2005年12月06日

funeral(葬式)

お葬式に向かう車の列。
日本だったら、霊柩車を先頭にマイクロバスで移動するらしく、大して長い列になることはないそうな。
しかし車社会のアメリカではそうはいかないヽ( ´ー`)ノ

葬儀に向かう車の列。一般人ならともかく、偉い方が亡くなると、その列はすこぶる長い。
レーガン大統領が亡くなった際は、FWY(フリーウエイ)が封鎖されましたからw
その長い列。途切れないように、各車には「FUNERAL」のステッカーがつけられています。
あまりにも列が長い場合は、白バイが先導することしばし(・・

この列・・・切ってはいけないんです。
つまり割り込み厳禁(^^;
ゆえ、大変迷惑(?)なことしばし。。。。。


FWYを走っていると、白バイに先導され、「FUNERAL」のステッカーを貼り付けて走る車の列に遭遇することがあります。
列に割り込めないため、車線変更は当然できない。列をやり過ごしてから(列の後ろに回って)車線を変更してFWYを下りようと若干スローダウン気味に走行(・・
しかし列が途切れない(*゚‐゚)ぼぉー・・(*゚‐゚)ぼぉー・・(*゚‐゚)ぼぉー・・なげぇ(*゚‐゚)ぼぉー・・
・・・と走り続けていると、FWYの出口・・・・通り過ぎたじゃん(o_ _)oバタッ
こんなことなら かっ飛ばして、列の先頭に行くんだったヽ( ´ー`)ノ


・・・とまぁ、こんな迷惑話は日常茶飯事。
FWY・・・ただ だからいいけど、日本だったら出口・・出損ねたら、ムカツクよね(・・?
割り込んではいけないと言われても、割り込まないと出口通り過ぎちゃう。
困りもんの長い列なんです(´ ▽`).。o○
posted by mika at 15:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ドライブスルー

ものぐさ大国アメリカ。
何もかもがドライブスルー(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

クリーニング、薬局、ファストフード、コンビニ、銀行、ポスト、DVDレンタル返却、図書館の本返却、洗車、スタバ・・・・

あ・・・ラスベガスでは、結婚式もドライブスルーでできます( ̄ー ̄)ニヤリッ

でも一番便利だったのがスーパー。
今はオンラインで注文して、配達してくれるシステムができたため、ドライブスルーのスーパーはない。

子供を家に残して、ちょっとソコまでお買い物。日本ではアリガチ(・・
寝ている子供を起こしたくないから、そんなことができちゃう日本を、ちょぴり羨んだこともあったなぁ。。。。

何故って?
それ・・・アメリカでは犯罪行為。
もし見つかったら、逮捕されるのはもちろんだが、見つけた人が通報しなかった場合も罰せられる。
ゆえ、子供とは常に一緒ヽ( ´ー`)ノ

でも子供が病気の時は、家からだしたくない。でも牛乳が・・・玉子が・・・・米が・・・なんて買い物をせざるを得ない状況はあるかと(・・
せめて車から降ろしたくないな・・って時、便利だったのがドライブスルー(^^
電話で注文して、スーパーのドライブスルーでピックアップ。

ものぐさだな・・と思う反面、意外と便利だったりしちゃうこともあるよねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 09:26| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

誰のもの?

柿の木
我が家の裏庭にある柿の木(^^
収穫はすっかり終わり、伸びすぎた枝を少し切りましたヽ( ´ー`)ノ

裏庭同士がくっついた住宅地。
その枝は、元気よく裏のお宅に にょきぃ〜(´▽`).。o○
そして、たっくさんの柿がなってました。

隣の木が自分の敷地内にせり出してくる。こんな光景ありがち。
枝葉なら「切ってくれw」と文句を言うが、その枝に美味しそうな"実"がついてたら、思わず収穫したくなるよね(^^

ちなみに日本では、民法なんちゃら条で、木や"実"は土地所有者のものと定められており、いくら自分の庭先にせり出してきていても、"実"をとってはいけないそうです。
根は勝手に切ってもいいが、枝葉は催告の上剪定。"実"は土地所有者に戻さなければならないが、落ちている実はどうぞご自由にヽ( ´ー`)ノ

街路樹はどうなのさ。黄色に色づいたいちょうの木。焼くと美味しい銀杏♪
街路樹は、基本的に道路管理者のもの。管理者=所有者でないこともあるそうです。
そんな堅いこと言う人はいないと思うが、厳密にいうと拾得物扱いになるとか。
Σ(- -ノ)ノ 銀杏拾って逮捕はやだぁ。。。。。
 
そこへ行くとアメリカは寛大ヽ( ´ー`)ノ

市か州かなんの法律(?)なのか知りませんが・・・
「自分の敷地にせりだした枝になっている"実"は、収穫して食べてよし♪」
なんです(^^
所有者の目を気にせず、がんがん収穫できちゃうw

調子にのって塀を越えないようにしないとねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 01:46| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話

アメリカの携帯電話は、すこぶるおくれてます(*゚‐゚)ぼぉー・・
画面カラーになったのも、カメラ付き携帯が出回ったのも、つい最近なのよねぇぃ(*゚‐゚)ぼぉー・・

帰国時に、日本で携帯を使ってますが、使い勝手がいいよね(^^
とはいえ、毎回帰国時に、30分は記憶と戦ってます(*゚‐゚)ぼぉー・・

写メ、携帯からのブログUp、検索機能、今使ってる携帯(Vodafone)は、テレビなんかも見れたりしてました。テレビ電話機能がついてるのもあったりして、本当に便利にできてる。

人種の違いかと思うけど、アメリカ人はそういうことを求めないのね。
それと家庭でのPC普及率が、日本より高い。アメリカでは、ほぼ一家に一台は当たり前なような気がする。そんな我が家は一人1台(^^;
だから、携帯電話にPC機能を求めないのね。

その証拠に、アメリカ人はほとんど携帯メールを利用しない。利用するのはTeenagerぐらいじゃないかしら(・・?
指が太くて、あんなちっちゃいボタンおせるかヽ(`⌒´メ)ノ・・・ってのが理由らしぃです(コッソリ

携帯電話に求めるもの(・・
電話がかけられて、受けさえすればいい。よって機種変更も2年以上しない人多しw
日本では、どれくらいが主流なんでしょ?@機種変更

本日、我が家にもやっと・・・やっと、カメラつき携帯が導入されましたヾ(〃^∇^)ノ
写メするのに一苦労(*゚‐゚)ぼぉー・・(やっとできたw)

こんな時代遅れ風味なアメリカの携帯電話。いいところもあるんです( ̄ー ̄)ニヤリッ
取説が薄い(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
おまけに二ヶ国語(英語とスペイン語)になってるから、実質半分ヽ( ´ー`)ノ

日本の携帯の取説は分厚くて読まない・・つか、読みたくないよねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 12:20| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

自動販売機

アメリカでは、自動販売機を殆ど目にすることがありませんヽ( ´ー`)ノ

初めて 子供を日本に連れて行ったのは彼女が1歳半の時。
見るもの全てが珍しく、大きなオメメが始終きょろきょろしてました(^^
彼女の目に真っ先にとまったもの(・・
それが自動販売機ヽ( ´ー`)ノ

お散歩してても公園に行っても、電車に乗っても(駅)、スーパー・デパート・・・どこへ行ってもある自動販売機。
見つけるとなんか買わないといられなかったみたい(ぉぃ
自動販売機の前を素通りできないのね(*゚‐゚)ぼぉー・・
小さなあんよでちょこちょこ歩いては、(゚▽゚*)ニパッ♪っと笑って自動販売機の前で指差す彼女(o_ _)oバタッ
止まってばっかで、ちっとも前に進めませんでしたから(==;

アメリカでは自動販売機は、建物の中にあることが多い。
日本のように、お店の軒先にずらぁ〜り・・・とか、道端のそこここに自動販売機がある風景は皆無ヽ( ´ー`)ノ


ある時とんでもないもの(自動販売機)を指さしていた彼女。
小さな指が指差す先には。。。。。。。←もちろん笑顔つきw



エロ本   (o_ _)oバタッ

日本っていろんな自動販売機があるよねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 10:52| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

忘年会シーズンですね(^^

お酒を呑む機会がいっじょぉぉぉぉぉぉに多くなる12月(^^;
飲酒運転の罰金が恐ろしく高くなったおかげ(?)で、呑んだら車を運転しなくなった人が増えてるようですね@日本
飲んだ人の運転で同乗しても罰金があるとか(・・
誰かの車に乗せていただく際は、かならず酔っぱかどうかを確認?

車社会のLA。呑んだら乗るながなかなかできないw
飲み屋の前で張ってたら、違反者いっぱい捕まえられると思うよ@お巡りさん
そんな光景は見たことありませんヽ( ´ー`)ノ

最近LAは、電車が随分あちこちに走るようになり、路線も次々伸ばされています。
しかし、やっぱり車なしでは駅に行けない。駅へ行くのにバスを利用すればいいんだが、夜はちょっと女性には怖い。タクシーも流しはないしねぇ(´▽`).。o○
結局電車で出かけても、夜お迎えを頼んだり・・ってのもアリガチ。

そこでどぉするか・・・。
酔いをさますしかない(´▽`).。o○

呑むことに費やした時間とほぼ同じ時間。
スタバでコーヒー(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
なんかせっかくの酔いが(^^;

酔っ払いの運転も怖いけど、自分は酔ってなくても、酔っ払い運転の車が突っ込んでくることもあるので、夜中の運転は危険度が高い。
そう考えたら、電車で移動可能な日本はいいなぁと思います。

朝まで遊んでて、始発で帰宅なんてもありだしねぇ(´▽`).。o○ (コラ
posted by mika at 03:50| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

クリスマスツリー

もうすぐクリスマス。我が家にもクリスマスツリーが(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

運搬方法

以前はよく、ここで育っている木を買って来てたんだけど、なくなってしまったの(ノ_-。)
本当は、ここで育っている木の方がい〜い香りがするのよねぇ(´▽`).。o○
木の種類は、Douglas Fir(ダグラスファー)といって、米松。
クリスマスが終わって、木を捨てないで、切って暖炉で燃やすといい香りが楽しめます(^^

日本にいた時は、偽物の木に飾り付けをしてたけど、LAに来てからは本物の木に飾りつけ♪
木は、車の上にくくりつけて買いに行きます。12月になるとこんな車がたくさん走ってるんですヽ( ´ー`)ノ

クリスマスツリー

子供が飾りつけしてくれました♪
まだプレゼントが並べられてないけど、クリスマスまでにはたっくさんのプレゼントが(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
幾つになっても クリスマスは、わくわくするよねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 15:29| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

ID(身分証明)

IDがないと買えないもの(・・
自動販売機ってものが、ないこの国では、酒・タバコが買えない。他には、確か缶スプレー(ペンキ?)も買えなったような。。。←未確認w

販売側は、いくら成人しているであろう風貌でも、30歳以下に見える人には、必ずIDを見せてもらうようお伺いするシステムになってます。

自慢ぢゃないが(ぉ)、私は一度も、このやっかいな「ID」無しで酒・タバコが買えたためしがない(o_ _)oバタッ
少し前までは、うれしかったよーな気がするが、もぉいい加減ウザイ(^^;

お散歩途中、スーパーに寄ることがある私は、ポケットにお金を入れて歩いてます。
先日も、夕食の食材買い足しにと、ふとスーパーにお立ち寄り。食材+ワインを持ってレジへ。

あそだ(・・
IDないぢゃん(o_ _)oバタッ
ダメモトでレジに並ぶ( ̄ー ̄)ニヤリッ

店員「ID見せてください」(キタキタw)
私「ないの(ノ_-。)」
店員「んぢゃ、売れません(キッパ」
私「ねねね。アタシのどのへんが未成年?子供12歳よ(・・ほらほらみてみてww」←白髪見せてみたりw( ̄∀ ̄*)イヒッ
店員「30歳以下に見える方には、ID提示をお願いしています。」
私「あたしのどのヘンが30歳以下なの???」(本当はうれしいくせにw)
店員「・・・・・・・・」
私「だいじぶ(゚▽゚*)ニパッ♪ 売ろうよ(u_u*) うふ 店長に内緒にしとっから(*'-'*)エヘヘ」←めいっぱい笑顔w
店員「(・・; 30ドルです」(根気ない人でよかったヽ( ´ー`)ノ)

o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ 勝った(´ ▽`).。o○

こんなこと(・・
やらないようにしてくださいねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 06:36| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

分別ごみ

愛・地球博へ行った時のこと(・・
万博会場には、恐ろしい数(種類)のゴミ箱が設置されていました。

燃えるごみ・燃えないごみ・ペットボトルぐらいなら私にもできるが、ざっと数えても10種類ほどのゴミ箱が(*゚‐゚)ぼぉー・・

当然何をどのゴミ箱に捨てていいのかわからない人が続出ヽ( ´ー`)ノ
こうなることを想定されていたのか、各ゴミ箱エリアには、担当者が配置されてましたw

さすが日本(´▽`).。o○

そこへいくと、アメリカのゴミ分別はいい加減(・・;
街にあるゴミ箱は、普通のゴミ箱とリサイクルゴミ箱ぐらい。
家庭用に関しては、燃えるごみ・リサイクル・ヤード(芝生や木の葉っぱなど)の3種類。
これもなかなかいい加減で、混ざってても誰も何も言われません( ̄∀ ̄*)イヒッ

帰国すると分別ゴミの種類が多くて、めったやたらにゴミ箱へぽいっと捨てられないのが困りものヽ( ´ー`)ノ
外人(?)には難しい(*゚‐゚)ぼぉー・・

都内に住む友達の話では、ゴミ袋に名前を書くとか(・・?
間違っていたら、ゴミを持って行ってくれないとか???
そんな徹底・・・アメリカじゃ無理だぁ(´▽`).。o○
posted by mika at 10:52| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

クッキーとミルク

暖炉

我が家には暖炉が2つ(^^
ファミリールームにある暖炉はよく使うが、リビングルームの暖炉は、殆ど使ったことがない。
子供いわく、リビングの暖炉は「サンタさん用」・・・だそうです(^^;


クリスマスイブ。
子供たちは就寝前、サンタさんのために、暖炉脇にクッキーとミルクを置く。
世界中の子供たちにプレゼントを運ぶサンタさんへのお礼ヽ( ´ー`)ノ
どぉりでサンタさんは、太いわけだ(-。-) ボソッ

我が家でも毎年サンタさんのために、子供が寝る前に必ず置きます。
そしてそれを夜中のうちに旦那が食べるw

ところが数年前、すっかり忘れていた旦那w
Σ(- -ノ)ノ や・や・やばい(^^;; 子供が起きてきた(*゚‐゚)ぼぉー・・
必死に引き止め、なんとかミルクとクッキーを半分かっこんだ旦那ヽ( ´ー`)ノ

娘「あれ?今年は全部食べてないや(・・」
父「世界中で食べてるから、おなかいっぱいだったのかもね(^^;」

必死な言い訳(*゚‐゚)ぼぉー・・

娘「もしかしたら、食べ飽きてるのかも。来年は違うものにしてみようかなぁ。。。」

(o_ _)oバタッ なんちゅぅ発想。。。。。
今年はせんべいとお茶だったりして(´▽`).。o○
posted by mika at 05:43| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

カルチャーショック

あけましておめでとうございます(ペコリ
まだまだ未熟なブログですが、今年もよろしくお願いします(^^


賑やかな年越しをされたかと思いますが、アメリカの年越しは結構危険でもある(・・
今でも?・・と、いつも思うんだが、空に向かってピストルを(*゚‐゚)ぼぉー・・
必ずといっていいほど、年明け瞬間に銃声が聞こえます(-。-) ボソッ
なので、外で過すことはあまりない・・・かと(汗


年越しをテーマパークで過したこともありました。
ロサンゼルスといえば、ディズニーランド。子供がまだベビーカーに乗っていた頃、一度だけ過したことありますが・・・・・もぉ絶対ヤダ(o_ _)oバタッ

そもそもアメリカって言う国には、「ぎゅぎゅうぱんぱん」って状況があまり存在しない。
それに慣れきっていた私は、あの人ごみにマイッタw
押し潰されそうになるベビーカー(*゚‐゚)ぼぉー・・
「Stay away from me!」「Don't touch me!」と叫びたくなるが、叫んでもしょうがないほどの人・人・人www
普段人と接触することのない国だが、さすがに大晦日は(´ ▽`).。o○
そんな私になっていたので、日本に行って困ったことがありました。


子供が1歳半の時、初めての子連れ帰国(without旦那)を決行w
大きな荷物を持って上り下りする駅の階段。←オムツ満載w
助けてくれた人はたった一人(・・ 外人さんでしたねぇ(´▽`).。o○
この時点で、なんて女・子供に優しくない国なんだと、半べそ(^^;

次に満員電車にエレベーター。
なんでこんなぎゅうぎゅう詰めなんだぁぁぁぁぁヽ(`⌒´メ)ノ
・・・と中に入れない。そして押される(*゚‐゚)ぼぉー・・
何度もドアにはさまれそうになりました(^^;

たった4年くらいなんですけどね@日本い行ってなかった年数
それまでは、満員電車もエレベーターもがんがん押しまくって乗ってたハズ。
それができなくなってました(^^;

当然ですが、日本での子育て経験がない私は、その時恐ろしいカルチャーショックに襲われ、帰国早々ホームシック@アメリカ帰りたい
その後は多少賢くなり、電車は空いてる時間に移動。エレベーターは・・・やっぱり待ってます(苦笑)
誰か一緒にいてもらわないと、危なっかしい怪しい雰囲気・・・かと(^^;


女・子供に優しい国で暮らすと、満員電車乗れなくなります(´▽`).。o○@要エスコートw
posted by mika at 02:15| ロサンゼルス 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

生活習慣

外国に長年住んで身につく生活習慣。
日本の生活習慣が忘れ去られていくわけで(*゚‐゚)ぼぉー・・
生活習慣のスイッチが切り替わらず、とんでもないことをすることしばし(・・


スーパーでお買い物:
カゴに入れたもの(買うもの)を開けて食べながら買い物をする。

これ・・・フツーなんです(・・
「どうせお金払うからいいでしょ」・・てなことからだと思いますが、まぁごもっともヽ( ´ー`)ノフッ
ことおなかをすかせた子供と一緒にいる時は、うるさいからとりあえず食べさせとけ・・と、私もよくやったもんです(苦笑)
でもフツーなんで成し得るワザ(?)
日本でやって、(私の)親に叱られたのは言うまでもありません。。。

一番面白かった(のか?)のが、バナナ。
アメリカでは、殆どの野菜・果物が量り売りなため、バナナを房ごと買う必要はない。
当然 房からもぎって1本・2本を買うことができる。
日本がそうでないことをすっかり忘れて、もぎったことが何回あったか(*゚‐゚)ぼぉー・・

そのバナナ・・・量り売りでなく、「一本幾ら(確か19セント)」で売っているスーパーがある。
レジに並ぶ列。私の前で、バナナ1本もしゃもしゃ食べている2歳ぐらいの子供(^^
その子供のママ、レジでバナナの皮を出してお支払い(*゚‐゚)ぼぉー・・

確かに量り売りじゃないですからね(^^;
皮でもいいわけで(爆

アメリカなんでアリなのかと思った場面でしたぁ(´ ▽`).。o○
posted by mika at 07:00| ロサンゼルス ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

妻としての仕事

忘年会に引き続き、新年会に忙しい今週でしょうかね?(笑)
アメリカでも、このシーズンは何かとパーティは多い。

日本と違う点といえば、殆どのパーティが夫人同伴なこと。
旦那がサラリーマンだった頃は、これで随分困った(==;

まずドレス。
大手企業に勤めていた都合上、会社だけでなくプレス関係のパーティもいくつか。
セレブはいるし、報道関係多いしw

・・となると、ドレスは必然的にカクテルドレス。
たまたま義母が洋裁をする人なので、作ってもらったり購入したり・・・。
それでも足らずに友達に借りたりするなど本当に大変だった(^^;
そして一回着たらもぉ着れない(・・?
クローゼットで眠っているカクテルドレスの行方はどうなることやら(*゚‐゚)ぼぉー・・

ドレスを選ぶ際、いつも心がけてことがあったんだけど、これはやっぱり自分は日本人かしら?・・と思った。
「上司夫人よりは地味に」
アメリカにはなさそうな気の使い方かと(^^;


そして段々自分の旦那が出世していくと、当然部下ができてくる。
これがまた難関なのだ(==;
3時間ほどのパーティはもちろん100%英語環境。上司(旦那)の妻として、部下とその伴侶と話しをしなければ、旦那のメンツがたたない。
もちろん部下(旦那)の妻として上司夫人との会話も・・・。
アメリカは、大統領夫人の活動を見ればわかるかと思いますが、妻も夫の出世に大いに関係しているといわれている国。
恐ろしくプレッシャーがかけられるのだ。。。。。(苦笑)


更に私が最も苦手とすること。
人の名前と顔が覚えられない(*゚‐゚)ぼぉー・・

パーティ会場での挨拶。初めて会う人に「Nice to meet you.」はいいが、何度も会っている人には言えないセリフ。←なんどもこのミスを犯したw
「Long time no see.」とか言われて抱きつかれても・・・・「誰だっけ?」の世界。
旦那の腕をつっついて「ねねw あの人私の知ってる人?会ったことある人?名前なんだっけぇぇぇぇ???」と毎回確認作業(´ ▽`).。o○
でも相手は必ずと言っていいほど私のことを覚えてる(苦笑)
なんで(・・?

欧米人の記憶力ってすごい(´ ▽`).。o○
posted by mika at 01:58| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

褒めと自慢

「This is my lovely daughter.」
「This is my beautiful wife.」
いともさらりと簡単にこんな紹介をする旦那(日系アメリカ人)。なにも旦那だけでなく、欧米諸国では普通なこと。
結婚当初、これが気恥ずかしくてしょうがなかった(==;
日本では、こんな紹介されたことないですからね(苦笑)
さすが在米15年目に突入する今は、なんとも思いませんが、逆に日本でよく耳にする、「うちの愚妻・・」、ひどい人になると「うちのバカ・・」などと紹介する方・・・そりゃないぜ・・・と、思うようになったヽ( ´ー`)ノ


アメリカで生活していると、褒められることが非常に多い。
普通の挨拶として褒められる言葉に、当初困ったことがあった。
どう対処するか。。。

「あらそのバック素敵♪」「今日のその洋服素敵じゃない♪」「今日の貴女綺麗よ♪」
ありとあらゆる事・物を挨拶ついでに褒めちぎられる(^^;
この言葉(英語)にどう答えればいいの?
日本だったら、「あらそんなことないわ、安物よw」とかくるんだろうが、これを英語でどぉ言う?
困った私は旦那に相談(・・

全て「Thank you.」でいいらしぃ(´ ▽`).。o○
褒められたことに素直にお礼。たったこれでだけでよかった(笑)


在米年数が重なると、これに「自慢」が加わる。・・ていうか、加えていいことに気づく( ̄ー ̄)ニヤリッ
(子供の)学校自慢、子供の成績の良さ、たとえ安物だろうが、どこでどれだけ安く手に入れたなど・・・。←これが一番おもしろいw

どれもこれも、アメリカでは普通。「人は人、自分は自分」的なところがある国だからだろうか、言われて悔しいと思うこともなければ、羨むこともない。
逆に「おっしwアタシもw」とか思っちゃう(´ ▽`).。o○

褒めてもらったらうれしいし、褒めれば喜ぶ。
気つけば、自分も同じようなことを言うようになってた。でもそれを日本で(日本語で)するのは、ちょっと可笑しいらしぃ(==;
自慢話も英語だと鼻につかないのはどうしてだろ(・・?
文化の違いなのかなぁ。。。。。
てゆか、日本語だと恥ずかしくて言えないことも、英語だと言えることもある。
英語の方が言葉に重みがないんですかね?


余談ですが、日本で旦那に「うちの女房です。」と紹介されると、とっても恥ずかしいです(==;
普段「wife」と紹介されている都合上、「女房」という言葉に非常に敏感に反応してしまいます(苦笑)
どこでそんな言葉覚えたんだぁぁぁヽ(`⌒´メ)ノ・・・とキレたことも(ぉぃ

これも慣れ・・・ですかねぇ(´ ▽`).。o○
posted by mika at 08:52| ロサンゼルス ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

お礼

賀詞交換会をする企業は少なくなったとはいえ、営業マンにとって、今週は新年の挨拶まわりで忙しかったかと(^^;
お疲れ様でした(ペコリ


日本にいると何かと「お礼」をする習慣が身につく。どんな国にいてもつく習慣だが、国が違うと表現方法が違う。

今ならお年賀の季節。
その「季節のご挨拶」がいい例だが、日ごろの感謝や頂いたものへのお礼を、「物(お金)を贈ること」で表現する日本人。良い習慣ではあるが、かなり面倒なこととも思う(ノ_-。)
アメリカで暮らしていても、日本から駐在で来られている方とお付き合いをすると、この「お礼」が・・・・。一応私も日本人のハシクレ(^^ (物を)頂けばお礼・・・するとお返しが(・・
お礼とお返しがエンドレス(*゚‐゚)ぼぉー・・ もぉ終っていいよね?といつも悩む(o_ _)oバタッ


アメリカには、「季節のご挨拶」なる風習はない。しいて言えば、サンクスギビング(11月)、クリスマス(12月)がそれにあたるが、頂いた「物」へのお礼をすることもない。(お金はありえないw)
頂いたら「Thank you.」のみで事が終る随分簡単な国なのだ(^^;

当初この簡単なやりとりに、「アメリカ人って、素っ気ない人種ねw」と思ったもんだヽ( ´ー`)ノ
でも年数を重ねると、これが楽なことに気づくし、逆にいい習慣も身についた。それは・・

Greeting Cardを送ること。

アメリカにはカード専門店がたくさんある。最近はE-mailでグリカを送る人が多いため、利用する人は少なくなっていると思うが、季節に関係なく、実に様々なカードが売られている。
よく見ると、こんな日(記念日?)あるの?っていうカードもある。
秘書の日。上司の日。・・・グリカ会社のこじつけですかね?w


そんな国に暮らして身についた習慣ですが、家には「Thank you Card」が常備されてます。
何かしていただいたら、すぐにありがとうのカードを送る。知らず知らずに身についてきた習慣だが、いいもんだと教えてくれたのは子供だったりする(^^;

学校で作ったものやお絵かき。「Thank you, Mom」の言葉も多ければ、「Card」をよく作って持って帰ってきてた。この国は、小さい時から感謝の気持ちを表現することを学ぶ国なんだな・・と。


アメリカに来て、お礼は何も物に限らないと学んだ。
でも物でも・・・いい♪

こういう文化の違いに遭遇すると、両方取り入れられる私はらっきぃ・・と、いつも思う( ̄∀ ̄*)イヒッ
だって、E-mailでやりとりする時代に、手書きのお礼カードって・・・いいと思いません?

そういう意味では、カードを送りあうアメリカ文化は好きです(^^
posted by mika at 07:32| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

叱る

オモチャ売り場で駄々をこねる子供。
オモチャ売り場で子供を叱りつける親。手を出す方もいるかとw
今の日本の現状はわかりませんが、昔はよくあった風景かとヽ( ´ー`)ノ

知らず知らずに、どこでも所構わず子供を叱り付ける親の姿が目に付くようになってた。
・・というのも、アメリカではまず見ない風景。(マレに見るがw)


アメリカに来た頃は、友達も少なくヒッキー気味だったが、さすがに子供ができると、子供を通して付き合いが広がる。
子供つながりの友達を家によんだり、よばれたり。
先輩ママさん(白人)にも出会え、アメリカでの子育て知識を色々教わりました。
そんな先輩ママさんを見てふと気づいた(・・

子供が何か悪いことをすると、別室(トイレとか人がいないところ)へ連れて行く。
最初はなんでだろ・・と、頭の中????な感じ。

「人目につかないところ」・・・で、子供を叱る(注意する)んです。
( ̄。 ̄)ホーーォ。

確かに子供とはいえ、プライドもあるだろう。
お友達がたくさんいるところで、お小言受けたくない。子供の立場考えて叱ってるのね(笑)
そんな中で子育てしてきたんで、私も同様に別室で、子供に注意する習慣がついてます。

別室に連れて行けば、親が何をしようとわからない(・・
テーマパークとかのトイレで、怒鳴り声が聞こえてくるのは内緒( ノェ)コッソリ
でもさすが訴訟大国アメリカ。人目につくところで「手」だけは絶対あげません。
人目につかなきゃいいのかw・・ってのもありますけどね(苦笑)
posted by mika at 03:00| ロサンゼルス ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

欧米人って、話すときに実によく眉が動く(´ ▽`).。o○
ゆえ、顔の表情がとっても豊か。

また、「話す時は、相手の目を見て話す」
こんなことが身についている国のせいか、じーっと見つめられて話すのは日常茶飯事ヽ( ´ー`)ノ
こと青い目には、吸い込まれそうになります(*゚‐゚)ぼぉー・・

旦那と子供は、アメリカ生まれなため、実に顔の表情が豊か。
こんな時、そういう眉の動かし方するのね・・とマネてみようと思うが、そうそできるもんじゃないw
でもやっぱり自然と身についているのかと・・・。

帰国するとよく言われる。

「そんな見ないでw」

ヽ( ´ー`)ノフッ
そぉいわれても・・・・・(滝汗
自分では見ている自覚はない。でも、通常の(?)日本人より見ているらしぃ。
話している表情も違うそうな。←全く自覚なしw
ゆえ、外人に間違えられることしばし(*゚‐゚)ぼぉー・・ (それだけが理由じゃないってツッコミは却下w@友人諸君♪)

確かに「目」を見て話すことはいいことだ。しかし、一つだけやめて欲しい時がある。
それは・・・・・

運転中。

いくら目を見て話すことが大切だとはいえ、運転中はどうかと思うことしばし(・・
真横(助手席)むいて話しますからねw(ぉぃ
こっち見なくていーから前向けヽ(`⌒´メ)ノ・・・と、何度思うことがあったか(*゚‐゚)ぼぉー・・

人種なのか性格なのかは未確認(´ ▽`).。o○
でも、やめていただきたい*o_ _)oバタッ
posted by mika at 05:14| ロサンゼルス ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ドライバー

子供(たち)単独で行動することのないアメリカ。それに比べて日本の子供達(親も)は実にたくましい。


夏、子供を連れて帰国する際、実家の近所にある小学校に体験入学させてました。一応、彼女の日本語力を考えて一学年落として(^^
3年間(小学校1〜3年)連続入学させていたので、お友達が楽しみに待ってくれている程の名物(?)状態。お友達もたくさんできてました。

3年目の夏の出来事。
近所のお友達のお家に遊びに行っている娘。私と一緒に買い物へ行くより、お友達と遊んでいたいということで、そのお宅のお母さんにお願いして、買い物へでかけました。
いつも娘がお邪魔してるんで、スイカ持って、再度お宅に伺うと子供達はいない。

子供5人、電車に乗って、市民プールへ出かけたと。。。。(*゚‐゚)ぼぉー・・

国が違うと、こぉゆうことヤラレちゃうんだ・・・と、正直思った(苦笑)

その後、家に戻って しばらく考えた。
子供達だけで電車に乗ることは、何も悪いことでない。あの子にとって、いい経験であり、いい思い出にもなる。そう考えようとして・・・・みた。
でも・・・30分が限界*o_ _)oバタッ
いてもたってもいられず、車で市民プールへ迎えに(^^; 子供5人ぎゅうぎゅう詰めで帰宅(*゚‐゚)ぼぉー・・←これのほうがやばいw


私自身高校生になるまで単独行動をしない育てられ方をしたせいもあるだろうが、子供達だけで行動することに非常に怖さを感じる。
(日本で)近所の公園に行くだけでも、ついて行ってた頃があった。
心配する私を友達は横目に「だ〜いじょうぶだからヽ( ´ー`)ノフッ 気にしすぎだってw」と言われたことも。
プチ・カルチャーショックヽ( ´ー`)ノ

しかし、帰国も回数を重ねるとさすがに慣れる。近所で遊ばせるのにも慣れた。
でもお願いだから公共の乗り物に乗ってどこかに行かないでくれと実は娘にお願いしてた。
貴女と(日本の)お友達とは違うから・・・と。行きたいところがあれば、私がが連れて行くから、やめてくれと。ただ自分が怖いと思うことが嫌で、こんなお願いしてました(==;


車社会のロサンゼルスで生活していると、親は常に子供のドライバーとなり、学校・友達の家・モール・・・ありとあらゆるところへ同行する。
早く高校生になって(免許取得)自分で行動してくれよと思うこともある。

親が思う以上に実は子供っていうのはたくましく育っているもの。現に今日もモールへ送って行ったものの、同伴はせず子供達6人ほどでモールで遊んでいる。
子供より私の方が成長してないのね(滝汗)

子供達だけで学校へ通う日本。定期通学している子供達を見かけると、この子たちの親御さんは凄いと思う。日本で子育てしていたら、同じだっただろうが、全く経験のない私にはもはや受け入れ不可能ヽ( ´ー`)ノ


日本は平和ボケしていると言われているが、ここ数年は怖い事件も多い。ランドセルにつけられている防犯グッズ(?)を見ると、日本も安全ではなくなってきていることがわかる。
それでも相変わらず子供達だけで登下校している。(対策はいろいろしてるみたいだけど。)
環境の違いはもちろんあるだろうが、社会への信頼度(信用?)が高いんだろうか?
逆に言えば、私は甘やかしすぎなのかしら?

もう少し子供を・・・社会を信用しないと、ずっとドライバーしそうだ(´ ▽`).。o○
posted by mika at 08:23| ロサンゼルス ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

衛生観念

アメリカに来て持ち歩かなくなったもの・・・・・
現金・・……(-。-) ボソッ(ぉぃ
危ないからマネしないようにw(滝汗


アメリカに来て持ち歩かなくなったもの・・・・ハンカチ(^^
ハンカチの利用度が一番高いとされる「トイレ」
ドアもないような公衆トイレにも、ペーパータオルもしくは温風乾燥機(?)だけはあるアメリカ。
さすが、持たないということに徹底してらっしゃるw

日本なら夏場汗拭き用に、タオル地のハンカチを使う方もいらっしゃるかと。女性は食事の際に膝の上へハンカチを。
ロサンゼルスはいくら暑くても湿度がさほど高くないため、運動でもしない限り汗はあまりかかない・・・だから、汗拭き用タオルハンカチは不要。
食事の際に膝に置くのも、ペーパーナプキン。色気も素っ気もないが、「ハンカチ」なるものが売ってないからしょうがない(==;

以前、母を買い物に連れて行ってわかったんだが、地元のデパート等でハンカチ買えませんでした。やっと見つけたのは免税店(・・ さすが(´ ▽`).。o○

こっちの人の考えでは、ハンカチは不衛生。まぁよく考えてみたら、一日何枚も持ち歩くわけでないハンカチ。当然何度も何度も使う。その辺が衛生的ではないと思うそうです。


その衛生的でないと思われるものが、「便座カバー」
アメリカでは売ってません(・・
日本で暮らしていた癖で、トイレのマット・便座カバー・便座のフタ(?)のカバーの3点セットは普通だと思ってたんですよ。ところが、こっちでは見つからない。
・・・で、旦那に聞いてみたところ、これもハンカチ同様、何度も違う人が座るので衛生的ではないということらし。


どこの国とはいいませんが、トイレで手を洗う習慣がない国もw(ぇ?
この国にもハンカチは存在しないんだろうなぁ(*゚‐゚)ぼぉー・・
国名は内緒w( ̄∀ ̄*)イヒッ
posted by mika at 04:44| ロサンゼルス ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

冷蔵庫

自分の家の冷蔵庫・・・生活ミエミエになるんで開けられたくないと思っている方は多いかと。。。
親子なら勝手に開けるだろうが、親しいお友達だったら、一言声をかけて開けるのが、日本では普通かと♪
いや、親しくても開けないのかな(・・?


ハワイで過した学生時代、LAへ嫁に来た時、、、この「冷蔵庫」で大変驚いたことがある。
親しい友達が家に遊びに来て、イキナリ冷蔵庫開けて、飲み物とか取り出すじゃぁありませんか。。。

( ̄Д ̄) ゑー  うっそw アリエナイ(*゚‐゚)ぼぉー・・

他所様の家の冷蔵庫を開けるなと躾けられたわけじゃないけど、開けないことが暗黙の了解?みたいな(^^;
人に対しての「失礼」の度合いが、この国は違うのかなぁ・・・と思いました。


アメリカでは、この「冷蔵庫を開ける」という行動が、「親しさ度」をあらわすモノなんだそうです(笑)
冷蔵庫を開ける=私はあなた(たち)のことを、特別親しい間柄だと思ってるんですよ。
こんな意味があるそうな(^^

うれしいやらなんやら(´▽`).。o○
こうやって、「勝手知ったる他人の家」状態になっていくのよねぇ(*゚‐゚)ぼぉー・・
留学経験者(寮)は身に覚えがあるかとw

それでも秩序というものはちゃんとありまして、飲み物はまだしも、食べ物に関しては「食べていい?」と一言。
「NO! That's mine!」と、言える気楽さが好きかな(*'-'*)エヘヘ

まぁ世の中の外人全員がこうとは限らないとは思いますけどねヽ( ´ー`)ノ
うっかりこれを日本でやってバタンwと冷蔵庫のドア閉められたことがある外人(?)は・・・私です(爆
柱| ̄m ̄) ウププッ

日本は「親しき仲にも礼儀あり」な国ですよねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 01:49| ロサンゼルス ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。