2010年05月01日

わたしの先生

51H7W05DVBL._SL500_AA300_.jpg

人生何十年も生きていれば、何人もの先生に出会い、教えていただいてるはずです。

さらっと読めちゃうだけに、少々読み飛ばし風味に 読んでしまいましたが、そんな先生たちを思い出す「時間」をくれる本かと思います(´▽`).。o○

満足度:★☆☆☆☆

内容
posted by mika at 14:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

Avatar

avatar_smallteaser.jpg

さほど気に留めていなかったんですが、しっかりとした奥深いテーマがあって、観ておいてよかった映画でした♪
「風の谷のナウシカ」や「ハウルの動く城」・・・ジブリ映画を思い出してしまったのは・・・気のせいでしょうか?(笑)

3Dが人気のようですが、2Dでも大画面で観れば十分楽しめます。
逆に、終盤の戦争(?)シーンが長いので、これを3Dで観たら、結構しんどくなるんじゃないですかね?

アメリカ・インディアンの話しに、環境保護という壮大なテーマを見事に絡めた作品。
今の時代に非常にぴったりな映画なので、一度くらいは観ておいて損はないですよ(´▽`).。o○

満足度:★★★★★

あらすじ
posted by mika at 07:42| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

同窓会

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群」というドラマが始まりましたが、日本の同窓会って、わくわくどきどきするんですね(´▽`).。o○

同窓会とは縁の無い人生を歩んでいますので*o_ _)oバタッ
今まで参加した同窓会は2回。(いづれも日本で)

1度目は、小学校の同窓会。
お酒が飲める20歳になったら、集まろうということで、先生交えて呑んだくれたw
しかし10年も経過していないため、全員独身だし、さほど変化もなく(?)面白みには欠けたヽ( ´ー`)ノ

そして2度目は、新婚当初・・・実家から高校の同窓会のお知らせが送られてきた。
高校を卒業して初めてのことだったので「行ってきていい?」と旦那に聞くと「どうして?」と聞き返された。
当時は、どうして聞き返されるのか、どうして行ってはいけない(いい顔はしなかった記憶が・・・)のかが、さっぱりわからなかったヽ( ´ー`)ノ

そして渡米後ほどなくして、今度は旦那の高校の同窓会のお知らせが送られてきた。
旦那はアタシに「同窓会行ってきていい?」とは聞かず「同窓会行くよ」・・と、さも当然のごとく言った。。。

そう・・・アメリカといえば「同伴」が基本な国。
たとえ旦那の同窓会で、知らない人がわんさといる中でさえ、連れて行かれるのはアタリマエ。
この時 私の方が「どうして?」と聞き返したのは、言うまでもないヽ( ´ー`)ノ


アメリカ人って「ちょっと帰りに(お酒を)一杯」といったら、本当に一杯で帰る。
同様に、同窓会も「同じ学校を卒業した者同士が、当時を振り返るために集まること」と、ウィキペディアにあるように、本当に振り返るだけw
ドラマのように、昔の恋が再び燃え上がるなんて、既婚者においては皆無。

なんてってたって同伴ですからね(-。-) ボソッ

私が想像するに、アメリカの同窓会って「伴侶自慢」をするところなんだと思いますよ。
昔つきあっていた相手、片思いだった相手、ちょっと憧れていた相手と自分の伴侶を比べる。
そして心の中で、勝った負けたと、それぞれに楽しんでいるじゃないですかね(´▽`).。o○
posted by mika at 10:12| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

Sherlock Holmes

sherlockholmes_smallfinal.jpg

イギリス英語で、半分くらい理解できてないのと、暗い画像で2時間強のは、ちょっと長かったヽ( ´ー`)ノ
それでも、CGを駆使した迫力ある映像は、さすがハリウッド映画という感じです。

シャーロック・ホームズ(小説)を全く知らないで観ましたが、結構楽しめました(´▽`).。o○
続き・・・・あるんですかね?(笑)

満足度:★★★★☆

あらすじ
posted by mika at 11:32| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

ことば、カリフォルニアから

411NV5SJSRL._SL500_AA300_.jpg

義母の書棚から拝借した一冊。
裏表紙には著者のサインがあったので、知り合いだったのかしら?(笑)

カタカナ語まみれの日本語に年々ついていかれなくなってるのは、昭和一桁生まれの著者だけではない。
どの英語単語が、カタカナで通用するのかわからず、やたら滅多らカタカナで使い、相手をポカンとさせてみたりと、昭和40年代の生まれの私ですら、すっかりついていかれないヽ( ´ー`)ノ

外国で暮らしているがゆえ、美しく正しい日本語を子へ伝えなければと思う反面、あまりにも美しい日本語で話していては、時代の波に乗られなくなるのでは?とも思った。
でも基本ができていてこそ、崩せるというもんじゃないですかね。。。


子は親を見て育つ。親は子の鏡。
子は、親からの言葉を聞いて育ちます。ことばは人をあらわします。
ことばを大切にする人は、心をも大切にするんですね(´▽`).。o○

満足度:★★☆☆☆

内容
posted by mika at 06:39| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー (書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

ゾウさんのエコロジー

max.GIF.gif

何かに似ているこのマーク。
リサイクルのマークに非常に似ていますが、真ん中に・・・・ゾウ。

|Д ̄)決してゾウのリサイクルではありません(笑)

リサイクル(?)しているのは・・・「ゾウの糞」

「お茶」
アフリカ東部に暮らすマサイ族・・・彼らは、ゾウの糞を1年間乾燥させ「象糞茶」通称サバンナティーとして飲用しています。
ゾウは、100種類以上の植物を食べ、その殆どが未消化のまま糞になるため、糞には、薬効成分がたっぷり残っていることから、こうしてお茶として飲むんだそうです。

「紙」
スリランカでは、紙を作っています。
和紙の製法とほぼ同じで、実に暖かみのある紙なんです(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

7168128.jpg


エコな時代にぴったりの贈り物のにもなりそうですよ♪
「決して臭くはありません^^」・・・だそうです(´▽`).。o○

関連サイト:
Wild Funky Store
Michi Corporation
posted by mika at 00:21| ロサンゼルス ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

花より団子

女性に花束のプレゼントって・・・テレませんか?(笑)

花より団子な女性は・・・私だけではない・・・はずヽ( ´ー`)ノ

そんな男性/女性にぴったりな贈り物(´▽`).。o○
食べられるフラワーフルーツ・アレンジメント♪

edible-fruit5.jpg

Edible Arrangements

残念ながらまだ日本には出店してないようですが、日本でもフルーツアレンジメントの教室があったり、作っていただけるお店もあるようですね。

何度か利用したことがありますが、フルーツのお花のかわいらしさで、必ず喜ばれます。
もちろん花より団子な方(私!)は、絶対です(´▽`).。o○

お試しあれ♪
posted by mika at 12:42| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

やっぱり乗ってはいけない救急車

大問題ではありますが、無料がゆえ、タクシー代わりに利用されてしまう日本の救急車
無料とはいえ、一回の出動にかかる経費は、45,000円程かかるんだそうです。
これは皆様の税金でまかなわれています。。。

一方、死んでも乗るな(死んだら乗れないw)といわれているアメリカの救急車
財政難のロサンゼルス市は、なぜか市バスと救急車の料金を値上げする新法案を承認し、市議会で正式に承認が得られれば、(2010年)7月1日から施行されることになると。

バスはまだしも、さほど利用されるわけでもない救急車の利用料金を値上げすることで財政難を抜け出せるとは思えないんですが(´▽`).。o○
でも年間600万ドルの税収を見込んでいるんだそうです。

さてさて気になる救急車の費用・・・

世界でも日本のように、救急車が無料の国は少なく、アメリカは有料かつ世界的にも料金が高いとされる国です。

命に別状のない病人を運ぶ一次救命処置用の救急車は712ドルから974ドルに、重篤な患者を搬送する二次救命処置用は1,004ドルから1,373ドルに値上げされる。
また、搬送先の病院までの移動距離も料金に加算され、1マイル(約1.6km)ごとに15ドルがかかるという。
さらに将来的には救急車を依頼したにもかかわらず、乗車しなかった人にも出動費用を徴収する予定としている。


高い!!

無料な国が羨ましいわけではありませんが、救急車に乗る程でもないよと教えてくれる優しい救急隊員も、将来的には、金儲けのために、どんな人でも乗せてしまうようになるんでしょうね。。。

それにしても、バスと救急車というくくりがよく分からない(*゚‐゚)ぼぉー・・

ロサンゼルス市民な皆さん・・・くれぐれも救急車には乗らないように(苦笑)
posted by mika at 12:38| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

あの日は何曜日?

毎日、色々な記念日があるようで、今日は何の日?と、調べたことがありましたが、あの日は何曜日だったんだろ?と、写真の整理をしながらふと思うこと・・・ありません?

ネットは便利ですよね(´▽`).。o○

あの日は何曜日? 万年カレンダー

昭和/平成何年かが、わからなくなる外国暮らしの日本人にも便利なサイトです♪
posted by mika at 23:07| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

新喫煙スタイル

すっかり世の中の嫌われモノになってしまった「タバコ」
嫌煙家と愛煙家の闘いは、どこまでも続くわけで(*゚‐゚)ぼぉー・・

一番の嫌われどころは「匂い/煙」かと思いますが、3年程前から「電子タバコ」なるものが出現。
副流煙が発生しないので、他人に迷惑をかけないとされ、タバコ代替品として、脚光を浴びたのもつかの間・・・・今月、JTから無煙タバコ「ゼロスタイル・ミント」が、東京都限定で発売された。

ゼロスタイルミント.jpg

煙あっての「タバコ」だと思うんですが・・・・愛煙家の評価は、さほど悪くもなさそう。
しかしさすが愛煙家ですw
タバコというより「ニコチンガム+禁煙パイポ」という感覚らしく、明らかに禁煙補助グッズ(´▽`).。o○
これは愛煙家の勝利でしょうか?(笑)

禁煙パイポといえば、愛煙家が機内で使用しているのをよく見かける。
そんな愛煙家に、こんな朗報(´▽`).。o○

ライバルはNGだけど…好調JALは無煙たばこもOK!
日航関係者によると、「においがなしで、煙も出ませんし、電子機器でもないことから、他のお客さまに迷惑をかけないと判断し、機内での利用をOKにしました」という。
一方、ライバルの全日空は利用不可。他の電子たばことの区別がつきにくいとの理由から、認めていないようだ。


フライトは3時間が限界!・・・なんて言ってた愛煙家たちも、(JALだけですが)これで10時間フライトOKですね?(笑)


さらに、時同じくしてこんなニュース。
100円ライター消える? 幼児事故多発…5月中にも安全基準強化
ライターによる火遊びが原因とみられる、子供の焼死事故などを背景に、ライターの安全規制を強める動きが進んでいるからだ。


存在が消えるわけではなく、100円という価格維持が無理で消えるというお話。

レバーを重くするなり、横に一旦スライドしてから着火するなり、子供が点け難いよう基準づけをするため、どうしても価格が130円〜150円ほどになると。
「だめ」と言われれば、チャレンジしたくなるのが子供です。
いくら点け難い仕様にしても、点くまで、がんばる子供がいるような気がするんですケド(滝汗)


ライター・・・火が点くまで がんばりそうな子供はいるだろうし、100円じゃなきゃ買わないという大人はいないヽ( ´ー`)ノ
タバコ・・・(2010年)10月には1本につき5円程度の値上げが決定している日本のタバコですが、これで禁煙する人が増えると喜ぶ嫌煙家もいれば、そんな値上げも何のそのな愛煙家もいる。

タバコは、百害あって一利なしと言われるモノだったような気がするんですが、今やそんな健康の話しはどこかへいってしまったご様子ヽ( ´ー`)ノ
公共の場で、いかに嫌煙家と愛煙家、子供と大人が共存するか。

きっと今後、どんどん新しい喫煙スタイルが生まれて行くんでしょうね(´▽`).。o○
posted by mika at 15:55| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

省エネ

「省エネ」という言葉に縁遠い国のような気がしないでもないですが(´▽`).。o○
それでもふと考えると、あれ??と思うことが増えてきた。

「街灯」
市によって多い少ないがありますが、我が家エリアは多い方かと。
ところが、最近消えている・・・もしくは、人や車が通らない限り点かない街灯があったり、点いていても突然(恐らく時間設定されている)一つだけ消えたりすることに気づいた。

省エネらしい(´▽`).。o○

「スーパーマーケット」
これは画期的でしたよ(笑)

巨大な冷凍庫がいくつも並ぶ「冷凍セクション」。
その冷凍庫にはセンサーが取り付けられているらしく、人が通らない限り、冷凍庫の中の電気は消えている。
人が通ると順についていく仕組みになってました。

ちょっと感動した(´▽`).。o○

オバマ大統領は、昨年(2009年)建物と照明のエネルギー効率の改善策を発表しました。
建物については、省エネ技術の開発・導入を拡大・促進するため3億4600万ドルを投資し、照明については、電球や器具の省エネ基準を変更する規則を制定。
2012〜2042年にかけて、CO2排出量を5億9400万トン削減する計画だとか。


企業や市が積極的になっていき、街の明かりやスーパーなど、目に見えるところで省エネが進んでいけば、国民一人一人のエコ意識も高まっていくことでしょう(´▽`).。o○
posted by mika at 02:51| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。