです。

また、日本の雑誌によくある「脱毛」関連の広告。無駄毛に対する考え方って、ほんとに違う。
事実 ヨーロッパの方は、ほとんど気にならないご様子ですからねw


本来なら存在しなくてもよさそうな美容整形。
そのせいか、家族の反応は、だいたいにおいて厳しい。ほとんどの人が美容整形に対する「理解」はするものの、実際には、自分が美容整形をしたら、反対されると思っている人が過半数を超えている。

でも、「美」への追求は止まることを知らない(´▽`).。o○
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

しつけ

京都3歳餓死:「しつけ厳しくしようと思った」父ら供述

「しつけ」とは、子供などに礼儀作法を教えて身につけさせること。 しかしこれは、「体罰(こらしめのために、身体的な苦痛を与えること。)」じゃないですかね?(・・;

子育てには教科書がない。よって親の価値観によって、しつけに違いが出てくる。何が正しくて何が間違いなのか。その判断は難しい・・・というかできない。
自分からしてみれば、しつけに見えなくとも、その家庭の子ども自身に対応能力があれば、その家庭にとって、それは体罰ではない。
しかし、このニュースに関しては、子供の年齢が低すぎる。。。

2〜3歳児といえば、「自己主張」が強くなり、それと同時に「セルフコントロール」を学ぶ重要な年齢。それがうまく育たないと「すぐ切れる人」に、なってしまいます。しかしその反面、甘やかしすぎてしまうと、子供のセルフコントロール力を奪ってしまいます。
子育てにおける最初の難関とし、人間形成において、最も重要な年齢といえるかと。

そしてこの時期、子育てにおいて、一番「焦る」時期かと(^^;
こと日本ではそれを感じました。

今回の原因となった「排せつの意思表示」
アメリカには、何歳でおむつをとる、おしゃぶりを止める・・というのが、たいしてなく、たとえ3歳以上になっておむつをしていても、誰からも何も言われることはありません。
日本では、何歳におむつをとるという大体の目安(?)があるらしく、それを超えていた娘に対して、周りから「まだおむつしてるの?」と(^^;
日本での子育てを知らないので、はぁそうですか・・・としか思いませんでしたけど(苦笑)

つまり、アメリカは、日本ほど「周りを気にしない(周りから気にされない)」ことから、あまり焦りがないんです。
焦りがないことから、6歳児でもおしゃぶりしてる子供をたまに見かけますが、あれはどうかと思いますけどね(^^;

ところが日本。子育てに「競争」を感じたことも何度かありました。
だから子育てに悩み、焦り、しつけを厳しくし、それが時として行き過ぎてしまう。こんな悪循環があるように思った。

私もそうでしたが、親とて人間。トイレトレーニングに限らずですが、何でも早く覚えてもらって、楽したいんですよ。
確かにしつけに教科書はない。でもこれだけは聞いておいてもいいかも。。。

3歳児・・・・まだ人間じゃないですから(-。-) ボソッ
できなくて当たり前なんですヽ( ´ー`)ノ

「子供を叱ることが多い親ほど、しつけに悩んでいることが多い。」

子育てには根気と忍耐力が必要です。
きっとこの人は、亡くなった子供と同じ年齢の頃、育つべきものが育たなかった人なのかもしれない。。。



続報(毎日新聞より)
京都3歳餓死:児童相談所の対応を批判 厚労相

京都3歳餓死:子供部屋の外側に鍵 閉じ込めの疑い
posted by mika at 12:39| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。