2007年09月01日

アメリカ自然史博物館

DSCN4705.JPG

アメリカ自然史博物館 (American Museum of Natural History)

最近で言えば、映画「ナイトミュージアム」を、ご覧になった方は記憶してるかと思いますが、この映画の舞台となった博物館がココです。
他にも色々な映画の撮影に使われています。

マンハッタン セントラルパークの西側に建つ建物は、マサニお城。
中に入ると、映画で見慣れた恐竜の化石とマンモスにお出迎えされます。

Picture 039.jpg Picture 008.jpg

創立は1869年。世界最大を誇る博物館としても有名で、展示物は なんと3,000万点以上。ほとんどが本物なんだそうです。

Picture 014.jpg Picture 023.jpg

↓あ・・・そうそう、映画に出てきた「あの方(?)」探しました。

Picture 037.jpg

その歴史を感じる建物の横に、2000年に完成したローズ宇宙センター。
そこでは、プラネタリウムやIMAXが楽しめるんですが、私のお気に入りは「体重計」

中に入ると、フロアのあちこちに体重計がはめ込まれています。太陽系惑星での体重が量れるんですけど、イチオシは「月」

|Д ̄)私の体重 わずか「8キロ」

超やせ型じゃないですか(´▽`).。o○ (違)


地下鉄の駅 真上にあるので便利ですが、セントラルパークをお散歩しながら行くのもオススメです♪
posted by mika at 22:27| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ロサンゼルス(LA) vs ニューヨーク(NY)

アメリカ東西の大都市。
同じ大都市でも、生活様式はまるで違います。日本で言うなら、大阪と東京のような感じでしょうか(・・?

いくら大都市でも、NYに比べれば、のんびりゆったりなLA。車が多いのはどちらも同じですが、LAでは クラクションの音が聞こえてくることはまずない。
せっかちなニューヨーカーは、がんがんクラクションを鳴らすせいか、こんなストリートサインがありました(´▽`).。o○

DSCN4707.JPG

罰金 高いっ!


歩行者が少ないLAでは、(歩行者は)「信号ボタンを押して待つ」←これが基本
信号が青になるのを気長に待つんですが、さすが車社会。歩行者信号、めちゃくちゃ短いです!
場所によっては、走らないと渡れませんから(-。-) ボソッ

一方、車も多けりゃ、歩行者も多いマンハッタン。おまけにせっかちw
車も人間も、信号なんか待ってません!(ぉぃ
マンハッタンと言えば「信号はあってないようなもん!」←これ・・・アタリマエです
その赤信号を、赤でも渡れるのがニューヨーカー、止まって待つのが観光客ヽ( ´ー`)ノ
よって、こんな変わったサインがあります(´▽`).。o○

Picture 004.jpg

|Д ̄)さすが「信号は守らない」が基本なトコ


↓滞在中、何度も見かけて、最後の最後まで意味がわからなかったサインがコレ。

DSCN0008.jpg

実はこれ「駐車禁止」サイン。マンハッタンの駐禁サインは3種類。
LAでも見かける「No Stopping(駐停車禁止)」と「No Parking(駐車禁止)」に加え「No Standing」
画像の「No Standing Anytime」は、いかなる時間も駐車は一切禁止という意味。
要するに、車を止めて人を待ってもいけない・・・ということですかね?

|Д ̄)立ってちゃいけないかと思ったのは内緒です
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

メトロポリタン美術館

DSCN4699.JPG

メトロポリタン美術館 (The Metropolitan Museum of Art)

通称「メット(The Met)」
5番街にそびえ立つ巨大な建物は、1870年に創立され、世界最大級を誇る美術館として有名です。
世界三大美術館の一つでもあり(ルーブル美術館、エルミタージュ美術館)、アメリカ国内では、最も大きい美術館。

現在所蔵している美術品は300万点以上といわれ、そのうち4分の1ほどが公開されいるそうです。
一日では当然観きれないわけで、じっくり観たら、1週間を要するともいわれています。私たちは、4時間を要しました。

中でもエジプト美術収蔵数は3万6000点ほどで、イギリスの大英博物館と肩を並べるコレクション。
↓巨大な空間にはこんな神殿も出現しちゃいます(´▽`).。o○

DSCN4700.JPG

そして、ここのギフトショップ・・・ただのお土産屋さんではありません。
はっきり言って、デパートです(-。-) ボソッ


5番街のこのエリア、カフェがないので、お弁当を持ってお出かけするのがオススメ♪
マイナスイオンたっぷりなセントラルパークでランチを(´▽`).。o○
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

The PHANTOM of the OPERA

phantom_opera.jpg

日本でも「劇団四季」が公演していることで有名なミュージカル「オペラ座の怪人」
私は今回で二回目(^^
もう随分前に、オリジナルキャストで観ているんですが、現在も負けず劣らず、なかなか素晴らしかったです。

Picture 041.jpg

ユニオンスクエアには、この他色々なミュージカルの劇場が点在していますが、夜になると、どこも当日券を買い求める人で長蛇の列。
この日も満員御礼の売り切れ状態でした。

マジェスティックシアターは、劇場としては小さい方。古めかしい作りが、歴史の趣を感じさせてくれます。
1988年からここで上演が始まり、現在もロングラン更新中。
2時間半という長めに思う上演時間は、あっという間に終わってしまいます。

英語がわからなくても、舞台装飾と仕掛け(?)を観る価値は、ありですよ♪

ストーリー
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

ニューヨーク・スタイル 1

日本でも、エスカレーターに乗る際「立ち位置」が、東京と大阪では違ってたりしますよね?
所変われば、色々と変わったスタイルがあるもんで、先日もこんな記事を書きました→ロサンゼルス(LA) vs ニューヨーク(NY)
他にも、ニューヨークならではのスタイルが(´▽`).。o○

<通勤>
walking shoes.jpg車社会のLAと違って、よく歩くニューヨーカーたち。
通勤もスーツにスニーカーを履いて、歩いて通勤している人たちをよく見かけます。

日本でいえば、東京で働く人と同じように、地下鉄通勤がほとんど。
駅から会社の往復はスニーカーで、オフィスでは靴を履き替える。
スニーカーなら、そのままジムへ行くのにも便利なんでしょうね。


マンハッタンにいると10ブロックくらい、簡単に歩いてしまうことから、LAで暮らすより、随分健康的。
歩いているだけで、健康的だと思いますが、マンハッタンには「健康的なファストフード(カフェ)」もあります。

Europa Cafe
マンハッタン内に12店舗。
一見 サンドイッチや飲み物を売っている普通のカフェに見えますが、ココのサラダがイチオシ♪

サラダの葉っぱだけが入っている容器を持って、Tossed Bar(?)に並びます。
トッピングの数は、ざっと30種類以上あったかなぁ?
各トッピングに料金が設定されていて、25セントのマッシュルーム等の野菜から、2ドルほどのチキン等ミートも。

仕上げは、数種類あるドレッシングの中から好きなものを選んで、別ボウルで混ぜてくれます。
それを再度容器に詰めてもらって、席で食べるのもよし、お持ち帰りもよし。

LAでは、見かけないスタイルでしたが、野菜好きの私としては、LAに進出して欲しいカフェですね♪
posted by mika at 00:43| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ニューヨーク・スタイル 2

所変わればシリーズ第2弾。「食べ物編」

日本でいうならば「冷やし中華」でしょうか。
|Д ̄)マヨネーズつけるのは中部地方だけですかね?
美味しいのに、なぜかいつも旦那からは白い目で見られます(==;

ニューヨークならではのスタイル。以下ご紹介(´▽`).。o○

<チーズケーキ>
イメージ的には、柔らかくとろ〜りとした「レアチーズケーキ」を思い浮かべる人が多いかと思いますが、ニューヨークのチーズケーキは「フォークがつき立てられる」←これが基本

牛乳や生クリームを使うレアチーズケーキと違って、クリームチーズとサワークリームが原料の60%ほどを占めているため、重い!
濃厚で実に食べ甲斐がありますヽ( ´ー`)ノ

<ピザ>
NYPizza.jpg見た目にはわかりませんが、ピザは、非常に大きく薄いのが特徴。
1スライスが大きいため、二つ折りにして、サンドイッチのように食べます。
ちなみにピザ1枚の大きさは、LAの倍以上。



<クラムチャウダー>
クラムチャウダーといえば、ニューイングランドスタイルの「白い」スープを思い浮かべますが、マンハッタンスタイルは、トマトベースの「赤」
ジャガイモが、入っていないことから「クラム(はまぐり)が入ったミネストローネ・スープ」ってところですかね(・・?




私のイチオシは、ピザかなぁ(´▽`).。o○
posted by mika at 00:08| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

新学期の季節

9月といえば、アメリカは新学期の季節。
我が家の娘も、高校入学です(´▽`).。o○

・・・とは言っても、入学式はなく、教科書を取りに行って、オリエンテーションを受けて、翌日から授業開始。
なんともあっさり新学期が始まります。。。

しかし、その前にやらなければならないことが実は満載。
(我が家は私立なため)授業料の支払い方法の手続きや父兄のミーティングが多いこと多いこと。。。
そして一番肝心なのが「予防接種」

アメリカの学校は、規定の予防接種をきちんと受けていないと、入学できません。そのため、健康診断がてら、てんこ盛りの予防接種を(´▽`).。o○

|Д ̄)両腕に合計3つw

これで無事、学校へ入学できます♪

高校生ともなると、楽しさも満載らしく、学校が始まる前にプールパーティなんかもあったり。始まってすぐには、ダンスパーティも(´▽`).。o○
お遊びばっかりで、ちゃんと勉強してくれないと困りますけどね(-。-) ボソッ
posted by mika at 03:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ロサンゼルス・スタイル?

日本は今、どんなスタイルが流行ってるんでしょ(・・?
流行の移り変わりは激しく、今年のスーツは翌年は 着られないなんてことありますよね?

個人主義で、他の人のことは我関せずなロサンゼルスでは、15年前の洋服着てたって誰からも何も言われない(´▽`).。o○
変な目で見られることもないしw

でも ちゃんと流行ってあるようです。。。

例えばコレ↓


diosun-glossy1n5a02t.jpg

画像は、クリスチャンディオールのサングラスですが、レンズが やたら大きいサングラスが大ヒット♪
セレブがこぞって使っていることから、老いも若きも(´▽`).。o○

・・・ってことで、私も娘にそそのかれて(?)買ってみました。

コレ・・・顔の小さい人には不向きかと。。。
旦那からこんな感想をいただきました→「虫みたい!」

*o_ _)oバタッ
自分でも思いますが、トンボかハエ?・・・系です(汗)


そして男性・・・というか、男の子?
ひと昔前(もっと?)、ジーンズから下着(ウエストのゴムの部分)をチラつかせるのが流行ったことがありましたよね?
別に今年の流行というわけではなく、いつの時代もあるんですが、最近エスカレートしてるような気がするんです。特にロサンゼルスw

通称「Sagging」
「サギング」といいまして「たるむ」とか「下がる」という意味です。

sagging2.jpg

多少ズボンから見えるというのは、よくあったんですけど、今はお尻の半分ほどが見えてます(-。-) ボソッ
ちなみに年齢問わずで、さすがに40代はいないと思いますが、30代くらいの人まで見かけます。

仕組みがわからず、落ちないんだろうか?と、いつも思うんですよね(苦笑)
それにしても、だらしがない(-_-)フッ
posted by mika at 00:08| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

エンパイヤーステートビル

Picture 063.jpg

ニューヨークへ行けば、誰もが訪れる場所。9・11同時多発テロ以来、このビルに昇る(?)のもセキュリティが厳しく、空港並みです。

東京に住んでいる人が、東京タワーへはあまり行かないのと同じく、ここも住んでいると、特別行くところではなかったような。。
元住人の私も、今回で2回目のような。。。

Picture 051.jpg Picture 052.jpg

アップタウン。森のように見えるところが、セントラルパーク。

Picture 060.jpg Picture 061.jpg

ダウンタウン。遠くにかすんで見えるのが、自由の女神。

なんせ巨大なビル。地下鉄でその場所に行くと、どこにあるのかわからない*o_ _)oバタッ
この辺かな?・・・と見渡すのではなく、見上げてもビルビルビル!
ビルの入り口は、非常に「普通に」存在してますw

86階の展望台へは、80階で一度エレベーターを乗り換え。
階段でも行けますが・・・・たかが6階・・・されど6階(-。-) ボソッ

|Д ̄)甘くみちゃいけません←経験者w

ここからマンハッタンを一望するのもいいですが、他からこのビルを見る楽しみもあります。
季節によるライトアップカラー

本日9月11日は、同時多発テロのメモリアルとして、アメリカの国旗(赤、白、青)色になります。。。
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

ダークチョコレート

ダーク(ビター)チョコレートとは、ミルクが入っていない、カカオが40〜60%入っているチョコレートのことを一般的にいいますが、最近ブームなのがカカオ70〜90%の低糖ダークチョコレート。
おまけにカカオ成分70%以上のチョコレートなら、ダイエットもできちゃう「優れもの」・・・だそうで、そのせいか(?)色んなダークチョコレートが発売され続けています。

我が家も、数年前からチョコレートは「ダーク」に変えて、すっかり定着。にきび盛りな娘には、「ミルクチョコレートは、にきびが増えるのよ」と、大嘘ついて、低糖ダークに(´▽`).。o○

|Д ̄)嘘も方便といいます(よね?)

先日の旅行で、Hershey's Times Squareへ行ったんですが、そこで見つけたダークチョコレートが絶品♪
まだ我が家近辺では、残念ながら見かけたことがなく、大量購入しちゃいました。

three-bar.jpg

カカオ成分が程よく、甘さが口に残らないのが好きです。
お試しあれ(´▽`).。o○
posted by mika at 06:12| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

freeze 24-7

Picture 002.jpg

freeze 24-7 インスタントスムーザー・アンド・ブライトナー

要するに、クリーム系フェイスパウダーのようなものかな?

もともと顔色の悪い私は、いつもフェイスパウダーなるものを使っています。つけたその時は、当然明るくなるものの、つけなければ、顔色は悪いまま。スッピンでいることがほとんどのため、顔色がよくなる化粧品となると、目が輝いてしまいます♪

使い始めて、ほぼ1ヶ月。それなりの効果があるような ないような(´▽`).。o○
容器の面白さと、饒舌なセールスマンにつられて、思わず買ってしまいました(苦笑)

確かにつければ、かなり明るくなります。お肌もスムーズで、何より効果的なのは、気になる毛穴が隠せることかな。
「どうせつけた時だけでしょ?」と、セールスマンにも念押ししたんですけど、使い続ければ、どんどん顔色も明るくなるし、シワやシミも目立たなくなると(´▽`).。o○

|Д ̄)年とると お金かかりますね


そもそも、このブランドの火付け役は「セレブ」
リップ・プランパーは、ブラピの奥様、アンジェリーナ・ジョリーもお使いだとか。
「ボトックス」効果が得られる化粧品として、皮膚の衰えが早い、白人社会で大ヒット。

我が家の娘は、にきび予防に・・と「クレンザーマスク」を購入。
これは効果ありで、着実に減っています。

一部日本でも発売されているようなので、お悩みの方は、試す価値・・・あり・・・かも(・・?
posted by mika at 00:38| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

自由の女神/エリス島

DSCN4678.JPG

ニューヨークのシンボル(?)自由の女神。
アメリカの独立100周年を記念して、フランスより贈呈され、1886年に完成しました。高さは46.05m、台座の部分も含めると93mもあります。体重(重さ)は、225tと、実に巨大(´▽`).。o○
下から見上げると、その巨大さがわかります。

|Д ̄)足(足の裏)が巨大ですから。。。


フェリーでここに来ますが、そのついでに「エリス島」へも行かれるので、結構お得♪

エリス島には、外国からアメリカに来た 多くの移民者と難民を収容していた施設があります。
ここは「アメリカの玄関口」
この島を通過できなければ、アメリカの地を踏むことが、できなかったんですね。。。

DSCN4684.JPG DSCN4680.JPG

画像(右)の大広間は、入国審査場だったんですが、当時は、ここに椅子が並べられ、多くの人たちが順番待ちをしていたそうです。その椅子も展示されていました。
↓これが当時の画像

DSCN4682.JPG

ものすごい数(*゚‐゚)ぼぉー・・

当時の様子をわかりやすく展示しているので、アメリカの移民の歴史を知る上では、一度は訪れた方がいい場所ですね(´▽`).。o○
posted by mika at 05:48| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

センチュリー21

|Д ̄)不動産屋ではありません

マンハッタンにいると、「センチュリー21」と書かれた袋を持っている人をよ〜く目にするんです。私の頭の中は、センチュリー21といえば、不動産屋さん。いったい何を買っているやらと、頭の中は?????ヽ( ´ー`)ノ

謎が解けたのは、グランドゼロへ行った時でした・・・。

DSCN0040.jpg DSCN0042.jpg

この巨大な空間に、再度ビルを建てようと、工事が進んでいました。その巨大な空間に、ニュージャージー行きの電車の駅だけが真新しく、何だか不思議な光景でしたねぇ。。。

・・・で、このWTC跡地の目の前。ありました@センチュリー21(^^
週末だったこともあり、ものすごい人ヽ( ´ー`)ノ  

century21.jpg

センチュリー21とは、いわゆるディスカウントショップ。老舗なんだそうです。通常価格の3分の1くらいで売られているんですが、ブランドショップが立ち並ぶ5番街に負けず劣らずな人ごみぶりw

どうしてこんなに買い物する人が多いのかw その謎は消費税にあり(´▽`).。o○

消費税は、全ての商品を購入する際に、加算されるものですが、ニューヨークでは、洋服や靴・・・身に着けるものに関しては、100ドル以下(未確認)は無税!
買わなきゃ損よね(´▽`).。o○

えぇ買いましたけど なにか? (-。-) ボソッ
posted by mika at 02:43| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

ニューヨークの地下鉄

DSCN0010.jpg

危険な場所で名高い(?)ニューヨークも、15年前より地下鉄はきれいになってるし、治安が随分よくなっていると感じた。
しかし、自分の身は自分で守れが基本な国。ニューヨークには、こんな法律があったヽ( ´ー`)ノ


えっ!地下鉄で居眠りは「違法」
市交通局によると、「違反行為1050・7項、第C条」で、「地下鉄内で眠ること、うとうとすることを禁じる」とある。
理由として、「居眠りは、居眠りする人とその周囲の人々に危険を招くから」と明記されている。
要するに、「居眠りする人の安全まで市は保証できません。自分を守るのは自分


もし日本にこんな法律があったら・・・柱| ̄m ̄) ウププッ

DSCN0009.jpg

昔は、トークン(コイン)を入れて、バーをくぐり地下鉄に乗る方法でしたが、今はこんな(↑)ゲートをくぐる駅もあります。
トークンが消えて、今は磁気カード(↓)

MetroCard.jpg


この切符(?)には、おもしろいルールがある(´▽`).。o○
名付けて「10分ルール」

磁気の部分をスキャンして駅の中に入ります。駅員さんに見せることもなければ、降りる駅で切符を回収することもないのがアメリカ式。
写真は、一日券のメトロカードなんですが、最初にスキャンした時間から、10分後に「また」使えるんです。(恐らく一日券のみ)

つまり、10分待ちさえすれば、何人でも使い放題(´▽`).。o○
一枚のカードで2・3人乗っている光景を結構目にするんです(コッソリ

一人がスキャンして中に入り、駅の外(柵の外)にいる人に手渡し、自分は電車に乗る。10分後、次の人が同じ切符をまたスキャン。
降りる駅で切符を回収しないことから、こんなことができるんですねぇ。。。。

|Д ̄)さすが大雑把大国

しかし、この10分ルールに悩まされることしばし(==;
スキャンして、鉄格子のようなゲートを押して駅に入るんですが、入り損なうと、10分間は再度カードが使えない。
駅で10分待たなければならない(*゚‐゚)ぼぉー・・

こうやって、家族三人、駅の中と外・・・鉄格子を挟んで離れ離れになったことが数回(´▽`).。o○
これもいい思い出笑い話♪
posted by mika at 14:18| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。