2008年02月17日

客を選ぶ店

「レストランへのデブの出入り禁止」法案に非難轟々
アメリカ・ミシシッピ州のある州議会議員が、「州内の飲食店が肥満の客に対して飲食サービスを提供することを禁止するべき」という議案を提出した。この議案は他の議員や飲食店経営者らの痛烈な反対にあっている。


なんともふざけた議案なんですけどねぇ(´▽`).。o○
何をもって肥満と判断するやら・・・。人によって、ラインは違いますからねなんとも言い難い。

でもこの議案、悪くないかもしれない。
店は、お客様にお料理を提供したい。でも、お客様の健康のことを考えると・・・って、心優しいレストランがあったとする。

|Д ̄)BMI数値別メニューとか、どうでしょ?

店「いらっしゃいませ(^^ BMIはおいくつですか?」

・・・と聞かれちゃったり(汗

数値の高い人には、ダイエットメニュー。
数値が低すぎな人には、カロリーたんまりのメニュー。
なかなかいいアイデア?と、思わず思ってしまった(-。-) ボソッ

今や肥満は国家問題ですから、こんな議案が出てきても可笑しくはないのかも。
とはいえ、何らかの理由付けがしっかりしたものでないと、単なる差別発言ですよね。

ただ、見方を変えれば、店も客を選んでいい時代がきた?
客は、いつも店を選んでるんだから、店も客を選んだっておかしくない。
そもそも格式の高いレストランは客を選びますしね。

そういえば、私が住む街に、こんなカフェがあった・・・。
そのカフェのカウンターには、こんな貼り紙がありました→「気に入らない奴はスタバへ行きな!」
当然英語ですが、ニュアンス的には、こんな感じ。
スタバの様なサービスはできないよと、言い切ってるお店。(バリスタはいないし、一人でやってるお店の都合上、時間がかかる)
この貼り紙で、お客が店に来ないかもしれない。
でも貼り紙を出していることで、店は客を・・・・選り好み・・・?

まったりゆっくりコーヒーの出来上がるの待つ。そのためか店内はテーブルとイスではなくソファーヽ( ´ー`)ノ
そんなお店が好きだったんですけどね。
今はもう・・・・ない(´・ω・`)ショボーン
posted by mika at 01:43| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ダイエット メニュー
Excerpt: 【送料無料】人気沸騰のマクロビオティックが手軽にできるダイエットメニューセット マクロビ デリ8日間セット商品価格:26,250円レビュー平均...
Weblog: ダイエット-女性美
Tracked: 2008-02-17 12:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。