2008年04月01日

言葉の性別

どこの国の言葉にも「男性言葉・女性言葉」というのがあるように、「ゲイ(Gay)言葉」ってのがあるんですかね?
そういえば、英語にはあるよね・・・と、最近気づいた。

「fabulous」
すごいとかすばらしいという意味なんですが、男性は使わない言葉。
おまけによーく考えてみたら自分も使わないヽ( ´ー`)ノ
つまり女性も(あまり)使わない言葉。

「delicious/yammy」
美味しいという意味ですが、どちらも男性同士の会話では、使わない言葉。
使うとすれば「good」で、表現しましょう。

「hot」
男性が、綺麗な女性に対してよく使う言葉ではありますが、洋服を誉める際は、男性が使う言葉ではないんだそうです。
使うとすれば、これも「good」で、誉める。

そして頻繁に「oh my god!」

上記、間違った使い方をすると、間違えられる可能性ありw
男性陣、おぼえておくといいかもしれませんよぉ(´▽`).。o○
posted by mika at 00:03| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

リップサービス

リップサービスとは、口先だけで調子のいいことを言うこと。「お世辞」ですね(^^;
ねぎらいの言葉ってのは、そうとわかっていても、うれしいもの。

「いつもおキレイですねぇ」
「そんなことありませんわ」

日本人ならこんな会話になりますが、アメリカ人は、誉め上手&誉められ上手ヽ( ´ー`)ノ

「今日の貴女ステキね」
「ありがと」

昔は「そんなことありませんわ」に値する英語が思い浮かばず、クビを横に振って笑っていただけでしたが、今では素直に「Thank you」
遠慮することはないのだ(´▽`).。o○

アメリカ人は、自分に害がおよばない程度に人を誉めるのが上手なんだと思う。
日本人が下手というわけではありませんが、ヤメときゃいいのに・・と思うのが、「今度」連発w

今度食事でも・・・」
「通販で買ったんだけど、美味しかったから今度送るわ・・・」
「あそこのレストラン美味しいから今度ご一緒しましょ」

確かに、日本ではよく耳にする。
おまけに一生来ない「今度」が結構あるある(´▽`).。o○
(自分もあるかも・・・)

アメリカ人っていうのは、自分を守るのが上手ですからね。
「今度」と約束しておいて、その「今度」がなかった場合、約束を破ったことになる=自分の信用度が下がる
そんな危険なリップサービスはしないってことかと。

誉め上手な人は、誉められ上手かと(´▽`).。o○
posted by mika at 00:01| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

Enchanted

enchanted_poster.jpg

白雪姫、眠れる森の美女、シンデレラの3大プリンセス物語の集結(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
子供向け映画ではありますが、ストーリーの発想が面白く、大人でも十分に楽しめます♪

映画の中に、他のディズニー映画を見つけられる要素が含まれていることが、実にディズニーっぽい。
お店(レストラン)の名前が「ベラ・ノッテ」だったり、映画「リトルマーメイド」で使われた曲がかかっていたり。
セントラルパークでのミュージカル風味なシーンは、まさにディズニーランドのパレードを見ているかのようヽ( ´ー`)ノ

ピクサーに押され気味のディズニーでしたが、久しぶりにディズニーらしいディズニー映画を見せていただいたような気がします。
CG映画は、ピクサーに任せて、これからのディズニーは、この映画路線でいったらどうですかねぇ(´▽`).。o○

満足度:★★★★☆

あらすじ
posted by mika at 00:08| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

ほらね(・・;

こういうことが起きるから、銃所持に反対というか、責任のある所持していただきたいと常々思ってきた・・・。

7歳児童が弾丸入りの銃2丁を持って登校
米メリーランド州の小学校で、1年生の児童が学校に弾丸入りの銃2丁を持って来る騒ぎがあった。
児童はその前日までボルティモアの親類の家に泊まっており、玩具だと思って銃を教科書と一緒にかばんの中に入れ、学校に持ってきたらしい。


児童に罪はない。
管理する大人が罪に問われる「べき」

というか、玩具と間違えるほど、デキの悪い銃なのか、最近の玩具のデキがいいのか(*゚‐゚)ぼぉー・・
posted by mika at 00:19| ロサンゼルス ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

現代のコミュニケーションツール

「携帯電話とPC」…というか「ネット」なしでは、大人だけでなく子供までもが生きていけない時代。

ジェネレーションZが会社にやって来る
今年の新入社員は例年に輪をかけて厄介らしい。ヨチヨチ歩きの時からファミコンで遊び、中学生の時から持っているケータイで卒論まで書いてしまう。そんな「ジェネレーションZ」の“第1期生”が、アナタの会社にやって来る!


厄介って、ひとまとめにしちゃうのも、どうかと思いますケドね。

挨拶「おはよう」をメールで、先生への質問をメールで、上司から部下への指示をメールで。
顔をあわせて言葉を交わさずとも何でもできる時代。これが許されるのであれば、話すのが面倒な人にしてみれば、煩わしさもなく、何とも便利。
我が家でも、話すのが面倒ではなく、動くのが面倒(部屋が遠い)で、同じ家の中にいるにもかかわらず、今でもたまにメールやIMで話をすることが(*゚‐゚)ぼぉー・・

|Д ̄)なんとも味気ないです

「ネット」は、大人たちだけでなく、子供たちの生活も変えた。

ネットやケータイは子どもの日常をどう変えた?
大きく変わったのはコミュニケーションのスタイル。最近の10代によく見られるのが、コミュニケーションツールとしてケータイやネットを利用するのではなく、それらがあるがゆえにコミュニケーションが発生するという逆転現象


lxr20080222_8.jpg


アメリカの子供たちは「まだ」ここまで行ってないと思いますが、いずれ・・・は。
その前兆なのか、娘の学校でも携帯電話の件については誓約書を書かされているほど。(教室内への持ち込み禁止など)
家の中にいても、携帯を持ち歩いてたりしますからねヽ( ´ー`)ノ
私自身も携帯がないと生きていかれませんが、ここまでは・・・。

そして気になる通話料と理由(´▽`).。o○

中学生以下のケータイ利用料金、“3000円以下が適正”
中学生以下の子供に携帯電話を持たせる一番の理由は、「防犯上の問題から」が33%、「連絡を取るため」が30%となり、親が携帯電話を通じて子供の行動を把握したいという思いが強いことがうかがえた。


どこの国も一緒ですねヽ( ´ー`)ノ
GPS機能つきの電話があるように、やはりまだ子供。親としては行動を把握したいというのが本音ですよね。
携帯電話は「お守り」みたいなもんですかね?(笑)
料金かかりますが(*゚‐゚)ぼぉー・・

我が家もスゴイです!
超過料金こそありませんが、メールが毎月1000通を超えてるって(*゚‐゚)ぼぉー・・

会話は「文字」な時代っ子なんですかね?(苦笑)
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street

sweeneytodd_poster.jpg

さすがティム・バートンヽ( ´ー`)ノ な映画です。
ものすごく残酷で、血生臭い映画なんですが、美しいく見えちゃうところが、彼らしい映像の作り方かと。
ミュージカル映画でなければ、ただの気持ち悪い映画なだけです(*゚‐゚)ぼぉー・・

見ていると単なる復讐劇に思えますが、意外な展開を見せます。
最終シーンは「まさか!・・・」と( ̄ー ̄)ニヤリ

オススメですが、しばらくミートパイが食べられなくなりますorz オエェェェ

満足度:★★★☆☆

あらすじ
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

タイヨウのうた

20060322001fl00001viewrsz150x.jpg

透明感のある歌声とストーリーに胸が熱くなる映画です。

純愛映画って、ほんと…人を死なせるのがお好き。・゚・(ノД`)・゚・。
なので、ストーリーに新鮮さはありません(^^;
主人公は、確実に死に向かっていく病気ではありますが、「死」をポイントにしているのではなく「生」をポイントにしているからか、病気と闘い、苦しんでいる姿は全くありません。

そのせいか、本人はいずとも残してくれたものの大きさが、亡くなった寂しさや悲しさを吹き飛ばしてくれます。
そういう意味では、号泣ものの純愛映画とは一味違います。

満足度:★★★★☆

あらすじ
posted by mika at 00:06| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

国の常識

世の中 色んな国がある。
海外旅行をする際は、その国の常識を多少なりとも勉強しておかないと、大変なことになることもあるよねぇ(*゚‐゚)ぼぉー・・

例えば日本だったら・・・「部屋に入る前に靴を脱ぐ」・・・とかね。

うちの子供が、過去にイキナリやりました*o_ _)oバタッ
母慌てる(汗)

まぁこのくらいは 子供だし かわいい(^^;
しゃれにならないのが、お巡りさんに捕まった時@車

アメリカで免許を取得し、旦那に真っ先に教わったこと・・・

捕まっても、絶対ドアを開けるな
(日本でも同じなの?)

スピード違反などで止められ、車を道路脇に寄せた場合、お巡りさんが近づいて来ない限り、ドアを開けて外に出るなと。来るまで、車内で待てと教わった。

|Д ̄)イキナリ外に出ると発砲される恐れあり・・・なんだそうな。

それからカメラ。
政府機関等、カメラの持込が禁じられている場所があります。しかし、今の世の中、カメラ機能がついていない携帯電話などほとんどない。
つまり携帯電話自体「も」持ち込めないということ。

|Д ̄)うっかり持ち込むと大変なことになります

移民局で、何人も見たことが(*゚‐゚)ぼぉー・・
(カメラ機能のついていない携帯電話は、もちろんOK)

↓他にもこんなことが・・・。
もし海外で逮捕されたら どう対処すればいいの?
日本では特に問題ない行為が国によっては犯罪になる・・・こともある。


覚えておくといいかもしれませんね(´▽`).。o○
posted by mika at 00:10| ロサンゼルス ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

女性の品格

女性.jpg

品格本・・・流行ってる(流行ってた)んですか?
男の品格という本もあるそうですよ。
国家の品格は、購入済みなので、そのうち(´▽`).。o○

読んでいて思いましたが、女性の品格のよさとは、やはり”奥ゆかしさ””慎ましやかさ”・・・「大和撫子」ですかね?
三歩下がって歩くとか、三つ指ついておかえりなさいませとか、こういう時代の女性が身に着けていた品を好しとするんでしょうね。

現代人である私たち女性が、社会へ進出するにつれ、昔ながらの品が欠けてきた。
これじゃいかんだろ!古きよき時代の女性を思い出せ!
そんな感じな本です。

でもこれだとただ古臭いだけです。でも基本がなっていないと崩すに崩せませんからね。マナー本として、手元におくには非常にいい本だと思います。そして今の女性としてのスパイスを加える。

何事も「基本が大事」といいますが、品格も同じですね。
基本の品格があれば、TPOによって使い分けができるかと。
それでいいんだと思います。

この本に出てくる品のよい女性は、強く・賢く・たくましいです。
私はそこに、女性としての「かわいらしさ」を加えたいです。

男女問わず、ふとしたところに、品の高さが垣間見れる人、マナーの良さを感じる人。
そんな人と一緒にいたいし、自分もそうなりたい(´▽`).。o○

満足度:★★★☆☆

内容紹介
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー (書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

Stardust

stardust_releaseposter.jpg

ベタなファンタジー映画。
ストーリーがベタな分、映像でカバーできてたのかもしれませんが、DVDではそれも効果がなかったわけで(*゚‐゚)ぼぉー・・

|Д ̄)大物揃いだったのが救い・・・かな?

一番の見所は、ロバート・デ・ニーロとミシェル・ファイファー。
この二人の大物俳優の捨て身な演技は、必見の価値ありです。

ロバートデ・ニーロのちょっとあふぉっぽい女装、ミシェル・ファイファーの変貌(老化)ぶり。
これは、実に見ごたえがあった(´▽`).。o○

それにしても、ミシェルは50歳。全然見えない(・・;
女性にとって、老化は世にも恐ろしいこと。永遠の若さを手に入れたいとは思います(シミジミ
が! 50歳には50歳の美しさがある・・・と確認できる映画です♪

がんばりまひょヽ( ´ー`)ノ

満足度:★★☆☆☆

あらすじ
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

La Vie En Rose

lavieenrose_finalposter.jpg

フランスで最も偉大なシャンソン歌手の一人。彼女自身を知らずとも、曲を聞けば知っている人は、多いんじゃないですかね?
ただ映画を見る上で、多少知識がないと、時代軸があちこち飛ぶので、ついていけなくなりますので要注意。

それにしても、こういう生い立ちだからこういう人生になるのか、こういう人生を歩んだ人の生い立ちってこういうもんなのか・・・・。
すごいです(*゚‐゚)ぼぉー・・
才能がある人は、幸薄いんですかね(・・?

見て納得、聴いて納得できる映画です。
アカデミー賞(主演女優、メイクアップ)は当然。
彼女なくしては、この映画成り立たなかったかもですね。
どうぞホンモノと見比べてみてください♪



満足度:★★★★★

あらすじ
posted by mika at 08:04| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

落ちこぼれ大国

全米の50大都市、高校の卒業率50%割れが17都市
全米の50大都市が管轄に置く公立高校で、卒業率が50%を割り込んでいる所轄が17都市に上ることが、米非営利団体が4月1日に発表した調査結果で明らかになった。近郊部や地方よりも、都心部の方が卒業率は低い傾向も判明した。


肥満大国の次は、落ちこぼれ大国なのかし(*゚‐゚)ぼぉー・・
問題改善を求めるって、どう求めていくんだろ(・・?

日本の場合、出席日数が足らず、留年することはあっても、成績で留年することはないはず。しかし、アメリカでは、出席日数に関係なく、成績が一定のレベルに達していない場合、留年することもあります。(学校区によって違う)
記事は高校ですが、小学生ですら卒業できない子供も実は多いのが現状。

日本は生年月日で学年が決まりますが、アメリカは学力や体力に合わせて、学年を上げたり(飛び級)下げたり(留年)できるので、何年生まれだから何年生とは一概に言うことができません。

留年の利点は「早生まれ」にあり。
たとえば 小学校1年生。4月の入学式の時点で、4月生まれと(翌年)3月生まれでは、すでに1歳の差がついていることになります。それでも「同じ」1年生。

子供の1歳の差は、体力学力ともに大きいです。
そういう意味で、アメリカでは、あらかじめ留年からスタートする子供も多くいます。
恐らく、子供の数年は、その後20−30年経ったら大差ない、という考えからだと・・。

自分のレベルに合わせて勉強ができるというシステムは、アメリカにおける教育システムの利点でもあります。
学力レベルの高い子供はどんどん飛び級させ、それに満たない子供は、留年させることが、ひとりもおちこぼれを出さないという教育目標。
とはいえ、世界的に見ても、アメリカのレベルってのは、低いんですけどね(・・;

日本のように「留年」に対して悪いイメージはあまりなく、むしろいいイメージがある。
登校拒否になるより、留年した方がマシ。留年されてはどうですか?と、学校側からすすめられることもあるという。

おちこぼれを出さず、すべての子供たちに高い学力を。そんな想いから、留年を長年OKしてきましたが、残念なことに年々学力は低下。

|Д ̄)甘やかしすぎたってことですかね?

posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

アイスコーヒー

(基本的に)|Д ̄)アメリカには ない

初めてアメリカの地に足を踏み入れた時、あまりの暑さにアイスコーヒーが飲みたかった。
メニューも見ずに、迷わず注文。日本では、アタリマエにありますからね。
「どこにでもある」・・・と思って注文しました。

ところ〜が・・・出てきたものは、ホットコーヒーと氷の入ったグラス。
ぇ・・・何か違うような(*゚‐゚)ぼぉー・・

当然ガムシロップなどありませんから、ホットコーヒーにまず砂糖を入れて、混ぜ混ぜしてグラスに注ぐ。

|Д ̄)こんなアイスコーヒー初めてでした

というか、この経験で、この国にはアイスコーヒーがないんだと自覚。

あれから20年以上。
今でもレストランのメニューにアイスコーヒーはない。
なので、アメリカでは「ホットコーヒー」と注文することはありません。
コーヒーは「熱い」が基本のようです(^^;

それでもスタバの出現により、アイスコーヒーが浸透してきたんですかね?
宿敵マクドナルドにアイスコーヒーが登場しました(´▽`).。o○

0zh2d97i.jpg


より一層 熱い戦いになりそうなスタバとマクドナルド♪
posted by mika at 08:07| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

ついぞここまでw

つい先日、ネットで墓参りができる・・・と驚いたものですが、ネットで葬式に参列できちゃうサービスも登場。

「葬式」を生中継する有料ネット放送、英国で開始
事情があって葬式に参列できない人が故人をしのぶことができるよう、葬儀の模様をインターネットで中継する有料放送が1日、英国でスタートした。
同放送は、ウェズリー・ミュージックが運営。教会に設置したカメラによって葬儀のもようをウェブ中継し、視聴ごとに課金するペイ・パー・ビュー方式で75ポンド(約1万5000円)前後の料金を課す。
中継を希望する家族は、同社から付与されたパスワードを知り合いに教えることで希望者のみが放送を見られる仕組み。プライバシーは守られるという。
(ロイターより)


遠くにいる人には、確かに便利そう。
記事を読むと、中継希望する家族のみが、パスワードを知っていることになる。
家族のみが知り合いに知らせることができるってことですよね?

あの人には教えているのに、私には教えてくれなかったのよ(ヒソヒソ
・・・なんてことになりそう(´▽`).。o○

そして、パスワードをもらった知り合いは、そのまた知り合いに教えることができちゃうんだろか?
この料金は、見る人が払う料金なんですよね?
そうじゃなきゃ、パスワードもらった人、みんな見れちゃう(´▽`).。o○

他人の葬儀など どうでもいいでしょうが(-。-) ボソッ

それにしてもなんとも味気ない時代。
便利便利と喜んでいいのかどうかは、複雑です(==;
posted by mika at 00:40| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

「タスポ」の未来やいかにw

「タスポ」利用は愛煙家の3割、先行導入の2県
2008年4月13日現在の協会の集計によると、タスポ申込者は217万674人で、国内の喫煙人口2600万人に対する普及率は8%にとどまった。


自販機がだめなら、コンビニがあるさヽ( ´ー`)ノ・・・ってことですよね?
大人の愛煙家には、ただ迷惑(面倒?)なだけですしね。

そもそも機械に人を管理させようってのが間違いであって・・・。
どうせするなら、コンビニにタスポ導入とか、タバコを一箱1000円くらいにしちゃうとかw(ぉぃ

これって銃規制と同じだと思う。
タバコを買いたい人間は、どんな手段を用いても買うのではないでしょうかね?
ナイよりはマシってことで、とりあえず無駄になってないことを願う。。。
posted by mika at 00:19| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

それぞれの MOTTAINAI

「環境 3R」
Reduce(ゴミ削減)
Reuse(再利用)
Recycle(再資源化)

これを繰り返し行う環境活動「MOTTAINAI

モノが溢れる時代の中に生まれ育った私たち。そんな私たち世代も、生活の中にだいぶ「MOTTAINAI」が浸透し始めているような。

モノが溢れているからこそ、モノを使わないようにする。
以前書きましたが「マイバッグ」や「マイお箸」が、まさにそれかと。
便利なモノが色々ある時代だからこそ、使わなくてもいいモノは使わないようにして、ごみを増やさない(Reduce)ようにする。

そして私もだいぶ板についてきたRecycle運動。
どんなごみであろうと、まとめて一緒に捨てていい国ではありますが、やらないよりマシと思うようになり、今年からきちんと分別するように。

|Д ̄)どこまで役に立ってるかは謎ですが

しかし「Reuse」に関しては、ふと思うことがあった・・・。

我が家は、3世代が暮らす家族@義母(80歳)、私たち夫婦、子供
世代の違いなのか、たまたま世代が違っただけなのか、その人の性格なのかはわかりませんが「Reuse」の理解が微妙に違う。

私たちは、モノが溢れる時代に育った人間。「使い捨て」という便利なモノが溢れる中に育った。
一方義母の世代は、モノがなかった時代の人。そんな世代の人にしてみれば、使えるもんは何でも使い、使い捨てずに再度使用(Reuse)する世代。
これを果たして「Reuse」としていいのか?と。

一番いい例が、プラスチックの再利用。
ペットボトルやジップロックバック、ストローを洗浄して再度使用する。特にストローは、きちんと洗えるわけがなく、衛生的によくないような気がする。
私は、使い捨てで生まれてきたモノは、使い捨てすべきだと思っています。そして再生されればいいのかと・・・。

プラスチック再利用の危険性に関しては、何度となくニュースにあがっているわけで・・・。

米政府機関、プラスチック原料物質の安全性に疑問符
化学物質の危険性などを調査する「米国家毒性プログラム(NPT)」は15日、哺乳瓶などのプラスチック製品に使われる化学物質のビスフェノールAが、ホルモン異常に関係している可能性があるとする報告書草案を公表した。



MOTTAINAIの3Rに、もう一つの「R=Repair(修理)」を加える。
RepairできるものをReuse(´▽`).。o○
そうでないものは、Recycleでいいんじゃないですかね?
posted by mika at 00:07| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

ホットドッグ

foods_0074.gif

アメリカといえば、ホットドッグ(なの?)

年間一人当たり60本を消費しているという「国民食」
毎年Nathansで行われる「早食いコンテスト」でも有名な食べ物かと。

スポーツ観戦しながら食べるのは当たり前で、当然家庭でもよく食べ、子供たちは大好き♪
料理の手間も省けて、お母さんたちにも人気なのかもw

でもいつも疑問なんです。。。(画像ご注目)

0418080731a.jpg 0418080732a.jpg

ホットドッグ用のパンは8本入り。
しかしウインナーは10本入り。
ウインナーを消費するには、パンが足りない。

|Д ̄)パンをもう一袋買えと?

いつもウインナーが余り、数を同じにしてくれればいいのにと思うこと早十数年。
これは パン屋の陰謀だ(´▽`).。o○

こんなこと思う人・・・・私だけですかね?(^^; (仲間募集♪)
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

タレントショー

お笑いのショーではありません(^^;
「私のこんな隠れた才能見せちゃいます」みたいなショー。

どこの学校でもあるわけではないと思いますが、娘の通う(通っていた)学校では、年に何回か行われています。

今日日の子供たち、学校以外で学習(習い事)している子は多い。
ピアノ・バイオリン・ダンスなどなど。
そういった 学校では普段見せることのない才能を披露する場を、学校が設けてくれる。

学校によっては、オーディションがあったりするほど、子供たちには人気な行事なんだそうです。
もちろん、この日のためにバンドを結成したり、ダンスチームを作ったり。
衣装も子供たちの自作だったりして、結構見ごたえもあります。

審査がある学校もあるようですが、どちらかといえば、参加することに楽しさがあるショー。
この日のために、一致団結して練習している 生き生きとした子供たちの姿を見ていると、毎日毎日勉強漬けで、いい息抜きになってるんだろうなぁと思った。

子供たち一人一人には、個性があります。
それぞれに それぞれの才能があります。

一人一人が「タレント」なんですね(^^
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

あかね空

20070301001fl00001viewrsz150x.jpg

久しぶりに のんびりまったりと、時代劇を楽しみたい方にオススメ♪
たまには、こういう あたたかい映画、いいですね。

おふみ(中谷美紀さん)の口癖「平気、平気」
単純な言葉ですが、実に頼もしく、愛情たっぷりな言葉だと思いました。
周りの人に、どれだけ安心感を与えていたか。。。

下町の人情、家族・親子・夫婦愛。
「功徳」とは・・・そんなことが学べる映画です(´▽`).。o○

満足度:★★☆☆☆

あらすじ
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

4TEEN

51NRAVKV82L._SL500_AA300_.jpg

爽やかな、青春小説。
自分が女だから、ティーンな娘の考え方は、手に取るようにわかるけど、ティーンの息子がいないせいか、14歳の男の子の思考回路がわからなかった。でも、こんなこと思ったり、考えたり、悩んだりしてるんだって 参考になりました(^^

読み手の世代によって、色々な感想が出るかと思うけど、同じ14歳が読むとどんな感想になるんだろ?
ちょっと興味がある(´▽`).。o○

彼らが 自転車で下町を駆け巡る「風」を感じられる本です。

満足度:★★★☆☆

内容
posted by mika at 00:55| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。