2008年09月01日

家族で使おう エコバック!

エンビロサックス[ENVIROSAX]

↓べつにヤフーショッピングの まわしもんではありませんが、日本で大人気なんだとかw
「セレブ女優愛用!」 エコバッグ

きっとこうやってうたえば、爆発的に売れるんでしょうね?
セレブ女優って・・・・キャメロンディアスだけ?(-。-) ボソッ でもきっと売れる(´▽`).。o○
だって、私が使ってるエコバック・・・私「が」使ってても、こんな人気にはなりませんから(´▽`).。o○ (アタリマエ*o_ _)oバタッ)


エンビロサックス社のサイトを見て思った。
↓これ

MK.P.D-2T.jpg

5個セットで買えるようになってます。

そう・・・最近こんなことがあった。。。
エコバック一つ持って買い物へ行く。ところが予想以上に買い物をしてしまって、バッグに入りきらなくなり、結局スーパーの袋を使うことに。。。

鞄に入れて持ち歩くのは一つだとしても、車の中に5個くらいいれておくと、便利かも・・・と「今頃」(えぇ今頃w)気づきました♪

そして私のエコバッグは、旦那が嫌う!(* ̄m ̄)プッ←女っぽいから持ちたくないとw
ここなら無地のエコバックあり(´▽`).。o○
子供用もかわいいし♪
ちなみに我が家の娘は、エコバックにバレエシューズを入れてダンス教室に通ってます^^

家族でエコ(´▽`).。o○
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

21

21_dvd.jpg

マサチューセッツ工科大学の天才学生たちが、ラスベガスで荒稼ぎしたという実話。
天才だからこそできる「賢いべガスでの遊び方」っていうんですかね?
犯罪ではないので、逮捕されてはいませんヽ( ´ー`)ノ

それにしても、ブラックジャックがさっぱりわからない私には、最後の最後まで、トリック(?)は、わかりませんでした(*゚‐゚)ぼぉー・・
予備知識が必要です(苦笑)

どことなく、映画「オーシャンズ13」を思い出しますが、大学生(若い)がゆえ、「かっこよさ」には欠けてます。

「金に欲がくらむと、大事なものを失いますよ」っと教えてくれます(´▽`).。o○
というか「また」ですが、この邦題何とかして(*゚‐゚)ぼぉー・・

満足度:★★☆☆☆

あらすじ
posted by mika at 01:06| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

ぼくちゅう.jpg

ハチャメチャ楽しい映画です。
熱い青春映画って感じかな?
違う意味でティッシュご用意ですw←涙ではなく、飲んでいる飲み物を吹き出すため(ぉぃ

タイトル700日とありますが、実は映画の中は100日程度なんだそうです。
ということは・・・・・続編を激しく期待(´▽`).。o○

しっかし、男の子っていうのは、くだらないことを・・・・・以下自粛。
息子おりませんが、男の子のいたづらの裏側には、大人には見えない、色んなことが隠されてるのかな?って、思いました。そのいたづらに真剣になっちゃう駐在さんが、これまた最高♪(現実アリエナイw)

セットや音楽にも「ウケ」が、織り込まれてます。
石野真子さんが出演してるんですが、彼女のシーンのBGMに持ち歌が流れたり、背景には、コンサートのポスター貼られてたり(´▽`).。o○
ウオークマンに赤いダイアル式の公衆電話。
きっとこの世代(どの世代?)には、懐かしく思える映画でもあります。
男性は、同じようないたずらをしてたりしてw(笑)

実話を基にした“半”フィクションのブログ小説なんですが・・・→ぼくたちと駐在さんの700日戦争
どのへんが実話で、どのへんが嘘なのかが、非常に気になる映画です(´▽`).。o○

満足度:★★★★★

あらすじ
posted by mika at 00:18| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

Across the Universe

acrosstheuniverse_poster.jpg

映像、音楽ともに抜群なんですが、ストーリーがよくわからない(´▽`).。o○
単なる「ベタなラブストーリー」←これでいいんだろか?
きっと青春満喫世代に「は」わかるんでしょうね(´▽`).。o○

映画というより、音楽が楽しめます♪
ビートルズファンは、必見の価値あり(´▽`).。o○
大体、タイトルや 登場人物の名前が、ジュード(Jude)、ルーシー(Lucy)・・・これだけで、どんな曲が飛び出すか想像がつくでしょ?(笑)

満足度:★★☆☆☆

あらすじ
posted by mika at 01:24| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

成長した(-。-) ボソッ

2008年08月29日←この日からw

tushinbo_img.png


たった9日で、7歳も(´▽`).。o○
喜ぶべきなんだろか?

なんか面白い♪


posted by mika at 16:02| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

アニマルポリス

すっかり定着した「モンスター○○」という言い方。
「モンスター飼い主」ってのもあるようです(苦笑)

犬より吠える客にウンザリ

ペットも家族」といいますから、当然人間界と同じようなことに・・・とは思っていましたが、虐待もあるんですね。
これには、ちょっと驚きました。。。。

この記事の中にもある「アニマルポリス(動物虐待の摘発や救助活動を行う組織)
日本にはまだないそうなんですが、アメリカに住む私たち市民は、だれもがこの存在を知っています。(たぶんw)
よって迷子になっている動物がいる場合に通報するのは普通。

こうした動物保護が、主な仕事ですが、正しい飼い方を飼い主に指導するのも、彼らの役割の一つなんだそうです。当然虐待に対して「逮捕する権利」もあります。

ペットへの虐待・・・たとえば、犬の散歩。
飼い始めたのはいいけど、仕事が忙しく餌をあげるのが精一杯で、散歩ができない。。。

「くさりに繋いだまま運動をさせない」

これは立派な(?)虐待なんだそうです。。。。


大きな都市にはあるかと思う「SPCA(Society for Protection of Cruelty to Animals)」
ロサンゼルスにも数カ所あります。保護された動物たちのシェルター(動物保護団体の施設)で、その財源は寄付金でまかなわれています。当然、スタッフはボランティア。

飼われる(買われる?)ペットもいれば「捨てられるペット」もいるということ。
ここにいる動物たちは、そんな可哀相な動物たち。
私も行ったことがありますが、どことなく目が何か訴えてるようで、どこかしら悲しげ。
その「目」を見ているのが、結構辛かったです。(苦笑)

動物たちの収容期間は、3ヶ月。
ここで里親を待つわけですが、結構高い確率でもらわれていくんだそうです。
しかし、ここで亡くなる場合「も」・・・。

そのせいか、ペットを飼いたいと思う人が、ペットショップで買わずにここで・・・と「まず」ここに来る方も多いとか。(私もそういう理由で行ったんですけどねw)
殺処分は、すこぶる減り、いずれは無くそうという運動をしています。


アニマルポリスたちが、指導している「ペットの正しい飼い方」
ペットも家族と考えるならば、自ずと答えは出てくるんじゃないですかね(´▽`).。o○
posted by mika at 05:59| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

協力に秘訣あり♪

日本の女性週刊誌。開けば記事よりダイエットを含む美容関連の広告の方が多いヽ( ´ー`)ノ
そして その広告のほとんどが「即効性」をうたってる。
短期間で痩せた場合は、リバウンドするのも短期間なんじゃないですかね?

肥満体国アメリカ。そんなダイエット広告は日本より勝るヽ( ´ー`)ノ
ついちゃったもの(脂肪)は、むりやり取り除くしか無いでしょ・・・っと手術なんかも大人気?(ぇ
それでも、少しずつダイエットに対する意識が変わってきたのか、アメリカ人にも「こつこつ努力」という考えが芽生えたのか、こんなテレビ番組がありました→The Biggest Loser(英語)
見たことないので、何とも言えませんが、Loserとは「負け」の意味ではなく「もっとも体重を落とした人」という意味なんだそうです。
タイトルからして、どんな番組かは大体想像できますよね?
きっと賞金や賞品がかけられてるんでしょうが、買っても負けても達成感は味わえるかと。そしてきっと家族や友人の協力や励まし「も」あるかと(´▽`).。o○

そして一番深刻なのが子供の肥満。日本ではそれほど見かけないかと思いますが、「ダイエットキャンプ」なるものがあります。

子どもの減量キャンプ、家族参加で成果向上と
肥満の問題が深刻化する米国では近年、夏休み期間中などに、子どもや若い女性らを対象とした「減量キャンプ」が盛んに開かれている。
両親や兄弟姉妹が一緒に参加するプログラムも用意され、「キャンプの成果を終了後も維持するのに役立つ」「一家で生活習慣を改善できた」と好評を得ているようだ。



私の持論にすぎませんが、ダイエットは協力無くし成り立たず・・・です。
こと夫のダイエットは、妻の協力が絶大。(逆はそうでもないかもw)
そしてダイエットできた人は、その後みんな気づくはず・・・。

減量より「維持」が どれだけ大変かを(´▽`).。o○
posted by mika at 03:23| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

運転免許証

16歳で運転免許取得は危険? 米団体が引き上げ提言
米国で自動車運転免許が取得できる年齢を、現在の16歳から17歳または18歳に引き上げるべきだとする提言を交通安全団体がまとめた。


日本は、鉄道が発展しているので、こと東京は車がなくても生活できますが、アメリカは、ほぼどこで生活しても車が必要。
よって、この年齢(16歳)から免許取得を可能にしているんだとは思いますが、16歳といえば、まだ子供。その子供に運転をさせる=責任を負わせるのは、確かに早いとは思う。

記事内にもあるように、16歳の事故の確率は高い。でもそれを17歳にすることには何も意味がないような(*゚‐゚)ぼぉー・・

|Д ̄)せめてどうせなら「18歳(←アメリカでは成人)」にしようよ

子供(17歳以下)に免許をとらせては、確かにいけないでしょ。。。
年齢にも問題があるかもしれないけど、免許取得が「簡単に」できてしまうことにも問題があるかと。

我が家の娘も15歳になった。
本人、まだかまだかと免許取得ができる16歳を待ち望んでる。
私もやっと子供のドライバーから解放されるとは思いますが、その反面心配が増える。
「どうか人だけは傷つけないように・・・・」と思いますね(苦笑)

自分の子供が運転を練習するような年になり、子供に運転させるくらいなら、ドライバーしてた方がましだと、しみじみ思う母の本音(´▽`).。o○
posted by mika at 00:03| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

H&M vs Forever21

[H&M]東京・銀座に日本1号店 13日オープン
カジュアル衣料世界大手「H&M(ヘネスアンドマウリッツ)」(本社・スウェーデン)が13日、東京・銀座に日本1号店をオープンする。
手ごろな価格とデザイン性の高さが特徴で、07年11月期の売上高は約1兆4500億円。衣料品ではギャップ(米国)、インディテックス(スペイン)に次ぐ世界3位で、日本のユニクロなどと激しい競争を繰り広げそうだ。


アメリカでもティーンの絶大な人気を誇る「H&M
記事にもあるように、その秘密(?)は「価格」と「デザインの豊富さ」

ここの強みは、フォーマルが充実していること。
一方カジュアルが充実しているのお店がここ→「Forever21
こちらも価格、デザインともにH&Mに引けを取らない。
ほとんどのティーンが、この2件をはしごして買い物していると言っても過言ではないほど。

「日本のユニクロなどと激しい競争を繰り広げそうだ・・・」と書かれていますが、路線が違うので、大丈夫なんじゃないですかね?

それにしても、どうして銀座だったんだろ?
どちらかというと渋谷の方がしっくりくるような(笑)

お試しあれ♪
posted by mika at 05:24| ロサンゼルス 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

Mystere (ミステア)

mystere.jpg

カナダ生まれのヌーベル・サーカスといえば「シルク・ドゥ・ソレイユ」
ラスベガスで1993年から続いている ロングランなショー。

20-10-05MystereLarge-225x300.jpg

迫力満点の和太鼓で幕を開け、オリンピック選手並みなアクロバット演技が次々と披露されます。
中国雑技団も真っ青な演技でした(´▽`).。o○

ストーリー性はないため、英語力は不要。
演技もさることながら、舞台装置や証明が素晴らしい。

DSCN1085.JPG

劇場自体完成度が高く、客席はステージを取り囲むようにできています。なので、ほぼどこに座っても、舞台が見える。見え難いという座席はないと思われるとこも、オススメ理由の一つ。
演出も素晴らしく、観客が舞台で行われている演技に釘付けになっている間に、上で次の演技の準備。そして上に気をとられている間に・・・と、観客を飽きさせることはまるでない。

現在(2008年)シルクは、ラスベガスでミステアを含む4つのショーを公演していますが、ミステアは「元祖シルク」
ミステア見ずして、シルクは語れない(´▽`).。o○

このミステアが上演されているのは「トレジャーアイランド(TI)」というホテル。

DSCN1093.JPG

1993年に開業され、2003年に現在の「TI」という名称に変更。と同時に、敷地内で行われている無料ショーのコンセプトも変わり、当時海賊をテーマにしたショーが、現在はセクシーなおねえさんが登場するショーに(´▽`).。o○

|Д ̄)男性はお好きかもしれません

無料にしては、なかなかのショーなんですけど、内容は・・・・・。
ミステアが始まる前にお時間があれば、見てみるのもよろしいかと(´▽`).。o○
posted by mika at 00:57| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

Calico (Ghost Town)

DSCN1095.JPG DSCN1096.JPG

ロサンゼルスからラスベガスへ向かう途中(もしくは帰り)に、ちょっと休憩オススメスポット♪
Calico Ghost Town / カリコ ゴーストタウン(英語)

ゴーストタウン言えども、お化けがでそうな薄気味悪さはまるで無く、西部時代の町並みがそのまま保存されているといった感じ。
この街が作られたのは 1881 年。
こんな小さな街ですが、銀を掘って一攫千金を狙う人で、一時は1200人も住んでいたんだそうです。

DSCN1101.JPG DSCN1097.JPG

豊富だった銀が全て掘り尽くされ、ゴーストタウンとなったのは、1904年。
随分短い命な街だ(*゚‐゚)ぼぉー・・

DSCN1102.JPG DSCN1111.JPG

こんな乗り物には、今でも乗れちゃったりします♪

DSCN1104.JPG DSCN1105.JPG

この日も気温は40℃を軽く超えていたので、夏にここを訪れるのは、あまりオススメしませんが、時を忘れてまったりするには、い〜い場所です(´▽`).。o○
posted by mika at 04:08| ロサンゼルス ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

カエルコールとカエルメール

カエルコール”は電話? メール?〜「家族への連絡」は意外な結果

51862-grahp_150.jpg


今は電話よりメールの時代ってことですかね?ヽ( ´ー`)ノ

アメリカ人もするんだろか?(-。-) ボソッ
あまり聞いたこともなければ、そんな場面を目にしたこともないなぁ。。。

・・・というのも、ほぼ毎日同じ時間に帰ってくるが普通なので、カエルコールは無用ともいえる。
残業もほとんどないし、帰りに一杯は「本当に一杯」←これには驚いたw

今から帰るよ〜・・・の一言だけなら、電話の方がいいなぁ(´▽`).。o○
posted by mika at 08:14| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

陰日向に咲く

20071121005fl00005viewrsz150x.jpg

ダメ人間たちが、一生懸命生きようとする感涙映画。
オムニバスで、バラバラな人間達が、最後は微妙に絡まりあって、繋がっていくんですが・・・その繋がり方には、何の驚きもないわけで(*゚‐゚)ぼぉー・・
感涙には、もう一歩及ばずヽ( ´ー`)ノ

色んな要素がある映画なんだろうけど、詰め込み過ぎて、どれもこれもが中途半端になってしまった感じがします。
原作はもう少しいいんですかね?

ホームレスだの借金まみれの人生だの、くら〜い背景を持つ人間が登場する映画なんですが、悲惨な感じはまるでなく、むしろどん底人生でも「生きているだけでも幸せじゃん」・・・な感じで微笑ましく観られる映画です(´▽`).。o○

満足度:★☆☆☆☆

あらすじ
posted by mika at 08:35| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

カラフルな薬たち

薬.jpeg

ロサンゼルスにもありましたね@アレルギーシーズン
何がまってるのか知りませんが、ここ数週間鼻づまりで呼吸困難(*゚‐゚)ぼぉー・・
昨日は熱なんかも出たりしちゃいました。

上の画像は、解熱剤(オレンジ)とアレルギー用の薬(ブルーとピンク)
とてつもなくカラフル(-。-) ボソッ
当然 着色料が使われてます。

錠剤は、間違えて飲むことがないようにと、色がつけられているんですが、日本は薄めの色が好まれるんだそうです。
やはりお国柄なんですかね?
アメリカは実に毒々しい(?)色(*゚‐゚)ぼぉー・・
これなら「絶対」間違えないでしょうけど、日本では絶対受け入れられない色なんだろうな(´▽`).。o○

他にも緑や茶色もありますわよ♪
posted by mika at 10:31| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ歴20数年。
日本にいた頃は、ハードレンズでしたが、渡米をきっかけにソフトレンズに。
「換えさせられた」というのが正解で、アメリカでは、医師はよほどのこと(何かわかりませんがw)が無い限りハードはすすめません。
レンズケア製品も、ソフトレンズ用はたくさんありますが、ハードレンズ用は、ほんのわずか。

大雑把大国には珍しく、大雑把に「できない」レンズが主流なんですね。。。

ハードレンズは、長期使用が可能なため、多少交換する日を忘れてしまってもOK(なのか?)ヽ( ´ー`)ノ←大雑把向きw
一方ソフトレンズは、そうはいかない。

1日、1週間、2週間・・・と期間が色々ある「使い捨てレンズ」というもの、その期限を守らないと、衛生面で目に何かしらの影響も出れば、結膜炎などの病気にもなりかねない。
でも交換日を覚えていられない(*゚‐゚)ぼぉー・・

あるでしょ???←いつも忘れてる人
そういえば、一ヶ月以上つかえてるかも!・・・なんてのはザラヽ( ´ー`)ノ (ぉぃ

そんなあなたに朗報(u_u*) うふ
・・・って、2001年からのサービスだそうですが、今頃発見してみました。

買う日・捨てる日メール
アキュビューでお馴染みのジョンソン・エンド・ジョンソン、ビジョンケア カンパニーが行っている、無料サービス。

早速登録してみました(´▽`).。o○
これで忘れない♪
posted by mika at 07:54| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

銀色のシーズン

20071031001fl00001viewrsz150x.jpg

そろそろ(まだまだ?)スキーシーズンなので観てみました。
雪山行きたくなります(´▽`).。o○
ラストシーンは、目にいっぱい涙浮かべちゃいますよ♪

一夏の思い出で、海に思い出があるように、一冬の思い出で、ゲレンデに思い出がある人も多いのでは?
スキー好きは、わくわくすること間違いなしな映画です(´▽`).。o○

満足度:★★★☆☆

あらすじ
posted by mika at 00:43| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

全然大丈夫

20071029017fl00017viewrsz150x.jpg

なんとな〜く見始めて、なんとな〜く見続けてたんだけど、ど〜してか最後まで見入ってしまう映画でした。
そして、知らないうちに微笑んでしまうんですよね(´▽`).。o○

映像の中の出演者が、マイナスオーラ出してるにもかかわらず、なんか楽しそうで、そのせいか、面白い具合に引き寄せられます。
何がいい、どのシーンがいい、誰がいいとかないです。ただ全体的に非常にいいです。
何も考えず、まったりと観ましょう(´▽`).。o○

満足度:★★★☆☆

あらすじ
posted by mika at 03:14| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

誕生日は無料♪

アメリカ在住の方に朗報(´▽`).。o○
日本にお住まいの方は、誕生日に合わせて、アメリカ旅行計画立ててもいいかも(・・?

2009年の米ディズニー・リゾート、誕生日は無料に
米ウォルト・ディズニーのテーマパーク部門は21日までに、誕生日の来場者の入場料を2009年、無料にすると発表した。

In 2009, Come to a Disney Park on Your Birthday and Get In Free!
Everyone who visits a Walt Disney World Resort or Disneyland Resort theme park on their birthday in 2009 can get in free, as Disney Parks embraces a newly identified family-travel trend called "celebration vacations."


テーマパークの入場料もめっきり高くなりました。
行かなきゃ損です(´▽`).。o○
posted by mika at 00:01| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

幕末古写真ジェネレータ

写真を紅茶に浸けると、セピア色の写真ができる・・・なんて昔ありましたが、今じゃ写真加工すれば、いとも簡単に(´▽`).。o○
カメラマニア(?)にしたら、味気ない時代なんですかね?

当然 白黒写真も簡単に加工できる時代なんですが、幕末風味は・・・・どうでしょ?

だいぶ前に教えてもらって、七五三の画像を幕末風味にしてみたんですが、結構おもしろい♪
お楽しみあれ(´▽`).。o○

幕末古写真ジェネレータ
posted by mika at 00:08| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

チーム・バチスタの栄光

20071211013fl00013viewrsz150x.jpg

なんだか現実的にアリエそうなんで、ちょっとぞ〜っとします(==;
それでもコミカルな仕上げ方をしているので、さほどシリアスにならずに観られます。
が!・・・逆に、人の命に関わる題材で、コミカル仕上げって、不謹慎じゃ?・・・という意見もあるかもですね。。。

それが悪いのか、どことなく中途半端ヽ( ´ー`)ノ
映画よりドラマの方が・・・・・

満足度:★☆☆☆☆

あらすじ
posted by mika at 08:13| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。