2006年11月01日

Picture Day

(恐らく)アメリカの学校では、年に1度(ないしは2度)どの学校にもあるかと。。。
日本で言えば、学級写真(?)を撮る日・・・かな(・・?

アメリカで学生生活をしたことのない私には、ぴんと来なかった日なんですが、ただ学級写真を撮るだけではないんですね。。。
学級写真の他に、一人一人 個別な写真「も」撮ってくれるんです。
なので、中学生ともなると、ほんのりお化粧をして学校へ行く子も(´▽`).。o○
娘も今日は、髪の毛くりくりして行きました♪←お化粧は禁止w

あらかじめ写真は、色々なサイズ注文ができるようになっています。
大きな写真は、日本にいる両親へ送ったりするんですが、子供たちはWallet Size(定期入れサイズ)の写真をよく使います。
写真の裏に、名前やメッセージを書いて、お友達と交換。

何か楽しい風習ですよねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 02:43| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

電車

"電車内ですること"を調査
 電車を利用すると答えた人に、「普段電車に乗っている時にすること」を複数回答で尋ねたところ、「中吊り広告を見る」が75.2%と最も多く、次いで「寝る」(69.1%)、「携帯電話でメールをする」(65.9%)と続いた。

 男女別にみると、「新聞を読む」は男性が女性より約2割多く、反対に「携帯電話以外で音楽を聴く」「携帯電話でメールする」などは女性が男性より約2割多かった。


普段何気に乗っている電車。でも異国から来た人間には果たしてどう見えてるのか?

娘が昔こんなことを言ったことがあった。
「マミー日本って日本人がいっぱいいるんだねぇ(´▽`).。o○」
人種の坩堝に暮らす子供ならではのお発言。

そして
「電車乗るとみんな寝ちゃうのね♪」
子供って、面白い観察してる。
普段目にしない光景なので、当たり前な言葉だったかと。。。

子供の面白い観察に便乗して、自分も観察してみた。
携帯いじってる人多いですよねぇ(´▽`).。o○ (自分もw)
メールしたり、ゲームしてたり。。。
電車ではありませんが、飛行機が成田に到着してゲートに降り立った瞬間、一斉に携帯スイッチオンしてる姿は、さすが携帯大国日本・・・と、思いましたね(笑)

ロサンゼルスでは、あまり電車に乗ることはありませんが、よ〜く見てみると、やっぱり・・・・・寝てる(^^;
ロサンゼルスの朝夕の渋滞は半端なく、その渋滞の中を通勤するには、とてつもなく早起きをする必要があります。朝6時でもすでに渋滞ですからね(・・;
ロサンゼルスで電車を利用するというのは、渋滞(車)から逃れるため。
せっかく逃れたんだもん、そりゃ寝るでしょね(^^
posted by mika at 02:24| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ドア

一つのことしか知らないうちは疑問に思わないけど、二つ知ってしまうと「あれ?なんで?」と思うことしばし。
別にどうってことないんですけどね(^^;

何気に出入りしている「玄関」
今更ですが、日本はドアを「(外から)引いて入る」
ところがアメリカはドアを「(外から)押して入る」
家の中から、してみれば、ドアを引くことで「Welcome!」なイメージ。

なんてことはない違いなんですが、恐らく日本では、家の中に雨が入らないようにとか、靴を脱ぐ生活のため、玄関スペースを確保する必要性があるからなんでしょうね。

公共の建物が「外開き(内から押して開ける)」なのは、火災時に逃げやすいようにということなんですが、逆に「内開き」説も。
アメリカのデパートの入り口のドア。
今は自動ドアが多いですが、一般家屋同様、内から「引いて」ドアを開けるようになっている建物が多い。
これは防犯のためで、泥棒さんが、簡単に外に出られないようになっているとか。(押して開くと簡単に逃げられるから)

お国変われば、考え方も変わる(・・?
どっちがいいんだろ(´▽`).。o○
(いかに暇かがバレる話題でした♪)
posted by mika at 02:13| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

連休

“休みベタ”は日本人の国民性・・・!?
せっかく取れたお休みも、何かをしたり、どこかへでかけていないと、なんだか無駄に過ごしてしまったような気持ちになってしまうことってありませんか? 
実はこの状態、日本人がとても陥りやすい状態なのだそう。このような考えから休日や長期の休暇中でも次から次と予定を立て、休むのではなく逆に疲れてしまうというのもよくある話です。でも、日本人はどうしてこんなに“休みベタ”なんでしょう?


普段家族と一緒にいられないお父さん。
自分のために休もうと思うと、家族から白い目で¬_¬ジトー
罪悪感(?)からか、ならば家族で出かけようと、張り切るせいか、休みになると(休みの方が?)疲れてるお父さんも多い。
きっと独身者を羨んでるんだろなぁ(´▽`).。o○

欧米人が休み上手といわれるゆえんは、仕事とプライベートの切り離しですかね?
ほとんとの人が残業をせず定時に帰る。
帰りにちょっと一杯・・・っていえば、本当に一杯ですからね。徹底してます(^^;

普段定時に退社できて、家族と時間が持てていれば、家族から白い目を向けられることもないでしょうが、日本社会はそうもいってられない。。。
家族と会社の板ばさみになっている、世のお父さん・・・。

「がんばって」楽しい三連休お過ごしください(*- -)(*_ _)ペコリ
posted by mika at 08:27| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

洋風丼?

天丼、カツ丼、親子丼(´▽`).。o○
そもそも「丼もの」というものは、具の下はご飯!
これが基本かと(・・;

それが海を渡ると、こういうものに変化するとは驚きました(*゚‐゚)ぼぉー・・
ちなみに英語で「丼」=「Bowl」

カーネルおじさんでおなじみのKFCのメニュー「Mashed Potato Bowl
マッシュポテトの上に、スイートコーン。その上に、一口サイズのクリスピー・チキン。グレービーをたぁ〜っぷりかけて、チーズをぱらり。

カロリー計算は・・・・・してはいけません(^^;

やっぱり具の下は「じゃがいも」じゃなくて、ご飯でしょw
・・・と思ったら、ありました。
Rice Bowl
上にのってる具は同じ。


こういう食のセンスがよくわからん(==;
怖くて(?)食べられないので、レビューは書けません(´▽`).。o○
posted by mika at 16:42| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

Election Day

今日は、祝日ではありませんが、選挙の日。
Proposition (略して Prop)と呼ばれる条例の住民投票が行われる日です。
大統領選出の際は、当然 大統領選挙もヽ( ´ー`)ノ
アメリカ国民でない(私)ため、忘れがちな日でもあります(苦笑)

porp87.jpg

カリフォルニア州で、話題なのが「Prop87」。

石油会社は、油田採掘のための税金を、カリフォルニア州には納めておらず、、われわれ州民が負担していると訴えているもの。ガソリン価格の値上げを押し付けるな・・・と賛成派。
よって、反対派には企業が多い。
早い話しが「賛成派(州民)vs反対派(石油会社)」みたいなもんですかね?

資源(石油)はこのままではなくなってしまう。そのためには、われわれが「節約」することで協力する。
そのためには、(極端な例ですが、)電車や自転車通勤している人には、税率の軽減、トラック・SUVを運転している人には増税・・こんな対策もよろしいかと。
そして企業は、資源を絶やさないために、違うエネルギー開発研究をしていただく。

賛成派・反対派・・・現在のところ、世論調査ではほぼ半分。
さて、どうなるかなぁ(´▽`).。o○

そういえば、今年は カリフォルニア州知事の選出も行われる。
あの有名な現職のアーノルド シュワルツェネガー 。。。どうなるか、これも楽しみ(^^;
posted by mika at 23:59| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

名詞の性

ヨーロッパ各国の言語には、英語や日本語と違って、名詞に性別がついています。私もフランス語を習った際に、覚えるのに随分苦労しました(==;
女性名詞・男性名詞ならともかく、ドイツ語には確か「中性名詞」というわけのわからない名詞もあったかと。。。

名詞の性は、ラテン語からの影響で、「男性、女性、中性」の3つが存在していましたが、時代の流れとともに、まず「中性名詞」が消滅し、その後段々と、名詞の性自体が消滅していったそうです。

英語にも、昔は性別があったようで、その名残りが、乗り物や月・太陽を表現するのに使われる「she」や「he」
その昔、女性名詞だったであろう 飛行機や車、国や月には「she」が使われるし、男性名詞だったであろう 山や川には「he」が現在でも使われています。


日本語にも、昔は名詞に性別があったんですかね?(^^;
posted by mika at 21:23| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

型破りな お寿司

食文化が海を渡ると、多少変化されちゃってることが多い。日本のカレーライスもその一つかと。

日本からきた食べ物「お寿司」
最近は、欧米人も生の魚を食べるようになりましたが、食べられない欧米人でも「巻き物」はOK♪ 当然、アメリカで生まれて名づけられた巻き物も多い。

その代表的なのが、アボカドとカニが巻かれている「カリフォルニアロール」
他にも、素揚げしたソフトシェルクラブ(カニ)が巻かれている「スパイダーロール」、絶妙な変り種(?)でいえば、スモークサーモンとクリームチーズの組み合わせ「フィラデルフィアロール」
他にも結構な数あります(^^

そんな型破りなお寿司の中に、最近こんなお寿司を発見した。
↓玄米寿司 (Brown Rice Sushi)
brown rice sushi.jpg

作り方は通常の寿司と同じで、中身は、アボカド、アスパラガス、赤ピーマン、ベークド豆腐など。
寿司飯は「白」でしょ・・・ってのは、古いんですかね?(苦笑)

そして、もっと面白かったのがコレ。最近流行りの「low-carb」です。(パンなしハンバーガーと同じ類ね。
↓ご飯なし寿司 (No-Rice Sushi)
no rice sushi.jpg

これは寿司じゃないかと(*゚‐゚)ぼぉー・・
食べなくていいから・・と思ったのは、私だけではないはず(´▽`).。o○
posted by mika at 05:46| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

M:i:3

mi3_secondposter.jpg

シリーズ三作目・・・やっと観ましたぁ(´▽`).。o○
冒頭から繰り広げられる展開の早さと、「ぇ?まぢ?んなことすんの??」と冗談みたいな展開は、かなりドキドキ感を味わえます。

今回の「うっそw」は、頭に埋め込まれた「小型爆弾」
現代科学(?)なら、ありえそうなお話。それを埋め込まれてしまったら、「ショートさせるしかないでしょw」(どうやって?)

ぇ?

病院で使っている電気ショックで、爆弾をショートさせる。一旦死ぬんだけど、再度電気ショックで生き返らせればいいって?
笑うとこかと思いましたヽ( ´ー`)ノ

それにしてもこの映画、トムはよく走りました(^^; とても40代半ばとは思えない。。。最初から最後まで走りっぱなしな気がします(素)

シリーズの最高作と思える映画でしたが、ここまで続くと、更に続編を期待する人も多いかと。
続くかな?と、思わせるものが、最後の最後まで謎めいている「ラビットフット」

一体ナニ(・・?

満足度:★★★★☆

Introduction
posted by mika at 14:40| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

Veterans Day

戦時下で、アメリカ合衆国兵として戦ったすべての兵士(生きている、死んでいるにかかわらず)に敬意を評するための休日。(全州共通)
ベテラン(退役軍人)とは戦争で戦った人のことを言います。

1918年11月11日は、第一次世界大戦が終戦した日。この日、平和を願う国は多い。
35カ国が戦った 第一次世界大戦では、アメリカ合衆国は 1917年〜1918年まで参戦。その後、休戦条約にサインした日が、今日11月11日11時でした。
11番目の月の11日目の11時に彼らはサインした。
この日を「Armistice Day(休戦の日)」という祝日とされ、その後3つの戦争(第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争)を経て、休日の名前が「ベテランズデー」となりました。


私たちが、平和に暮らせるのは、軍人さんが命がけで戦ってくれてるからかな・・・という気持ちは、アメリカで暮らさなかったら、持たなかったであろう気持ちかもしれない。。。
posted by mika at 00:33| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

Stick It

stickit_releaseposter.jpg

アメリカ・青春コメディ映画。
日本での公開は、なさそうですかね?

両親が離婚してから、すこぶる反抗するようになった女の子。
ある時、少年院か陸軍士官学校か、はたまたオリンピック候補を育てる体操の学校へ行くかの選択を迫られる。
そして父親の命令で、体操の学校へと送りこまれる。。。
いやいや行かされ、そこでも反抗しつつも、全米選手権出場し、大学への切符を手にする。


とにかく、観ている間中、こんな子供いたら嫌だと、中学生の娘をもつ自分は思う(==;
あ〜いえば、こういう。こ〜いえば、あ〜いう。減らず口というか、英語でいえばTalk backの多いこと多いことヽ( ´ー`)ノ
でもこういう子供の「負けず嫌いぶり」というのは、ある意味すごいのかもしれない。

自分の意思をしっかり持ち、それを信じる強い気持ち。
ある意味 勇気を与える映画かも♪

大人の目からすれば、B級です(^^;

満足度:★☆☆☆☆
posted by mika at 05:54| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

これ食べたい(´▽`).。o○

GenImage.aspx.jpg

米国で新しいファーストフード「フライド・コーク」
ファーストフード大国の米国でこの秋、新たなメニューが登場し一部で注目を集めている。コンピューター・アナリストのアベル・ゴンザレスさん(36)が開発した「フライド・コーク」がそれ。

米テキサス州のステート・フェアで披露された「フライド・コーク」は、コーラ味のシロップが入った生地をピンポン玉大に丸めて油で揚げたもの。それをいくつかカップに入れ、コーラ味シロップと生クリーム、シナモンシュガーをかけ、サクランボを盛り付けて完成となる。
実際に口にしたステート・フェアのスポークスマン、スー・グッディングさんは「素晴らしい味。大成功ね」と語った。

ゴンザレスさんは同フェアで24日間に合計3万5000個の「フライド・コーク」を売り上げ、もっともクリエイティブな新作食品を考案したとして賞を受けた。

この新メニューに、カロリーは表示されていない。ただゴンザレスさんは、体重を気にする人向けにダイエット・コーラ版も試作中だとしている。
(ロイターより)


コーラの天ぷらってことですか(・・?
温かいコーラほど 不気味な味わいは、ないかと思いますが(*゚‐゚)ぼぉー・・

1003_friedcoke250b.jpg

それにしも、カロリー表示がないのが、なんかアヤシイ。。。。。。

肥満は、今やアメリカだけでなく、どこの国においても大問題。
カロリーを気にした方がよさそうな人ほど、カロリーを気にしない。ダイエットが懸念される中、いくらダイエットコークバージョンを開発しても・・・
だって、油で揚げるんですからね。カロリーが高くならないわけがない(´▽`).。o○

実にアメリカ的な食べ物ですね。。。
「新モン好き」なんで、とりあえず食べてみたい(^^

ドコで食べられるんだろ?
ご存知の方、教えてください(*- -)(*_ _)ペコリ
posted by mika at 04:31| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ボジョレー・ヌーボ解禁

ボージョレ:解禁は風物詩に 輸入量1位、値段も?
11月第3木曜日の16日、フランスワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁された。風物詩として定着したが、日本のボジョレーの値段、高くはないのか。。。。


wine.jpg

ワイン好きには たまらなく待ち遠しい日かと♪
画像は、私がいつもケース買いするボジョレー・ヌーボー。今年も・・・(^^;

「ボジョレー」とは、フランス南東部 リヨンの北に位置するワインの産地。
「ボジョレー」と名乗ることのできるワインは、ガメイ種(赤ワイン)とシャルドネ種(白ワイン)を使用したものに限られおり、法律で定められているとか。
毎年11月第3木曜日に解禁される新酒を「ボジョレー・ヌーヴォー」という。

実はこれ、ニュースにもあるように、現地ではとっても安いワイン。アメリカでもさほど高くはない。
時差の都合上、日本がドコよりも早く解禁になることから、一種お祭り騒ぎの日となっているような。。。
さすが初物好きな日本人ヽ( ´ー`)ノ


とあるワイナリーの持ち主のお話。
「ワインは飲み物でなく、食べ物」
秋の収穫を祝う席では、子供にもワインが振舞われたそうな。

ということで、我が家も娘はワインを飲みます。
もちろん、水割りですが(^^;

今年「も」なかなかなデキだそうですよ♪
posted by mika at 10:22| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

Casino Royale

casinoroyale_poster.jpg

シリーズ21作目。←コレ・・・世界最長のシリーズ映画だそうですよ。
すごいですねぇ(´▽`).。o○

ショーン・コネリーが、あまりにも印象深いせいか、いつまでも「あの」イメージを追及するファンは、いるんじゃないだろか?
私は、そんな一人なんで、どうも最初からダニエル・クレイグが気に入らない(==;
でも、ある意味「今回の作品なら」いいかもしれないと思いました。

今回の作品は、ボンドが'007'の地位に昇格する前のお話。
若くて、荒削りなボンド。今までとは全く違う、実に人間なボンド。
この設定だからこそ、彼でよかったかもと思いました。
年齢 お幾つか知りませんが、実によく走ってましたww
途中、ボンドの恋物語かと思い、このままハッピーエンドなのね・・・と。
でもそうはいかないのが・・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

思わぬ展開を予測できるか、、私のように素直に観て驚くか・・・。
必見の価値ありです♪

満足度:★★★☆☆

ストーリー
posted by mika at 17:18| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

ハリウッド女優事情

スーパーモデル拒食症で死去
米国で活躍していたブラジル出身のスーパーモデル、アナ・キャロリーナ・レストンさん(21)が拒食症が原因で16日(日本時間17日)、サンパウロ市内の病院で死去した。
死亡時は172センチ、39キロだった。レストンさんは13歳でモデルを始め、アルマーニなどトップブランドのショーに数多く出演していたが、食べては吐くことを繰り返す摂食障害になり、治療を続けていた。
最近「やせすぎモデルは不健康」として、スペインのショーで、BMI(体重÷身長の2乗)が18以下のモデルが出演禁止になったこともあった。
レストンさんのBMIは13・2しかなかった。
(nikkansports.comより)


172センチ 39キロ(*゚‐゚)ぼぉー・・
ココまで痩せる必要があったんだろか。。。

昨日、偶然読んだ雑誌に、その理由がありました。
実は痩せる必要があったんですね。。。

そもそも、Runway Model(ファッションショーのモデル)というのは、その年の流行服を着こなせばいいのかと思ってました。
ところが、モデルというのはその時代の流行にあわせて「自分の体型をも流行を追う」そんなことなんだそうです。

鉛筆のような体型。細いというより薄い? 下手すると貧弱に見えるんですが、それが最近の「流行」というものらしい。
スーパーモデルといえば「シンディ・クロフォード」を思い浮かべる人も多いでしょうが、あの彼女のCurvyな身体も、今じゃウケないってことなんでしょうね。。。
最近お見かけしませんが、もしかしたら、激痩せしてたりしてw

また昔は、スーパーモデルと女優が別の仕事をしていたんですが、最近は女優「も」モデルの仕事をするため、ハリウッド女優がこぞって細くなってきている傾向にある。


一般人としては、綺麗だから 体型が美しいからモデルや女優ができると思いがちですが、実はそうではない。
きらびやかな世界に生きる人たちの、並々ならぬ苦労。そんな姿を垣間見たようなニュースでしたね。。。

ご冥福をお祈りします。
posted by mika at 02:17| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

冗談もホドホドに(・・;

「死に至るハンバーガーはいかが?」=米の“心臓発作"レストランに新メニュー
米アリゾナ州にあるレストラン「ハートアタック(心臓発作)・グリル」がこのほど、メニューに4段重ねのハンバーガーを付け加えた。このレストラン、客を「やっつけてしまう」のが目的とかで、ご丁寧に、“看護婦"付きの車椅子まで用意されている。
4段重ねバーガーは「バイパス・バーガー」と呼ばれ、肉が4枚とチーズ、タマネギ、トマト、べーコンなどが入っており、総カロリーは人が1日に必要とするカロリーの3倍以上の8000キロカロリー。それはちょっと御免こうむるという客には、3段、2段のバイパス・バーガーも用意されている。
10カ月前にこの店をオープンしたジョン・バッソさんは「もちろん健康には良くないが、冗談さ」と語っている。
また、最良の客には特別優遇措置として、店から客の車まで、看護婦の衣装を着たウエートレスが車椅子に乗せて連れて行ってくれるサービスも用意されている。このサービスには、州から客が本当の看護師と間違える可能性があるとのクレームがつき、バッソさんは店のウェブサイトで、当店の従業員はプロの看護師ではありませんとのメッセージを流した。
バッソさんの夢は、パリに店を開くことだという。
(時事通信より)


Heart Attack Grill

アメリカ人はJoke(冗談)好きですが、ここまでくるとさすがに呆れるヽ( ´ー`)ノ
こんなもん食べるから、あんなに大きくなっちゃうんだ・・・けど、このサービスが得られるなら食べるんですかねぇ?
問題となった「従業員はプロの看護婦ではありません」というのがこのページ。
4段重ねのハンバーガー食べると、こんなおねぃさんが出てくるそうです。

(*゚‐゚)ぼぉー・・
コスプレ好きな男性には、たまらないお店かも?


でも、ここのメニューを見て、日本の「デカ盛り」を思い出した。
何分以内に食べたら無料。ありえないサイズのお料理の数々。
あの不健康さは、このお店に匹敵するかもw
より一層のJokeを取り入れてみていただきたい(ぉぃ

それにしても、このレストランは、家族連れでは行けないんでしょうね?
柱| ̄m ̄) ウププッ
posted by mika at 13:12| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

親族名称

叔父(伯父)・叔母(伯母)・従兄弟(従姉妹)・祖父母・孫
・・・ぐらいは誰でもわかるヽ( ´ー`)ノ
従姉妹のそのまた従姉妹、従姉妹の子供と自分の関係、孫の孫(*゚‐゚)ぼぉー・・
・・・となるとわけが分からなくなるかと(・・;

ご参考までにこんな感じなんだそうです→親族図

読み方同じでも(叔父・伯父)、漢字で意味合いが変わるとは、なんとも難しい。これを外人(娘)に教えるのは至難の技(´▽`).。o○
英語にはないですから。。。

叔父も伯父も「uncle」、叔母も伯母も「aunt」。兄弟(姉妹)だって、「brother」「sister」と同じ。丁寧にyounger brother(弟)という場合もありますけどね。

いとこに至っては、first cosin、またいとこ(はとこ)に関してはsecondとつけるだけ。さすが大雑把(´▽`).。o○

また直系血族に関しては、「grand- 」を付けるだけ。(孫=grandchild)
日本語では孫(まご)、曾孫(ひまご)、玄孫(やしゃご)、来孫(らいそん)、昆孫(こんそん)、仍孫(じょうそん)、雲孫(うんそん)と呼び名がかわり繋がっていますが、英語では、「great-grand 」と頭に付ける。(曾孫=great-grandchild)

「great」・・・一体いくつまで付けていいんだろ(*゚‐゚)ぼぉー・・
posted by mika at 06:24| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

Thanksgiving

thanksgiving.gif

11月の第4木曜日はThanksgiving(感謝祭)
感謝祭(Thanksgiving)とは、イギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地(Plymouth Plantation)に移住したピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事。
移住してきたその年は、大変寒さが厳しく、多くの死者を出したそうです。しかし翌年は豊作に恵まれ、北米先住民を招き、神の恵みに感謝し、ともにご馳走をいただいたことが、「感謝祭」の始まりだそうです。

感謝祭当日は、学校・会社・全ての公共機関はお休み。翌金曜日もAfter Thanksgivingということで休みとなるため、全米的に4連休。
ちょうど日本のお盆やお正月に当たる祝日なため、水曜日の夜から帰省ラッシュが始まります。
家族と過ごす当日は楽しく静かに(?)過ごすわけですが、翌日は 凄いことになります。。。


世にも恐ろしいAfter Thanksgiving(*゚‐゚)ぼぉー・・
感謝祭当日は、どこもお休みなのは、きっと翌日に備えているからかも(・・
一ヵ月後に控えたクリスマス。
感謝祭翌日に、クリスマスショッピングの幕が開ける(´▽`).。o○

「After Thanksgiving Sale」
どこもかしこも大セール! 安いだけなら行きますが、もれなく混雑というオマケがついてきます。
人!人!人!!! 車!車!車!!! 凄いです(*゚‐゚)ぼぉー・・
数年前、一度は行ってみるかと軽い気持ちで行ったはいいが、危うく(渋滞で)帰れなくなるとこでした。それ以来、どんなに安くても行かないことに(^^;

感謝祭・クリスマスとご馳走をいただくホリデーシーズン。増量した脂肪は、ショッピングで燃やした方がいいですかね(^^?

ちなみにAfter Christmas Saleってのもあります(-。-) ボソッ
posted by mika at 02:33| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

近頃の携帯電話

アメリカの携帯電話事情は、すこぶる遅れている話は以前にも(^^;→携帯電話

でも色々進んでるもんなんですねぇ。。。。
こんな会社も携帯電話業界(?)に参入してました。
Disney Mobile

もちろんターゲットは子供。
GPS機能がついていて、子供の居場所が分かるらしぃ。
ほぉ・・・・親としては なかなか便利♪ 子供にしてみりゃ 迷惑(・・?

日本では、小学生でも携帯電話を持つ世の中ですが、さすがにアメリカでも低年齢化してきました。
まだまだ日本ほどではありませんが、中学生くらいになると、結構持ってたりします。しかし親の悩みは尽きず、使用時間(使用料金)のことで、揉め事は絶えないとか。。。
そんな悩みに焦点をあてて、親が使用時間を管理できるサービスも提供しているそうな。
自分で管理できないなら、持つべきではないと思う主義なんで、当然娘には持たせてませんが、どうにも持たせないと大変になってきた(==;
こういうサービス利用する価値ありですかね?

関連記事 (英語)
Disney Mobile Caters to Kids


↓大人たちに最近人気なのがコレ

27314-1.jpg

携帯電話本体にイヤフォンをつなげて話すスタイル(コードが見えている状態)にかわり、ワイヤレスのスタイルが主流になってきました。
本体とは別になっている、大きな補聴器のような物体を耳にかける。女性だと髪の毛に隠れて見えないんですよ。電話を耳にあてていないので、「電話をしている」とは思わないことしばし。
大きな声で独り言 言ってるみたいなんですよね(*゚‐゚)ぼぉー・・

かなり奇妙です(^^;
posted by mika at 02:30| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

Inside Man

insideman_earlyposter.jpg

ぇ?・・・・で、終わります(*゚‐゚)ぼぉー・・
銀行強盗の完全犯罪・・・と思いきや、犯人たちの狙っているものは「金」ではない。
ついでに見つけてしまった重要書類を巡って、ジョディ・フォスターが登場しますが、彼女の役回りがこれまた意味不明。。。
単なる完全犯罪が成功する映画なのか・・・重要書類の持ち主を困らせる映画なのか・・・。

実に手の込んだ犯罪のストーリー性の高さは観る価値はあります。
少々展開が遅いですが、最後の最後まで、映像に引き込まれること間違いなし。
でもどうも納得できないエンディングを考えると、豪華キャストで客を誤魔化した?と、思われてもしかたないヽ( ´ー`)ノ

満足度:★★☆☆☆

ストーリー
posted by mika at 13:26| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。