2005年12月28日

デザートの定義

食後にデザートは、欧米諸国ではアタリマエヽ( ´ー`)ノ
この「デザート」
我が家では、私(日本人)と旦那・子供(日系アメリカ人)では、だいぶ理解が違う(・・


そもそも日本人には、食後にデザートを食べる習慣などない。日本料理のデザートといえば水菓子(果物)。せいぜい食後に果物が、一般家庭の「デザート」かと(^^
しかぁ〜し、この果物。我が家ではデザートの類に入りません(*゚‐゚)ぼぉー・・
注:ちなみに我が家だけではありません@他数家庭(アメリカ人)調査済み

食後、果物を出すと食べるんですが、その後「デザートは?(゚▽゚*)ニパッ♪」と聞いてくる*o_ _)oバタッ
よぉするにスイーツじゃないとダメなのね(^^;・・・と、クッキーでも出すと、これはデザートではないと言う。



クッキーは、「スナック」だそうです(*゚‐゚)ぼぉー・・

んぢゃ、なんだったらいいんだぁぁぁぁヽ(`⌒´メ)ノ・・・と半ばブチギレ状態で聞くと、アイスクリーム、ケーキ、パイなどなど。。。
それ・・毎日食べるのか(・・?

( ̄Д ̄) ゑー アリエナイ〓■●ポテッ
だからアメリカは肥満大国になるんだヽ(`⌒´メ)ノ
・・と健康ヲタな私は、「クッキー」もデザートの域に入れ、週の大半のデザートは果物を(´ ▽`).。o○

果物も立派なデザートです(キッパ
posted by mika at 11:35| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

眠れない時・・・

夜ベットに入ってもなかなか寝付けない(ノ_-。)・・・・って私じゃありません( ̄∀ ̄*)イヒッ
ベットに入って3秒で寝られます(u_u*) うふ
眠れない時、適度な運動をするとよいとか、羊を数えると寝られるとか、言いますよね?
なんで羊なんだ(・・?

眠れない時に羊を数えることを、英語で「Count Sheep」と言います。 (まんまじゃんw)
英語で、羊はsheep、そして寝るはsleep。単なる語呂合わせで生まれただけなんだそうな。
日本語の寝るでは・・・・語呂合わせでもなんでもない*o_ _)oバタッ
てゆか、羊の数を数えることで、単調なリズムを作り、眠りに導くだけなので、羊じゃなくてもいいのだ(・・
「日本」らしく、米粒とかお箸を数えてみるのもいいのかも(´ ▽`).。o○


その「羊」
日本語なら、羊が一匹 羊が二匹 羊が三匹・・・。
英語だと、1sheep 2sheep 3sheep・・・。
(・・。)ん?
数がどれだけ増えようと、本来ならつくはずの「-s」がつかない。単数でも複数でも同じ。
( ̄。 ̄)ホーーォ。←気づいてなかったらしぃw(自爆
会話では確かに「-s」などつけづに話しているんだが、いざこうやって書いてみると・・・あれ?そぉだっけ??と。
調べてみると、野生で群生し、漁猟の対象となる魚・動物の名称は、単複同形が多いと。
もともと羊は群れをなしている動物。こういう群れをなす生き物(?)sheepやdeer(鹿)がこれにあたる。
魚も群れをなしているもの、salmon(鮭)、trout(鱒)、mackerel(鯖)、carp(鯉)なんかも同じ。
目からウロコが落ちました(^^;


さて、お話本題に戻し・・・アメリカ流 眠れない時はどぉする(・・?

ターキー(七面鳥)を少量食べる・・・のもよい(^^;
ターキーには、自然の睡眠薬といわれる「トリプトファン」が含まれています。
トリプトファンは、牛乳から発見された必須アミノ酸の一つで、体内で合成することのできないもの。
Thanksgivingにターキーを食べますが、食べると眠くなる眠くなる(´ ▽`).。o○
とってもヤバイ食べ物です(・・
でも、このトリプトファンが不足すると、精神が不安定になったり、催眠障害を起こすことがあるそうなんです。

寝る前にターキーを食べようとは思いませんが、牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べることで同じ効果が得られるそうです。
牛乳は眠りに誘う効果がある飲み物とされています。

ベッドに入る前に、温かいミルク。お試しあれ♪
posted by mika at 13:00| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

巨大w

さすがアメリカ(・・
何もかもが巨大です(*゚‐゚)ぼぉー・・

ファストフードのドリンク。一番大きいサイズを頼めば・・・バケツ大w
とても片手では持てません(*゚‐゚)ぼぉー・・

大家族ファミリーがよく利用する会員制スーパーCOSTCO
食料品から電化製品までありとあらゆる物が買えるそうです。
こぞって大家族の皆さんが利用する理由は、食料品・生活雑貨に関して、全てが特大w
トイレットペーパーは大量パッケージ、ジャム・ケチャップ・マヨネーズ等は1リットルサイズ?・・みたいなヽ( ´ー`)ノ
小家族な我が家には、とんと縁がないスーパーです。


巨大がフツーに目につく所といえば、野菜売り場。何もかもが異常にでかい(´ ▽`).。o○

supermkt3.jpg

日本の野菜と比べると・・・
タマネギは2倍、キュウリは3倍、ピーマンは4〜5倍、ナスは6倍??ぐらいですかね(^^;
逆に人参は細長い。トマトは種類にもよりますが、日本より比較的小さい。
ちなみに形違いの巨大といえば、スイカ。アメリカのスイカは「楕円形」。最初見た時何かと思いました(*゚‐゚)ぼぉー・・

大きさも違えば、実は味も違う。
セロリも日本のものほど臭いが強くないように思うし、人参に関しては、日本のものより甘みがあるため、生でポリポリ食べるには最適♪
(日本の)子供達の嫌われモノ代表のピーマン。アメリカのピーマン(bell pepper)には、あの「苦味」がない。水分が多く、悪く言えば大味?(ぉ なので、生で食べてもさほど嫌われることはない。

しかし、これほど大きさが違うと料理に困ることしばし(・・;
アメリカ野菜を使って、日本の料理本にそって、「ピーマンの肉詰め」・・・作って見て下さい(・・
巨大ピーマンの肉詰めできます(´ ▽`).。o○
てゆか、詰めるお肉が足らなくなるはずです・・……(-。-) ボソッ

ピーマン料理の代表といえば、「チンジャオロースー」。ピーマン1個あれば、一人分が充分できます。
これを日本の料理本にそって作ると・・・・大量生産(*゚‐゚)ぼぉー・・

お料理なさってる方なら、途中で気づくとは思いますけどね。気づかなかった人もいた・・・かと(汗

私では・・・・ない・・・です。 ぇぇ。 チガイマス。
posted by mika at 05:11| ロサンゼルス ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

目的は・・・ナニ(・・?

世の中には一体何のため?と思われる「不思議なもの」を考える人がいらっしゃる(´ ▽`).。o○

Broccoflower.jpg

カリフラワーとブロッコリーをかけ合せて作られた、その名も「ブロッコフラワー(broccoflower)」
ヽ( ´ー`)ノ
食感はカリフラワー、味はブロッコリーですが、両方よりも甘めなのが特徴・・かな?

日本ではカリフラワーもブロッコリーも「生」で食べることはあまりないかと思いますが、アメリカでは、そのまま食べることが多い。その際ブロッコフラワーの方が、若干甘みが多いため、食べやすい。
かけ合せたとはいえ、実はりっぱなカリフラワー。原産国はオランダ。ビタミンCが豊富に含まれているそうです。
いつからスーパーに出回ったのか、記憶が定かではありませんが、今ではフツーに売られています
日本では・・・まず見かけないかと?(^^;

これは、リンゴとブドウをかけ合せて作られた「グレープル(grapple)」

Grapple.jpg

グレープルと発音するそうですが、私の記憶が正しければ、グラップルと発音しないと通じないと思われます@US(´ ▽`).。o○

だいぶスーパーで見かけるようになりましたが、まだまだ値段は高い(^^;
見た目リンゴだが、食べるとブドウ。なんとも脳みそがおかしくなります(==;


様々な人種が集まる国で暮らしていると、まるで調理方法がわからない食材によく出会います。
少しずつ紹介しますね(^^
posted by mika at 04:32| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

Green Tea

日本人であれば、誰もが飲む緑茶(green tea)
ここアメリカ、以前なら寿司屋か日本食レストランにでも行かなければ飲めない飲み物でした。しかし、ここ数年のアジアブーム、健康ブームの波にのって、緑茶が大流行(^^


緑茶は、もともと中国から日本に渡ったものですが、アメリカ人が持つ緑茶のイメージは、やはり「日本」がダントツ。また数年前から、アメリカにも健康ブームの風が吹き、需要はうなぎのぼりヽ( ´ー`)ノ

日本で普通に見られる、ペットボトルや缶のお茶。アメリカには・・・ない*o_ _)oバタッ
あの「お〜いお茶」とかが、アメリカ系スーパーで並んでたらおもしろいだろなぁ(´ ▽`).。o○
とはいえ、最近このブームの波にのって、お茶ボトルが発売され始めました。

紅茶で有名なリプトン。Lipton Green Teas
ティーパック、粉末、ペットボトルで発売

Arizona
何年か前に、Ginseng Teaでお茶ブームを巻き起こし、ボトルがとってもユニークなことから、若年層に大人気♪

そして私の大好きなスタバにもお茶ブーム到来(^^
TAZO Teaシリーズ。そして日本ではすでに発売済みだった「抹茶フラペ」
帰国するたびに、絶対アメリカウケする・・と決め付けてました( ̄ー ̄)ニヤリッ
・・・ってなことで、案の定大人気です。


しかし、どのサイトを見てもお気づきかと思いますが、一口に「緑茶」いえども、緑茶としてそのまま飲むことをあまりしておらず、ほとんどの商品が「フレーバーつき緑茶」
この辺が、どうも緑茶と紅茶を混ぜているように思うのは気のせいでしょうかねぇ(´ ▽`).。o○
posted by mika at 09:10| ロサンゼルス ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ポテチ

スナックの王道(?)ポテチ。
たくさんありすぎて書いてたらキリがないので、代表社Lay's
小さい袋から巨大パーティ用袋。フレーバーもオリジナルに加え、アメリカらしいフレーバーがラインナップ。
世界的に進出しているらしく、今日中国人の友人からこんなポテチをゲット(^^

DSCN0059.JPG

きゅうりフレーバーと北京ダックフレーバー(´ ▽`).。o○
きゅうりはともかく、北京ダックは中国らしいフレーバー(^^;
他にも、イタリアやフランス独特のフレーバー等のポテチがあるそうですヽ( ´ー`)ノ

色々なフレバーがあるといえば、日本のポテチも負けてない。
代表社カルビー
子供の頃から食べてた記憶があるが、ラインナップが随分と変わってる。

期間限定・地域限定ものは、帰国する楽しみを増やしてくれてます♪
posted by mika at 17:11| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

Miso Soup

今やどこにいても世界各国の料理が楽しめる。しかし、どこをどう間違ったのか、変化したり、自国文化を混ぜてみたり(*゚‐゚)ぼぉー・・
こと自分の国・・・日本食レストランへ行くといつも感じる違和感。。。


日本で・・・レストランで天ぷら定食を注文したとする。恐らくほとんど、ご飯・天ぷら・お味噌汁の3点セットが同時に運ばれてくるかと。。。
家庭においても、すべてが食卓に並べられて、「いただきまぁ〜す♪」・・と同じはず。
ところぉ〜がだ、海を越えると何かが違う(*゚‐゚)ぼぉー・・

アメリカにおける日本食レストランでは、食事の最初に お味噌汁が運ばれてきます(*゚‐゚)ぼぉー・・
これ飲み終わらないと、次 運んでもらえない感じなんだよね(^^;
そしてその後、ご飯と天ぷらが登場。。。

だいぶ慣れましたが、何度体験しても、ん〜(==;・・・です。

この運ばれ方、どこをどう考えても洋食風味ヽ( ´ー`)ノ
洋食は、ご存知のとおり(前菜)・スープ(またはサラダ)・メインディッシュ・デザートの順に運ばれてきます・・よね?
よってここでは、和食ですが、この順番に お料理が運ばれてくるんです。
つまり、Miso Soupと呼ばれる味噌汁は、スープの部類に入るため、食事の一番最初に運ばれてくるヽ( ´ー`)ノ


自分の国の料理だからこそ、こだわる自分がいるんだとは思いますが、他の国の料理でも、あれ?・・・って体験は無きにしも非ずヽ( ´ー`)ノ
面白いけど、外国のお料理は、その国の味・作法(食べ方)・雰囲気(?)
すべてにおいて、その国と同じように食べたいなぁ(´ ▽`).。o○
posted by mika at 01:10| ロサンゼルス ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

居酒屋ってファミレス?

「居酒屋」と名のつくチェーン店は、日本中ドコにでもある。ちなみにLAにもあります(^^

値段も手ごろで気軽に行かれるから、会社帰りに、ついつい行ってしまわれる方も多いかと(´▽`).。o○
私も学生時代は、よく行きました。私の中の「居酒屋」のイメージ(記憶?)は、この時代で止まってます。・・・って、20年前?*o_ _)oバタッ
よって、以前帰国した際、驚いたことがあった・・・。


友人たちと集まろうということになったんですが、指定された場所は「居酒屋」。
ちなみに、私はこの時子連れで、子供がそんなトコへ行っていいものだろうかと考えた。しかし、もう一人友人が子連れで、大丈夫よ・・ということもあり、子供も連れてでかけました。

子供たちは仲良く遊び、大人の私たちは思う存分酒を呑みながら会話が弾んだ。こんなトコに子供がいていいんだろうかとふと周りを見渡すと・・・子連れで呑んでいる人がいるいる(´▽`).。o○

一方アメリカ。居酒屋と同じ類になる飲み屋は「バー(bar)」かと思いますが、未成年者は入場不可能。いくら親が同伴しているとはいえ、入れてはくれません。


居酒屋は、お酒を呑むところがゆえ、大人たちが集まる所だと理解していました。考えたらレストランだって、お酒は呑める。。。
でも、私の中で「居酒屋」は別物だったがゆえ、当時は結構カルチャーショックでした。

あれから数年。(別の)友人とのふとした会話の中で思い出しましたが、居酒屋に子供を連れて行くことは、やっぱり私の中で納得されることはなく、時代が変わり、今や日本で居酒屋は「ファミレス」と同じ類なんだなと「理解のみ」していますヽ( ´ー`)ノ
posted by mika at 00:54| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

味覚

味覚(みかく)とは、人間の五感の一つで、口にする物の化学的特性に応じで認識される感覚である。
この生理学的な味覚が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての"味"は、風味(flavor)と呼ばれることが多い。
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つを基本味という。
(ウィキペディアより)



そもそも味覚は、甘味、酸味、塩味、苦味の4基本味とされていました。しかし4基本味では、上手く説明できない5つ目の味覚「うま味」が、1908年に日本で発見されました。

うま味の主な物質は「グルタミン酸」
あの「味の素」は、昆布や鰹から抽出された"グルタミン酸"や"イノシン酸"から作られてます。

そもそもうま味は、アジア圏の料理のみに存在し、西洋料理には存在しない味覚でした。「出汁」や「鶏がらや豚骨スープ」は、こと日本料理や中華料理にはとても重要。フランス料理のフォン・ド・ヴォーも「出汁」のひとつとして存在していますが、若干意味合いが違ったそうです。
確かに欧米の料理には、「出汁」をとる習慣などない。よって、説明するのが難しい(*゚‐゚)ぼぉー・・

そんなことから、欧米諸国で「うま味」が認められたのは、ごく最近。当然これに当てはまる言葉はなく「delicious taste」という英語を当てはめていたそうですw ぜんぜん違うと思うんですけど(*゚‐゚)ぼぉー・・
現在は「UMAMI」とされる新国際日本語(?)が適用されてます。


日本料理は、そんな"うま味"成分がたっぷり(´ ▽`).。o○
味覚の違う欧米人、そして薄っぺらい表現しかできない英語では、奥深い味わいの日本料理を、表現しきることはできないってことよねヽ( ´ー`)ノ
posted by mika at 09:10| ロサンゼルス ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

牛乳

知りたい:牛乳復活へ知恵しぼり お茶代わり、ペットボトル化も

「生産過剰となった集荷済みの生乳1000トンが捨てられ、酪農家は減産傾向を強めている。」

何も捨てなくたっていいのに。。。。
銭湯に寄付して牛乳風呂サービス(←お肌ツルピカになるそうですw)とか、1パックの料金を安くして大量販売するとか、なんとかできなかったんですかねぇ(・・?
友人の話によると、オーストラリアでは、牛乳が減り、チーズの値段が上がったらしいですよ(・・;
牛乳や牛の輸出って・・・できないんだろか(*゚‐゚)ぼぉー・・
(無知が考えることですかね?)


牛乳大国(?)アメリカでは、牛乳・チーズの摂取量は日本よりもはるかに多いヽ( ´ー`)ノ だから肥満も多いんだが(*゚‐゚)ぼぉー・・
昨日の話ではないですが、食卓にソーダがのぼるのと同じぐらい、牛乳もありです。日本食に牛乳は合わないかと思いますが、我が家の娘は飲んでますね。。。(味覚おかしい?)


一般知識か定かではありませんが、実は牛乳って特別健康的な飲み物ではない。
よく考えてみたらわかるんですが、そもそも牛乳は仔牛の飲み物であって、人間の飲み物ではない。
だから仔牛はあんなにすぐ大きくなるわけで、それを同じように人間が飲んだら・・・・大変です(*゚‐゚)ぼぉー・・


牛乳はカルシウムを多く含んでいるので健康によいとされています。
しかしこれは、ちょっと間違った考え。牛乳消費大国のアメリカの圧力によって、健康的イメージが植えつけられているだけと、いえるかも(^^;
実は、カルシウムを含んでいることが欠点でもある飲み物だったりします。

この原因が牛乳に含まれる「リン」
体内カルシウムの99%は骨にあり、体内にリンが増えると骨のカルシウムが溶けだし、リン酸カルシウムとなって体内に排出されます。
つまり、牛乳を飲みすぎると、余分なカルシウムと一緒に、必要なカルシウムや他の栄養素も排出してしまうことになります。データとして、飲む前よりもカルシウムが減っていることがあるそうです。

よって飲めばいいってもんではないヽ( ´ー`)ノ
子供に飲ませてはいますが、やはり過剰摂取はタブー。
骨粗鬆症の予防に「牛乳を飲もう(^◇^)/」・・と、言われないのは、こういうことから(^^;
(日本人のカルシウム摂取量は300-400mgで十分だそうです。)


所詮日本人は、牛乳を飲む文化圏ではないことから、欧米人とは体内部のつくりが違う。(牛乳飲めない人もいるよね@おなかごろごろ)
カルシウムは牛乳よりも、野菜や海草に多く含まれています。
お野菜たくさん食べましょう(´ ▽`).。o○
posted by mika at 03:45| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

Grits (グリッツ)

grits.jpg

初めてアメリカの南部地方へ行ってきました。
フロリダへは何度も行ったことがあったんですが、アメリカ人いわく、あそこは南部ではないらしいヽ( ´ー`)ノ 事実、南部訛りの英語を耳にすることはほとんどなく、カリフォルニアと大してかわりません。

今回訪れたのは、サウスカロライナのグリーンビルという小さな町。
久しぶりにたくさんの緑を見たような気がしました(´ ▽`).。o○

そのサウスカロライナ(南部)の代表的朝食の「グリッツ」
トウモロコシの粗びきに水を加え、粥状になるまでグツグツと煮込んだ料理です。言ってみれば、トウモロコシのお粥で、食感は「アワ」に似ています。

西海岸ではほとんど目にすることがなく、私も今回初めていただいてみましたが、味付けはとってもシンプル。
バターや塩・こしょうでいただいたり、付け合せのスクランブル・エッグやベーコンと一緒に食べたり、チーズをのせてオーブンで焼いてみたりと様々。
そして焼きたてのビスケットにたっぷりのグレービー(´ ▽`).。o○

毎日こんな朝食食べてたら、南部の大きな体になりそうだ(==;

posted by mika at 08:26| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

bottled water

日本のコンビに、ずらりと並ぶお茶。
いつもそのお茶たちを目の前に、ぼーっとしながら、どれにしようか悩みます(苦笑)

アメリカも、緑茶ブームの波にのって、各社から続々と「Green Tea」なるものが発売されています。

・・・とはいえ、コンビニで、お茶がずらりと並んでいるわけではなく、やはりソーダが場所を占めています。次に多いのがお水なんですが、お水よりソーダの方が値段が安いため、場所を独占されるのは、仕方ないことなんですかねヽ( ´ー`)ノ

そのお水。今 フレーバーつきのお水が大流行(´ ▽`).。o○
これは、私の一番のお気に入り♪

200613014640.flvrsplshgrp

アクアフィーナ 「aquafina
グレープの他に、シトラス・ワイルドベリー・ラズベリーの4フレイバーがラインナップ。
ソーダのように、後味に甘みが残ることがないので、さっぱりと飲めるお水です。

そしてこれは、「フィットネス・ウォーター」として、ジムに通う人達に人気なお水♪

Berry_Propel_6_Pack.jpg

プロペル「propel
ゲータレードみたいなもんですかね? 10種類もフレーバーがあるため、これまたいつも迷います(−−;
その内、3種には強い骨をつくるためのカルシウムが配合されているのは、うれしいですね♪

他にも、クリスタルガイザー「crystal geyser sparkling water」やカリストーガ「calistoga」は、スパークリングウォーター。
レモンやライムフレーバーの炭酸水は、暑い夏にはさっぱりと飲めます。

暑い夏、あなたはお茶派?それともお水派? (^^
posted by mika at 00:05| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

健康アイス

今日本で、健康アイスがブームなんだそうですね♪
「黒酢ソルベ」に「コーラーゲンアイス」「鉄分バニラ」
どれをとっても、女性にはなんだかうれしいアイス(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

太ることが気になるため、近年アイスクリームの消費量は減少しているそうです。そこで様々な会社が、「健康的アイス」に力を注ぎ始め、今やアイスは、スイーツではなく、「健康のために食べるもの」として、変化しつつあるようです。
甘みを抑え、さっぱりといただけるように工夫され、日常生活で不足しがちな栄養素(?)をアイスで補う。
思わず顔がニンマリしてしまう、戦略ですよね(^^;

アメリカでも、アレルギーの子供が増えたため、乳製品が飲めない、食べられない子が多い。そこで登場した、豆乳を使ったアイスクリーム。
豆乳アイスは、今やすっかり定番になりましたが、発売当初は、大豆の匂いが気になりましたね。。。。
今は、豆乳だとわからないくらいの品質改良がされており、普通のアイスとなんら変わりはないため、我が家でも購入しております。


そんな中、ひときわ興味をそそるアイスがこれ。
ナムコナンジャタウンにあるアイスクリームシティのお土産売り場でひっそり(?)と売られている「スマートマンナン

image31.jpg

こんにゃくを使ったアイスで、やはり食感はぷりんとしているらしい。低カロリーはもちろんだが、カルシウムや食物繊維が豊富で、まさに健康アイス。そして小さいお子様をお持ちの方に朗報!
溶けても垂れない(´▽`).。o○ うれしいですよね?(^^


食べなくてもいい存在なスイーツ。でも食べたいと思うのがスイーツ好き♪
これなら堂々と、思いっきり、食べられますねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 00:10| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

映画館でスナック♪

映画を観ながら、何か食べますか?

初めてアメリカに来て映画館に行った時、一瞬「ココドコ?」と思いました。
・・・というのも映画館なハズなのに、あたり一面バターの香り(´ ▽`).。o○
匂いの元はポップコーンヽ( ´ー`)ノ
ポップコーン屋さんかと思いました。。。

日本で、あまり目にしなかったような気がしますが、最近はポップコーンを食べる方多いようですね♪ それもバターが定番なアメリカと違ってキャラメルポップコーンが人気だとかw
止まらなくなる罠にハマるんですよねぇ。。。


バケツ大の容器に、てんこ盛りにされたポップコーンを食べながら観るのが定番なアメリカですが、他にも子供たち(大人も?)の大好きなスナックがある。俗に言う「駄菓子」みたいなもんですかね? 昔から売っているため、親となった大人でも、好きな方は多いかと(´▽`).。o○

dots_small.jpg

DOTS
日本のお菓子「グミ」みたいなもんかな?何気に好きです♪

milk_duds.JPG

Milk Duds
読んで字のごとく、チョコレートでコーティングされたキャラメル。旦那と娘のイチオシ♪ 日本でいうなら、「チョコボール」?
jr._mint.jpg
Junior Mints
ミントとチョコレートの組み合わせは、アメリカの定番なんですかね?他にもいろいろあります。限定で、チョコレートをミントでコーティングなんてのも発売されました。


…とまぁ、数え上げたらキリがないんですが、映画館で売られているスナックは、どれもこれも「箱」入り。スーパーで売られている同じ製品は袋入り。(箱入りも売っている。)、
袋に入ってると、かさかさ音がするので、「箱」なんですね。

こういうトコには、こだわるのね。。。。ヽ( ´ー`)ノ
posted by mika at 01:15| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

Turkish Delight

映画「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」の中で、男の子が美味しそうに食べてたスイーツ♪
実際に存在する食べ物だったんですね(*゚‐゚)ぼぉー・・

turkishdelight.jpg

見つけたんで、買って食べてみました(^^

トルコの伝統スイーツで、イギリス人に「トルコ人の喜び(Turkish Delight)」と名づけられ、ヨーロッパに広がったそうです。
ゼリーのような食感で、甘さは控えめ。ナッツ(ピスタチオやアーモンド、ヘーゼルナッツなど)入りもあります。
材料は、とってもシンプルなんですけど、作るのは難しいそうです。

このお菓子、日本でいうならば「和菓子」的存在で、その昔苦いトルココーヒーと一緒にいただいたお菓子だったそうです。

ところで、原作では「プリン」と訳されていたそうですが、ちょっと違うような。。。。(^^;
posted by mika at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

レストラン 

ロサンゼルスのレストランの入り口には、外から見えるように「A/B/C」と3段階にランク付けされるプレートが掲げられいます。
これは、旨さの目安でもなんでもなく「清潔度」のランキング。

レストランを経営するにあたり、保健所の検査があるのは、どの国でもアタリマエかと思いますが、アメリカのレストランは、保健所が、年に2回衛生チェックに入ります。ロサンゼルスでは、郡の保健所が抜き打ちで、キッチン、冷蔵庫、食品の保存温度などを検査して、このランクづけをするそうです。

ロサンゼルスを一度でも訪れたことがある方ならわかるかと思いますが、「どんどん検査しちゃってください(==;」と、思うレストランは非常に多い*o_ _)oバタッ
私のように、食事をする際にビジュアル「も」重視する人(不衛生なところで食事ができない人)には、非常に便利なランク付けです。

しかし俗に言う「汚いレストランは旨いw」っていうのも事実ですねぇ(´ ▽`).。o○
私には「行くこと」は無理ですが。。。(注:テイクアウトはOK)


こんなランキングが取り立たされたのは、テレビ番組で「レストランの厨房」にまつわる緊急レポートの放送後だったような気がする。。。
客である私たちが目にすることのない厨房。ここでは、色んなことが。。。。(以下自粛
見たんですけどね(汗
それはそれは、もぉ見るに耐えられない番組でした(;´Д`)

日本では、こんなこと考えたことはまるでなく、すっかり安心しきって食事をしてます。
同じ人種という安心感からですかね?
ここに来てからは、とりあえず疑ってかかるというか、信用は殆どしてないわけで(*゚‐゚)ぼぉー・・

とはいえ、こんなことばかり考えていたら、外食できませんからね。
(自分が決める)キレイなレストランだけで(´ ▽`).。o○

こんなTV番組があったせいか、「オープンキッチン」なるレストランが非常に増えた♪
キレイであれば見せられる。
見せていただければ、こちらも安心ですからねぇ(´ ▽`).。o○

オープンキッチンのレストラン、大好きです♪
posted by mika at 00:40| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

種無し果物

アメリカ人は種無し果物がお好き♪
ありとあらゆる果物が種無しヽ( ´ー`)ノ

grapes.jpg

ぶどうに関しては、色んな種類(色)がありますが、そのほとんどが種無し。おまけに皮ごと食べちゃいます(^^
「丸ごとがぶりw」って、アメリカ人好きなんですかね?
りんご・もも・アプリコット・プラムなどなど、皮をむかずにそのまま食べます。

当然、皮をむいて食べる果物も種無し♪

watermelon.jpg navel.jpg

画像はネーブルですが、オレンジも種無し。絞る時、種が邪魔にならずに便利。
スイカは種無しが主流で、種のあるスイカを見たことがない。でも、スイカは種があった方が、雰囲気が(´▽`).。o○
アメリカの子供たちに、スイカの絵を描かせたら、種無いんですかね(・・?
ちなみに、我が家の裏庭にある「柿」も、なぜか種無しです。

早い話が、アメリカ人って、面倒くさがりなだけかと(´▽`).。o○


先日、こんなものまで種なし?と思う果物に遭遇しました。

papaya.gif

パパイヤ。切り開いてしばし呆然(*゚‐゚)ぼぉー・・
・・・というのも、パパイヤの種を使ったサラダを作ろうと思って、パパイヤを買ってきてたんですが、種無し。。(種無しパパイヤとは書いてなかった)
突然変異かしら(・・?

それにしても「種無し」って、作る段階で手を加えないといけない(ホルモン処理)らしいんですが、面倒くさがりやさんのニーズに、農家が応えて作ったものなんですかねぇ(´▽`).。o○
posted by mika at 01:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

朝食も夕食?

enProductImage_31.gif enProductImage_247.gif enProductImage_294.gif

アメリカの朝食は、朝からヘビー(==;
3番目の画像は、朝からT-Bone Steakですからね。これを朝っぱらから・・・すごいです。。。。

Pancake(パンケーキ)は、日本で言うところの「ホットケーキ」に値するもんかと思いますが、これって「おやつ」なんですよね(^^;
だいぶ前の話ですが、アメリカ人の友人が、朝パンケーキを食べられるレストランが日本にないと、うなっていたことがありますヽ( ´ー`)ノ

私的にも、朝から甘〜いシロップのかかったパンケーキを食す習慣がないせいか、あまり好んで食べる方ではありません。
でも夕食として注文して、デザートにパンケーキを食べるのは、実はなかなかいい♪


日本にもある「デニーズ」や、「IHOP (International House of Pancakes)」では、24時間朝食が食べられます。
朝夕関係なく、朝食を好むアメリカ人は多く、結構食べてる人いるんですよ。

日本でも食の欧米化がすすみ、(朝食に)フレンチトーストやオムレツが食べられるレストランが増えたと思いますが、そのうち24時間食べられるようになるんですかねぇ(´▽`).。o○

日本風な朝食。
夕食として食べたいと思う日本人がどれだけいるんだろ(・・?
posted by mika at 01:13| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

メロン

夏が旬の果物といえば「メロン」
↓そして「メロン」といえばコレでしょ!

melon.jpg

お見舞いの定番? 柱| ̄m ̄) ウププッ
都心では、夕張メロンに匹敵するほど、スゴイ高いものなんだそうですね?
産地で生まれ育っているため、このメロンが高価なものであるということを、随分長い間知りませんでしたヽ( ´ー`)ノ

その高価なメロンを一般大衆の食卓にも・・・と、昭和37年に、ヨーロッパ種のメロンとマクワウリの一代雑種として作られたのが、プリンスメロンだったんですね。皇太子ご成婚にちなんで、プリンスメロンと名づけられ、大ヒット♪
自分にとって、高価でなかったため、知りませんでした。。。。

それにしても、今は たくさんの種類が売られているもんで、スーパーでいつも迷います(−−;
アムスメロン、アンデスメロン、キンショウメロン、パパイヤメロン・・・。

一番名前が面白かったのは、ホームランメロン(´ ▽`).。o○
一発狙ったんですかね?(^^:


ロサンゼルスは果物の宝庫♪ 当然メロンの種類もたくさん(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
1ポンド30セントとかで、山盛り売られちゃってます(笑)
↓LAの定番メロン4種

honeydew.jpg

 ハネデューメロン
 滑らかで甘みの濃い風味からこの名前がついたそうです。




cantalope.jpg

 カンタロープ
 軽い甘さが特徴で、生ハムと一緒に、オードブルなどにも使われます。


casabamelon.jpg

 カサバ・メロン
 ミタメ同様、とっても淡白ヽ( ´ー`)ノ





crenshaw.jpg

 クレンショウ・メロン




やはりメロンは、網目の方が風味豊か。カンタロープ(網目)以外は、メロンの香りがあまりしない。
しかし、外皮が厚く保存は効くという利点があるがゆえ、少しくらい忘れていても大丈夫w
これぞまさにアメリカ人向きだったのね(ぇ?

どうりで沢山出回ってるわけだヽ( ´ー`)ノ
posted by mika at 05:37| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

TVディナー

働くママの家庭、食費は低め
働くママの家庭は、専業主婦の家庭よりも1日の食費が安い──。
家庭における1日の食費(外食を除く)は、平均2620円。
子どもを持ち、フルタイムで仕事をしている“ワーキングマザー”の家庭に限ると平均2431円。
専業主婦の家庭では平均2807円で、ワーキングマザーの家庭の方が370円程度低い。


なんか意外な結果ヽ( ´ー`)ノ

忙しく働いた後の夕食作りは、面倒なこともある。出来合いのものに頼りがちになるのは、ワーキングマザーの方が多いと思った。
確かにそうなりがちになるから、色々考えることもあるんだろうなぁ。。。

野菜不足になるから、せめて夕食だけでも野菜たっぷり・・・とは思うけど、日本のお野菜高くありません???
野菜大好きなんで、帰国するとアメリカ風に買い込んで(大量購入)、すごい値段になったことあります(*゚‐゚)ぼぉー・・


アメリカの働くお母さん・お父さんの家庭。
スーパーで買い物している物に注目してみると、TVディナー(冷凍食品)の山!
電子レンジで温めるだけなんで、調理(?)時間はわずか数分ヽ( ´ー`)ノ

TVdinner.JPG

種類もかなり充実しており、スーパーの冷凍セクションの大半が、これで占められています。よく食べている友人いわく、なかなかイケるそうですけどね。

アメリカの典型的夕食(?)ということもあり、「これ」をメニューとしてサービスしているレストランもあるほど。お金出してまで、レストランで食べようとは思いませんが、アメリカ人にしてみれば、おふくろの味ってもんなんですかね?(^^;

最近は、健康を気にするアメリカ人も増えたせいか、低カロリーのTVディナーもあるんですが、冷凍食品に低カロリーもなにもあったもんじゃないかと思うけど。。。
それに独身者用なイメージがあったけど、子供がいる家庭でも結構利用している人が多いとか。

これだからアメリカ人は・・・・(以下自粛)
・・・って 言われちゃうんだよねぇ(´▽`).。o○


味覚は、手料理で育つもんかと(^^
posted by mika at 00:52| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。