2007年04月01日

エイプリルフール

april-fools-day.jpg


四月馬鹿
なんとも嫌な呼び方ですが、今日・・・たった今・・・新発見!

エイプリルフールとは・・・
「4月1日の午前中」、軽いいたずらで嘘をついたり、人をかついだりしても許されるという風習

知りませんでした(*゚‐゚)ぼぉー・・
午後はいけないんですね。。。。


くれぐれも「害のない嘘」で、人をからかってお楽しみください(^^;
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

Marie Antoinette

marieantoinette_releaseposter.jpg

14歳で結婚、18歳で即位って、すごい(*゚‐゚)ぼぉー・・

監督が女性(ソフィア・コッポラ)というだけあって、実に女性が楽しめる映画でした。
靴や衣装がすてき♪
ゴージャスなドレスを見ているだけでうっとりできます(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

それにしても大変なところへ お嫁にいってしまったもんですね。
新婚初夜、ベットの周りにはたくさんの人。←世継ぎを待つ人たち
翌日のお着替えにもたくさんの人。←着替えは自分でしないという習慣
周りにたくさんの人がいる中で、会話のない食事をする。←話しちゃいけないんですかね?

とても現実離れというか、ありえない状況が、かえって面白かったりします(^^
タイトルからして、お堅い映画と思いきや、コメディ性も高いかと。

ストーリー性を楽しむというより、舞台・衣装の芸術性を楽しむガーリーな映画です。

満足度:★★★☆☆

ストーリー
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

黄砂

黄砂、日本の大半を覆う…交通機関に乱れの恐れも
九州から東北地方までの広い範囲で2日、黄砂が観測された。
気象庁によると、午後5時までに全国98か所の観測地点のうち71か所に上った。


関西地方で、黄砂が飛来する話は よく耳にしていましたが、自分の住んでいる街では、あまり話を聞いたことがなかったような。。。
車がものすごく汚くなってるし、あたり一面真っ白(真っ黄色?)で、びっくりしました(==;

黄砂の地元(?)中国も今年は暖冬で、雪が少なく、黄砂の「フタ」の役目をする雪解け水がなかったため、今年は舞い上がる黄砂の量が多いんだそうです。

春の訪れとも言われる黄砂ではありますが、お洗濯物は汚れるし、なんとも迷惑なもの。ロサンゼルスのスモッグに匹敵しますね@お洗濯物を外に干したら黄ばみます

身体への影響は・・・・やはりあるようですね。
花粉症同様、(黄砂は汚染物質を多量に含むので、)気管支炎の人は、アレルギー症状を起こしやすくなるそうです。
外出を控え、外に出る際はマスクを活用するとよさそうですね。
posted by mika at 08:55| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

とうもろこしはスゴイ!

natu_0178.gif

私たちの身の回りにたくさん存在する「プラスチック」
主に石油を原料とし、廃棄後の処理がしにくいということから、環境問題を引き起こす原因となる物質とされています。
地球温暖化、二酸化炭素の放出問題が騒がれる中、こんなプラスチックが登場してました。

「バイオマスプラスチック」

スーパーで売られている卵、惣菜、野菜が入っている容器に、こんなシールが貼ってあるのを見たことがありますか?

a4-2.gif

環境にやさしいプラスチックとされ、原料はとうもろこし。
燃やす際の焼却温度が、通常のプラスチックと違い、紙と同じ程度ということから、二酸化炭素の排出量を削減できるんだそうです。
国内消費はまだ1%程度ですが、今後注目される製品。

原料となるとうもろこしは、エタノールガソリンの原料としても注目されているため、今後価格が上昇する可能性があるともいわれています。
地球に優しい製品なら、どんどん使おうというのではなく、やはり「ごみにしない努力」この心がけが大切ですよね。


アメリカは、ごみを分別することに「厳しさ」がありません。日本以上に、国民一人一人の心がけが重要ですね。。。
|ω・`) 気をつけよう。。。
posted by mika at 10:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

印鑑

印鑑の誕生は、今から5000年以上前。古代メソポタミアで生まれた印鑑は、中国を経て日本へ。しかし欧米では、その習慣は残されず、サイン制度に変わったようです。

アメリカでも、日系の会社で、日本の風習に関心を持ったアメリカ人がよく使っています。当然印鑑の名前はカタカナ。漢字しか見慣れていない私にとっては、結構新鮮味のある印鑑でした(^^;

でも今は、もっと楽しい(?)印鑑があるんですね。
↓こんな印鑑

ni-hon.jpg

似顔絵印鑑

会社で使ってもいいんですかね(・・?
欲しぃ(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

もしもの時にそなえて・・・

「生前見積もり」
(自分が亡くなってしまった時)どんな葬儀をして欲しいか、その葬儀にはいくらくらい費用がかかるか。

もしもの時、ご遺族は葬儀の手配や準備に忙しく、思い通りの葬儀ができないことがあります。それを防ぐために生まれたシステムが「生前見積もり」

生きているうちから・・・と、一瞬躊躇しますが、人の死に合うと、やはり重要なことかなぁ?と思えなくもないです。


アメリカでも、このようなシステムはあるかと思いますが、私を含め、多くの人が「遺書(Living Will)」を用意しています。
弁護士に頼んで作成すると、高くつくため、自分で作成し弁護士からの「アドバイス」を受ける形が多いと思いますが、それでも決して安くはありません(^^;
書く内容は、自分のこと・財産・残された家族(子供)のこと

・自分に判断能力がなくなってしまった時(植物人間状態)延の措置方法
・埋葬方法(火葬・土葬)
・お墓
・残された財産は、誰に委ねるか
・万が一、夫婦が亡くなってしまった場合、残された子供たちは誰に委ねるか

こんなことを明記します。


生きているうちに、最悪の状況を考えて作成する遺書。涙無くしては作成できませんが、それでもあった方が、残された者の戸惑いは少ないのかもしれません。。。
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

プリクラ事情

プリクラが出現して、何年が経ってるんだろ(・・?
イマドキのプリクラってのは、すごいですね。
体験してきました(´▽`).。o○

カメラの前に立って、写真を撮るだけだったプリクラが、ここまで成長?
1回300円程度で、ここまでできるのかw・・・と、体験しながらカルチャーショックをおぼえましたね・・・。

縁取りがつけられるだけでなく、文字を書いたり、絵をつけたり。
ポーズも1ポーズだった昔と違って、6ポーズほど?
これがまた、やたら綺麗に撮れちゃったりするからおもしろいw
今、世代関係なく、盛り上がっているそうな。

|Д ̄)年甲斐もなく盛り上がってきました

アメリカに上陸する日も近いかな(^^?
posted by mika at 08:21| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

20070111005fl00005viewrsz150x.jpg

原作を先に読み、映画公開を心待ちにしてました。偶然公開が、帰国と重なったので、本を送ってくれた母と観に行ってきました。

まず最後まで気づかなかったこと・・・
若き日の「おかん」を演じていた内田也哉子さんって方は、樹木希林さんの娘さんなんですね(-。-) ボソッ
通りで似てたわけだ(´▽`).。o○←エンドロールのキャストを見て気がついたw

あの原作を2時間ちょっとの映画でまとめるのは、ムリがあるかと思いますが、その辺は俳優陣の演技力でカバーされていたかと。
特に樹木希林さんの演技は、すばらしかったですw

原作ほど涙することはありませんでしたが、息子にはなれないがゆえ「息子と母親」という関係が、少しばかり羨ましく思える映画でした(^^

満足度:★★★★☆

基本情報
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

銃社会アメリカ

バージニア工科大で起きた銃乱射事件。犠牲者は32人にのぼり、アメリカ最大の凶悪事件となった。。
今日のニュースでは遺族が謝罪を・・・

「非常に申し訳ない」、チョ容疑者の姉が謝罪
米バージニア工科大の銃乱射事件で、韓国人学生チョ・スンヒ容疑者(23)の姉、ソンギョンさん(26)が20日、家族を代表して声明を発表し、「弟が引き起こした惨事を非常に申し訳なく思う」と謝罪した。


謝罪されても・・・と思う人は、私だけではないはず・・・。

「銃」

アメリカ2億8千万人の人口に対して、銃は2億6千万丁が出回っているといわれています。
ということは、国民一人が、ほぼ一丁持っている計算になる。

社会に対する不信感により、銃を持っていれば安全という考えが、不幸な悪循環を繰り返しているアメリカ。
私も友人を拳銃自殺で亡くしていますが、簡単に入手できる世の中に憤りを感じます。

とはいえ、アメリカにも以前は銃に対する規制があった。
色々な規正法があったにもかかわらず、すべて期限切れとなり、現在は無法状態。
自分の身は自分で守れという社会。銃こそ所持してませんが、私も15年この国に住み、自然に身についた考え方だ。。。

銃規制を強化しても再発防止にはならないと思うアメリカ人は多い。銃規制を強化したところで、気が狂っている人を思いとどめることは、私も不可能では?と思う。

銃の所持を賛成している者たちの中には、あの事件の時「誰かが銃を持っていれば、防げたかもしれない。」
学生の中に、銃を持っている人がいたら・・・そんなことを言う人もいたそうです。果たしてそうなんだろうか?
そもそも学校の中(教育の場)には、銃を持って入ることはできないはず。持って入れたことの方がおかしいと思う。。。

事件後、銃の販売は、以前より売れ行きがよくなっているというから、何とも悲しい。
そして韓国留学生及び移民者たちに暗い影を落とした。

人種は違えど、同じ移民者として言うならば、彼の想いもわからなくはない。だからといって、殺してしまうのは別。

外国で暮らすこと・・・風習・環境、全てが違うため、確かに大変だ。
そんなことは最初からわかっていることだし、そこに馴染まなければ、生きてはいけない。馴染めないのは、彼の言う「やつら」のせいではない。
この事件で、犠牲者の数や残虐さより、同じ移民者として怒りを感じた。


そしてまたこんな事件が・・・・

NASAで拳銃男が立てこもり、同僚を殺害し自殺
米テキサス州ヒューストンにある米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターで20日午後1時40分(日本時間21日午前3時40)ごろ、男がNASAの男性職員を拳銃で射殺し、建物内に立てこもった。
男は同センターの契約企業の女性社員を人質にとったが、約3時間半後に頭を撃って自殺した。女性は手足を縛られていたが無事だった。



自分の身を守るためのものではなくなっている「銃」
おもちゃにして、事故で亡くなっている子供たちも、実は多い。

簡単に所持できる世の中は、やはり間違っていると思う。
posted by mika at 12:40| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

中部国際空港(セントレア)

3週間ちょっとの帰国もあっという間に終わり、LAに戻ってまいりました(^^
今回初めて中部国際空港を利用してみましたが、成田と違って混みあうこともなく、スムーズな出入国ができ、かな〜り気に入ってみましたw
ただしここ・・・・

|Д ̄)飛行機に乗らないお客様が非常に多いw

中部国際空港セントレア
本来空港とは、飛行機に乗るために行く場所だと思ってましたけど、ここに限り(?)観光地なんですね(´▽`).。o○

レストラン・ショップ情報
広大な敷地に建てられているものの、通路はとっても狭い感じにつくられています。どことなく路地裏っぽいなと思ったら「ちょうちん横丁」と名づけられてました(´▽`).。o○
通りで狭いわけだw

そしてお風呂屋さんなんかもあったりしちゃいます(^^
くつろぎ処


愛知県民の憩いの場(?)「空港」
それにしちゃ、行くだけでお金かかりすぎですw
有料道路走らないと行けませんから(-。-) ボソッ
posted by mika at 00:33| ロサンゼルス ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

The Pursuit of Happyness

thepursuitofhappyness_releaseposter.jpg

「子は かすがい」
どんなに辛い状況であろうとも、子供がいるからこそ がんばれる・・・そんな親は多いでしょう。
・・というか、それが普通(^^;

子供というのは、親がどんな状況であれ、意外とたくましい。親として、自分が心配するほど子供は弱くないなと思うことも多い。そして、そんな子供に励まされることも多いかと。。

ストーリーは簡単に想像ができる、いわゆる「サクセス・ストーリー」
見事なアメリカンドリーム完成型な映画ではありますが、観る側の受け取り方次第で、いかようにも変化する映画。

人の幸せの度合い、幸せと感じるツボはそれぞれ。それぞれ違うことがアタリマエ。
どんな状況においても幸せと感じられること。それを思い出させてくれる映画でした。

たった一人でも、がんばってる自分を見ていてくれたら、認めてくれたら、それを幸せと思える自分でありたい。。。

満足度:★★★☆☆

ストーリー
posted by mika at 00:16| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

限定モノ

ネット社会な現代。
遠くまで出かけなくても、ご当地モノが買えちゃう便利な世の中ですよね。そうでなくても地元のコンビニで地域限定、季節限定、数量限定・・・。
コレに弱いのは私だけではないはずw ( ̄ー ̄)ニヤリ
日本人なら誰でも弱いかと(´▽`).。o○

今回帰国して、限定モノにどれだけやられたか(*゚‐゚)ぼぉー・・
|ω・`) かなり負けました。。。
持って帰れないものは、おなかに収めて(´▽`).。o○

それに比べてアメリカには、限定ものはない(・・
あるとすれば「季節限定」
通常ある商品(チョコレートなど)のバレンタインデーやイースター限定バージョン。そんな類のものはある。

もっと限定品を増やして欲しい!・・・と思うのは、私のようなアメリカに住んでいる日本人・・・だけですかね?(苦笑)
ネット販売してくれると更にありがたい(´▽`).。o○
posted by mika at 00:20| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

禁煙グッズ

喫煙者にとって、実に肩身の狭い思いをする世の中。思うように吸えなくなってきたタバコ。料金の値上がり。「やむおえず?」禁煙する人も多いとか?

思うように吸えなくなってきたとはいえ、アメリカよりマシ。建物内で、喫煙できる世の中は、とうの昔に終わったヽ( ´ー`)ノ
値上がりとて、(日本は)アメリカに比べたら安いもんです。
今LAでは、だいたい一箱4ドルちょっと(かな?)
5ドルで、お釣が数セントが通常。空港では一箱8ドルほどします。
ゆえ、健康に悪いからと禁煙した人より、金銭的なことを考えて禁煙した人の方が多いような。。。

やめるにやめられない・・・この気持ちがよくわかりませんが、そんな人たちに役立つお助けグッズなるものが昔から存在しますよね。

ニコレット
大量購入しているアメリカ人をよく見かけますねぇ(´▽`).。o○

日本だったらこれかな? おなじみ「禁煙パイポ」

p_pepper.jpg

「わたしはこれで・・・」って小指立ててるCMが懐かしい(古っw)
今では「機能パイポ」という名前で、口臭予防や目の覚めるパイポ、リラックスパイポなどがラインナップされているようです。

先日、日本の友人宅でこんな飴を発見! 「禁煙飴」

kinename.jpg

「タバコが段々まずくなる」
こんな特徴があるらしぃんですが、食べた感想を一言(・・

ι(`ロ´)ノまずい!!
ι(`ロ´)ノタバコがまずくなる前に、飴がまずいですから!

松葉エキスと松脂エキスを配合し、ニコチンを体外に排出するように働きかけてくれるんだそうですが、飴なら美味しくなきゃだめでしょ(ぉ
真面目にまずいです(==;
こんな思いしてタバコやめなきゃいけないんですかねぇと思わなくもないヽ( ´ー`)ノ

同様にこんな商品も・・・
禁煙ガム

41DdOfekz-L._AA280_.jpg

これらの商品、いずれも「禁煙補助剤」にすぎない。やはり勝負どころ(?)は、本人の意思。

あなたはどれで タバコやめてみますか(・・?
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

「要領」のいい生き方を教えなさい

022994040000.jpg

子供が小さいうちに読んでおくといい本かもしれません。
子供の心を読み、親として何をすべきか、親としてどうあるべきかを考えさせられる一冊です。

自分も子供だった時代がある。時代は違えど、同じ疑問を持つ子供たち
「なんで勉強しないといけないの?」
私もこんな質問を親にしたことがあったような(´▽`).。o○

確かに勉強だけが全てじゃない。
人間形成において、学校は不可欠な存在であるべきだし、親もここを否定してはならない。もちろん家庭も重要。

(将来の)線路を子供のためにひいてやるのではなく、子供が自分で線路をひけるように手助けしてやるのが親の役割かと。


学習意識調査:日本の小学生は中韓より「学ぶ意欲」低い
日本の小学生は中国や韓国の小学生よりも「学ぶ意欲」が低い−−。財団法人「日本青少年研究所」(千石保理事長、東京都新宿区)の調査で、学習を巡る子供の意識に日中韓で大きな差があることが分かった。近年、日本の子供たちの学力低下が取りざたされているが、中韓両国に比べ「学力」以前の「意欲」の低さが浮き彫りになった形だ。

<高校生意欲調査>「出世意欲」、日本は断トツ最下位
日本の高校生は米中韓の高校生よりも「出世意欲」が低いことが、財団法人「日本青少年研究所」(千石保理事長)の「高校生の意欲に関する調査―日米中韓の比較」で分かった。



子供たちに魅力ある世の中を、私たち大人が作り上げていかないといけませんね(^^;

満足度:★★★★☆

内容説明
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

鈍感力

51TwkVDkWML._SL500_AA300_.jpg

話題になっていたので早速♪

いわゆる「発想の転換」
これができる人は「鈍感力」が備わっているということですかね?

内容は、ごもっともなことばかり。
色々な局面において、確かにそういう考え方すれば楽よね・・と思えるのがほとんど。
じゃ、どうやって鍛えるの?・・・となると、その答えはない。

ただ文章力の良さによって、非常に読みやすい。
敏感な人が、鈍感になれず、壁にぶち当たった時に開くと、多少気持ちがすっきりするかも?
そんな本かと思います。。。

満足度:★★☆☆☆

商品の説明
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

Flushed Away

flushedaway_poster.jpg

子供向け映画なんですが、子供を連れてくる「親」をも音楽においてターゲットとしている作品。
80年代の懐かしい音楽が、ギャグとして散りばめられています。
また、他社映画のパクリギャグ(?)と思われる箇所もいくつかあるので、探しながら観ていると楽しいかもw

ドリームワークスといえばCGアニメ。
こと「水」の流れは、CGアニメとは思えないほど リアルです。
それもそのはず、製作年数は5年間(´▽`).。o○
画像「は」お見事です♪

それにしてもこの邦題・・・(またそこですかw)

満足度:★★☆☆☆

Story
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。